ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

仲の悪い魏延と楊儀




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志ファンレター」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する英雄たちが現在の世界に実在したとしたら、

世界中からファンレターが届くことでしょう。

ジャニーズを超える数の手紙やバレンタインチョコになるのではないでしょうか。

孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)の人気は凄いでしょうねー。

陸遜(りくそん)趙雲(ちょううん)もニンマリなはずです。

そんななかで、この人はどうなんでしょうか。

蜀を支えた揚儀(ようぎ)のことです。

ファンレターは届くのでしょうか。心配です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?




もともとは曹操の配下

 

楊儀はもともと曹操の家臣です。

と言っても荊州の下っ端役人でしたから曹操楊儀のことを知らなかったかもしれないですね。

楊儀はこのまま曹操に仕えていても出世できないと考えたのか、関羽のもとに仕官しました。

一説には楊儀は関羽のことを慕っていたという話もあります。

関羽と楊儀・・・・・・一緒にいるイメージはまったくないですね。

関羽の使者として劉備のところに訪れたとき、なぜか劉備に気に入られたようです。

劉備は楊儀のどこを気に入ったのでしょうか。




諸葛亮孔明にも気に入られる

 

実は楊儀はあの諸葛亮孔明にも気に入られていたのです。

ということはやはりかなり優秀だったということですね。

実際に後方支援の準備などをしっかりこなして信頼も得ていたようです。

なんと楊儀は諸葛亮孔明直属の丞相府の筆頭になったのです。

リーダーとして丞相府を引っ張っていたということです。

どうです?ここまでの話を聞いて楊儀に興味が沸きましたか?

楊儀のファンになったーっていう方はいますかね。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

楊儀の性格

 

成績が優秀でも、仕事がよくできても、周囲や部下に嫌われる人っていますよね。

上司には気に入られても、なぜかまったく人望がない。

みたいな感じな人です。理由はやっぱりその人の性格でしょう。

人として尊敬できないから慕われないのです。

日本にもいましたね。石田三成とかそれに近いと思います。

(石田三成は親友とかいるからもっと性格は良かったと思いますし、慕われていたと思いますが)

楊儀はどういう性格だったのでしょうか。

「蜀書」楊儀伝には、心の狭い人だったと記載されています。

 

 

プライドが高く、すぐに憤激して口論する癖もありました。

この性格が災いして、上司の劉巴と衝突したこともあり、左遷されています。

猛将・魏延とは犬猿の仲だったそうです。斬り殺されそうになって泣いたこともあるとか。

でも諸葛亮孔明は楊儀をかばっていました。

 

魏延の死と追放

 

諸葛亮孔明が病没したとき、魏延は謀反するだろうと予測されて殺されます。

その首を踏んで楊儀は喜びを表したそうです。

そんな楊儀も諸葛亮孔明亡き後は重用されることはありませんでした。

そりゃそうです。人望のない楊儀では組織をまとめられません。

諸葛亮孔明もそれを見越して自分の後継者に蔣琬を指名していたようです。

プライドの高い楊儀は中軍師という役職に不満を漏らします。

ついつい、「諸葛亮孔明が病没したときに魏に降っておけばよかった」なんて文句を言ってしまいます。

それを密告されて楊儀は官位を剥奪され、追放されました。

そして楊儀は最終的に自殺という道を選ぶことになります。

蔣琬(しょうえん)としてはこれで蜀はまとまると一安心したようですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そんな楊儀ですが、ファンになってくれる方はいませんか?

絶対に楊儀に共感できる人もいるはずです。

俺も会社(学校)でそうやって周囲や部下や後輩に虐げられてきた・・・・・・っていう方、

ここは楊儀のファンになってみませんか?

私としては嫌いじゃないですけどね。こういう不器用な人。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志時代のひざまくら 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざま…
  2. 法正 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  3. 蒋琬と姜維と王平 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみ…
  4. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  5. 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…
  6. 劉備とサンタクロース サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?…
  7. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  8. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • いちファン

    楊儀の愚痴は本気じゃなかったと思いますよね(^^;
    味があって好きです。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  2. イナゴに畑を荒らされ食料不足
  3. キングダム 3巻
  4. 鍾会
  5. 楊儀
  6. 孔融
  7. 劉備を警戒する陳羣
  8. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン

おすすめ記事

  1. 『論語』に見える親孝行のすすめとは?
  2. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 蜀の馬超
  3. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  4. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 合肥の戦いの満寵
  5. 蒼天航路の甘寧は奇襲攻撃の達成率が圧倒的にスゴイ件 蒼天航路
  6. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

三國志雑学

  1. レッドクリフ
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 呂布のラストウォー 呂布
  4. 兵士


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志のモブ 反乱
  2. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  3. キングダム52巻
  4. 魯粛、周瑜、劉備

おすすめ記事

劉禅と董允 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか? ホウ徳(龐徳) 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!? 曹操に憧れる荀彧 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 敬哀皇后 歴史の影に女あり!絶世の美女たち 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 キングダム614話ネタバレ予想vol6「楚は弱い?疑惑の楚討伐戦」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP