帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術

この記事の所要時間: 225




 

顔が広いという事は大きな才能です、ビジネスマンなら、様々な業界を

相手にしますから、交友関係が広いだけで、思わぬ商談を掴む事もあるでしょう。

しかし、折角、顔が広いのに「便利な人ね」で終わる人がいます。

一方で、その顔を売りにして、次々と仕事が舞い込む人もいるわけです。

その違いは何か?今回も三国志から顔の広さを活用する故事を紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?




劉備に仕えた徐庶が孔明を高く売った決め手の一言

 

徐庶元直(じょしょ・げんちょく)は、

劉備(りゅうび)が初めて手に入れた軍師です。

 

そして、彼は、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

同門で昔からの知り合いだったのです。

劉備は、どこからか臥龍(ふくりゅう)と呼ばれる孔明の噂を聞いていて、

ある日、徐庶に孔明とは、どういう人物であるか?と質問します。

 

徐庶は、孔明について

「一流の才能を持つ人であり自分は足元にも及ばない」

と説明したので、劉備は大いに興味を持ち、

「一度、お会いしたいので、どうか、呼んできてくれまいか?」

等とかなり軽い気持ちで徐庶に言いました。




自分の友人を安売りしない徐庶の戦略

 

ここで徐庶が人の良い人物なら大喜びで

(友達でブラブラしている孔明も仕官できるかも?)と考え、

二つ返事で引き受けてしまう所でしょう。

 

しかし、徐庶は、劉備の頼みをピシッと断りました。

 

「孔明は、こちらから会いにいけば会えますが、

呼びつけて来るようなレベルの低い人ではありません。

どうか、まげて将軍が自ら出向かれて下さい」

 

 

ここで劉備はハッとした筈です、孔明とはそれほどの人物かと

年齢的には、親子程も離れている孔明に対して、劉備が尊敬の念と

強い興味を持ったのは、この時だったのです。

これにより劉備は、孔明の庵に三度も出かけて自分の軍師になってくれるように請い

やがて、孔明は長い隠遁生活から世の中に出てくる事になります。

 

頼みを簡単に引き受けず、わざと焦らして恩に着せる

 

はっきり言って人脈だって財産です、それ相応に時間とお金を掛けて

構築していくものを、ホイホイと簡単に人に紹介してはいけません。

それでは相手は、こちらが時間とお金をかけて構築した人脈を、

無料で手に入れる上に、紹介したあなたには何の恩義も感じません。

何故なら相手と繋がった瞬間に、全力を相手に傾注してしまうからです。

 

ですから、自分の人脈を最大限に活かしたいなら、わざともったいぶり

簡単には紹介しないのがベストなのです。

 

ですから、「いいよ紹介するよ」と言った上で以下の言葉を足します。

 

「でも、どうやら、あっちも今、忙しいみたい、後で連絡するよ」

「ごめん、今月はスケジュール一杯だ、来月でいい?」

 

こうすれば、相手は、あなたに迷惑を掛けている。

骨折りをさせて、人と繋いでもらっているという気持ちが湧きます。

その上で少し焦らしてから、もったいぶって繋げば、

相手は、あなたとあなたの人脈に感謝の念を持つ事でしょう。

 

相手に恩を着せ、次の仕事は是非、この人に頼もうという事になるかもしれません。

余程、軽薄な人でない限り、受けた恩義は返さないと後ろめたい感覚を持つからです。

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

 

徐庶は、長坂の戦いで老母が曹操軍に捕えられ、親孝行な彼は劉備の下を去ります。

しかし、そういう事が無ければ、同僚の孔明を高く売った徐庶は感謝されたでしょう。

後々に蜀の丞相になる孔明からすれば、親子程に年齢差がある劉備を自ら出向かせ

自分にとって優位な状況から紹介してくれた徐庶は恩人だからです。

 

徐庶の判断は、ちょっとした事ですが、これがあるとないでは、

あなたが人に重んじられるレベルが大きく違ってきてしまうのです。

顔が広く、人脈がある人は、心の中に留めて活用してみては?

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  2. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  3. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  4. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  5. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  6. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  7. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  8. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について
  2. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  3. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  4. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  5. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし
  6. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで…… 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち? 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

おすすめ記事

  1. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  2. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物
  3. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  4. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?
  5. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  6. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  7. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  8. 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP