【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術




 

顔が広いという事は大きな才能です、ビジネスマンなら、様々な業界を

相手にしますから、交友関係が広いだけで、思わぬ商談を掴む事もあるでしょう。

しかし、折角、顔が広いのに「便利な人ね」で終わる人がいます。

一方で、その顔を売りにして、次々と仕事が舞い込む人もいるわけです。

その違いは何か?今回も三国志から顔の広さを活用する故事を紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?




劉備に仕えた徐庶が孔明を高く売った決め手の一言

 

徐庶元直(じょしょ・げんちょく)は、

劉備(りゅうび)が初めて手に入れた軍師です。

 

そして、彼は、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

同門で昔からの知り合いだったのです。

劉備は、どこからか臥龍(ふくりゅう)と呼ばれる孔明の噂を聞いていて、

ある日、徐庶に孔明とは、どういう人物であるか?と質問します。

 

徐庶は、孔明について

「一流の才能を持つ人であり自分は足元にも及ばない」

と説明したので、劉備は大いに興味を持ち、

「一度、お会いしたいので、どうか、呼んできてくれまいか?」

等とかなり軽い気持ちで徐庶に言いました。




自分の友人を安売りしない徐庶の戦略

 

ここで徐庶が人の良い人物なら大喜びで

(友達でブラブラしている孔明も仕官できるかも?)と考え、

二つ返事で引き受けてしまう所でしょう。

 

しかし、徐庶は、劉備の頼みをピシッと断りました。

 

「孔明は、こちらから会いにいけば会えますが、

呼びつけて来るようなレベルの低い人ではありません。

どうか、まげて将軍が自ら出向かれて下さい」

 

 

ここで劉備はハッとした筈です、孔明とはそれほどの人物かと

年齢的には、親子程も離れている孔明に対して、劉備が尊敬の念と

強い興味を持ったのは、この時だったのです。

これにより劉備は、孔明の庵に三度も出かけて自分の軍師になってくれるように請い

やがて、孔明は長い隠遁生活から世の中に出てくる事になります。

 

頼みを簡単に引き受けず、わざと焦らして恩に着せる

 

はっきり言って人脈だって財産です、それ相応に時間とお金を掛けて

構築していくものを、ホイホイと簡単に人に紹介してはいけません。

それでは相手は、こちらが時間とお金をかけて構築した人脈を、

無料で手に入れる上に、紹介したあなたには何の恩義も感じません。

何故なら相手と繋がった瞬間に、全力を相手に傾注してしまうからです。

 

ですから、自分の人脈を最大限に活かしたいなら、わざともったいぶり

簡単には紹介しないのがベストなのです。

 

ですから、「いいよ紹介するよ」と言った上で以下の言葉を足します。

 

「でも、どうやら、あっちも今、忙しいみたい、後で連絡するよ」

「ごめん、今月はスケジュール一杯だ、来月でいい?」

 

こうすれば、相手は、あなたに迷惑を掛けている。

骨折りをさせて、人と繋いでもらっているという気持ちが湧きます。

その上で少し焦らしてから、もったいぶって繋げば、

相手は、あなたとあなたの人脈に感謝の念を持つ事でしょう。

 

相手に恩を着せ、次の仕事は是非、この人に頼もうという事になるかもしれません。

余程、軽薄な人でない限り、受けた恩義は返さないと後ろめたい感覚を持つからです。

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

 

徐庶は、長坂の戦いで老母が曹操軍に捕えられ、親孝行な彼は劉備の下を去ります。

しかし、そういう事が無ければ、同僚の孔明を高く売った徐庶は感謝されたでしょう。

後々に蜀の丞相になる孔明からすれば、親子程に年齢差がある劉備を自ら出向かせ

自分にとって優位な状況から紹介してくれた徐庶は恩人だからです。

 

徐庶の判断は、ちょっとした事ですが、これがあるとないでは、

あなたが人に重んじられるレベルが大きく違ってきてしまうのです。

顔が広く、人脈がある人は、心の中に留めて活用してみては?

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 




関連記事

  1. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  2. 姜維
  3. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  4. 陳平
  5. 陳平
  6. 三国志ライター よかミカンさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP