架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性

この記事の所要時間: 33




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志と日本のつながり」のコーナーです。

 

 

三国志の時代、日本がどうなっていたのかよくわかってはいません。

この時代に「倭」と呼ばれていたのが日本のことのようです。どうなっていたのか気になりますね。

女王・卑弥呼ってどんな方だったのでしょうか。

今回は三国志と倭のつながりについて触れていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?




西暦57年

 

後漢の光武帝の時代に倭から朝貢に訪れたのが「倭の奴国」です。

奴国は今の日本だと福岡県の春日市にあったそうです。

後漢書の東夷伝には、「倭の奴国、貢を奉じて朝賀す」と記されています。

 

 

このときの使者は「漢委奴国王」の金印をゲットしています。

どんな人が訪れたのかという記載はありません(大夫と称していたとか)。

光武帝のときには朝鮮半島も鎮静化し、高句麗や馬韓、弁韓、辰韓、烏丸、

鮮卑などがこぞって朝貢に訪れていたようです。

全体的に平和な印象の時代ですね。




西暦107年

 

それから50年後、後漢の安帝の時代にも朝貢の使者が訪れています。

記録では「倭国王帥升等、生口百六十人を献じて謁見を願う」とあります。

奴隷160人はかなりの数ですね。

おそらく日本国内で戦乱があり、敗れた国の民なのではないでしょうか。

 

 

日本がある程度統一されてきている感じはしますね。

ここでは後漢の返礼品がどのようなものだったのかという記載はありません。

ちなみに曹操は西暦155年生まれですので、このときはまだこの世に誕生していませんね。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

倭は戦乱の時代に突入

 

次の朝貢は以前ご紹介した西暦238年になります。

およそ130年間、外交交流は途切れていたことになるのです。なぜでしょうか。

一つは後漢の支配力が大きく衰えるからです。ちょうど三国志の時代です。

そうすると朝鮮半島では高句麗や韓などが勢いを盛り返し、楽浪郡などは力を失います。

ちなみにこの楽浪郡を建てなおしたのが遼東の公孫氏です。

公孫康は西暦210年に帯方郡を新設し、朝鮮半島に睨みをきかせました。

この帯方郡が完成するまでは倭からの使者は朝鮮半島を通れなかったのでしょう。

もう一つの理由が倭の国内で戦乱が相次いだことです。

大乱が起こったので、朝貢どころではなかったというわけです。

よく話には聞きますが、倭の国王が男のときには戦乱が絶えなかったそうです。

そこで女性が王となったのです。それが女王「卑弥呼」です。

 

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

関連記事:衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝

 

女王即位の年は?

 

卑弥呼の即位の年は、当然のように記録には残っていません。推測になります。

西暦173年には新羅(辰韓)に外交の使者を送っているという

記録が残っていますから、それ以前だと思われます。

 

 

仮に西暦167年に女王に即位したとして、西暦248年頃に亡くなっていますので、

80年間も女王を務めていた計算になります。

女王に即位したときには高齢だったとの記述もみられるので、

40歳ごろに即位して80年間女王をしていたら亡くなったときには120歳になります。

え!?120歳・・・・・・。

卑弥呼は鬼道の使い手ですからこのくらいは問題ないのかもしれません。

そもそも女王になってからは姿を現さなかったというぐらいです。

老いた姿をさらしたくはなかったのか、

 

 

武田信玄の死のときのように亡くなったことをずっと伏せられたままだったのか。

ここはかなりのミステリーですね。

私としては卑弥呼は曹操よりも年上だったと思います。28歳くらい年上かな。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操や劉備、孫堅や孫権が生きている時代に卑弥呼も活躍していたのです。

それってけっこう不思議ですよね。

人材コレクターの曹操からしたら、鬼道の使い手である卑弥呼は欲しい人材だったかもしれませんね。

会えてたらの話ですが。

三国志のシュミレーションゲーム、ぜひ卑弥呼からプレイしたい!

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム…
  2. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  3. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  4. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  5. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた…
  6. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…
  7. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようと…
  8. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  2. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  3. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  4. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士
  5. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  6. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇 モバイル向け新作シミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』の事前登録をスタート 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】

おすすめ記事

  1. ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  3. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  4. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  5. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  6. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  7. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍
  8. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP