編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

この記事の所要時間: 226




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志ファンレター」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する英雄たちが現在の世界に実在したとしたら、

世界中からファンレターが届くことでしょう。

ジャニーズを超える数の手紙やバレンタインチョコになるのではないでしょうか。

孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)の人気は凄いでしょうねー。

陸遜(りくそん)趙雲(ちょううん)もニンマリなはずです。

そんななかで、この人はどうなんでしょうか。

蜀を支えた揚儀(ようぎ)のことです。

ファンレターは届くのでしょうか。心配です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?




もともとは曹操の配下

 

楊儀はもともと曹操の家臣です。

と言っても荊州の下っ端役人でしたから曹操は楊儀のことを知らなかったかもしれないですね。

楊儀はこのまま曹操に仕えていても出世できないと考えたのか、関羽のもとに仕官しました。

一説には楊儀は関羽のことを慕っていたという話もあります。

関羽と楊儀・・・・・・一緒にいるイメージはまったくないですね。

関羽の使者として劉備のところに訪れたとき、なぜか劉備に気に入られたようです。

劉備は楊儀のどこを気に入ったのでしょうか。




諸葛亮孔明にも気に入られる

 

実は楊儀はあの諸葛亮孔明にも気に入られていたのです。

ということはやはりかなり優秀だったということですね。

実際に後方支援の準備などをしっかりこなして信頼も得ていたようです。

なんと楊儀は諸葛亮孔明直属の丞相府の筆頭になったのです。

リーダーとして丞相府を引っ張っていたということです。

どうです?ここまでの話を聞いて楊儀に興味が沸きましたか?

楊儀のファンになったーっていう方はいますかね。

 

楊儀の性格

 

成績が優秀でも、仕事がよくできても、周囲や部下に嫌われる人っていますよね。

上司には気に入られても、なぜかまったく人望がない。

みたいな感じな人です。理由はやっぱりその人の性格でしょう。

人として尊敬できないから慕われないのです。

日本にもいましたね。石田三成とかそれに近いと思います。

(石田三成は親友とかいるからもっと性格は良かったと思いますし、慕われていたと思いますが)

楊儀はどういう性格だったのでしょうか。

「蜀書」楊儀伝には、心の狭い人だったと記載されています。

 

 

プライドが高く、すぐに憤激して口論する癖もありました。

この性格が災いして、上司の劉巴と衝突したこともあり、左遷されています。

猛将・魏延とは犬猿の仲だったそうです。斬り殺されそうになって泣いたこともあるとか。

でも諸葛亮孔明は楊儀をかばっていました。

 

魏延の死と追放

 

諸葛亮孔明が病没したとき、魏延は謀反するだろうと予測されて殺されます。

その首を踏んで楊儀は喜びを表したそうです。

そんな楊儀も諸葛亮孔明亡き後は重用されることはありませんでした。

そりゃそうです。人望のない楊儀では組織をまとめられません。

諸葛亮孔明もそれを見越して自分の後継者に蔣琬を指名していたようです。

プライドの高い楊儀は中軍師という役職に不満を漏らします。

ついつい、「諸葛亮孔明が病没したときに魏に降っておけばよかった」なんて文句を言ってしまいます。

それを密告されて楊儀は官位を剥奪され、追放されました。

そして楊儀は最終的に自殺という道を選ぶことになります。

蔣琬(しょうえん)としてはこれで蜀はまとまると一安心したようですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そんな楊儀ですが、ファンになってくれる方はいませんか?

絶対に楊儀に共感できる人もいるはずです。

俺も会社(学校)でそうやって周囲や部下や後輩に虐げられてきた・・・・・・っていう方、

ここは楊儀のファンになってみませんか?

私としては嫌いじゃないですけどね。こういう不器用な人。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  2. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  3. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  4. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  5. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  6. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  7. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  2. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  3. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  4. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  5. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  6. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった? 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの? 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  3. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  4. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  5. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  6. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  7. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場
  8. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP