架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性

この記事の所要時間: 33




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志と日本のつながり」のコーナーです。

 

 

三国志の時代、日本がどうなっていたのかよくわかってはいません。

この時代に「倭」と呼ばれていたのが日本のことのようです。どうなっていたのか気になりますね。

女王・卑弥呼ってどんな方だったのでしょうか。

今回は三国志と倭のつながりについて触れていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?




西暦57年

 

後漢の光武帝の時代に倭から朝貢に訪れたのが「倭の奴国」です。

奴国は今の日本だと福岡県の春日市にあったそうです。

後漢書の東夷伝には、「倭の奴国、貢を奉じて朝賀す」と記されています。

 

 

このときの使者は「漢委奴国王」の金印をゲットしています。

どんな人が訪れたのかという記載はありません(大夫と称していたとか)。

光武帝のときには朝鮮半島も鎮静化し、高句麗や馬韓、弁韓、辰韓、烏丸、

鮮卑などがこぞって朝貢に訪れていたようです。

全体的に平和な印象の時代ですね。




西暦107年

 

それから50年後、後漢の安帝の時代にも朝貢の使者が訪れています。

記録では「倭国王帥升等、生口百六十人を献じて謁見を願う」とあります。

奴隷160人はかなりの数ですね。

おそらく日本国内で戦乱があり、敗れた国の民なのではないでしょうか。

 

 

日本がある程度統一されてきている感じはしますね。

ここでは後漢の返礼品がどのようなものだったのかという記載はありません。

ちなみに曹操は西暦155年生まれですので、このときはまだこの世に誕生していませんね。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

倭は戦乱の時代に突入

 

次の朝貢は以前ご紹介した西暦238年になります。

およそ130年間、外交交流は途切れていたことになるのです。なぜでしょうか。

一つは後漢の支配力が大きく衰えるからです。ちょうど三国志の時代です。

そうすると朝鮮半島では高句麗や韓などが勢いを盛り返し、楽浪郡などは力を失います。

ちなみにこの楽浪郡を建てなおしたのが遼東の公孫氏です。

公孫康は西暦210年に帯方郡を新設し、朝鮮半島に睨みをきかせました。

この帯方郡が完成するまでは倭からの使者は朝鮮半島を通れなかったのでしょう。

もう一つの理由が倭の国内で戦乱が相次いだことです。

大乱が起こったので、朝貢どころではなかったというわけです。

よく話には聞きますが、倭の国王が男のときには戦乱が絶えなかったそうです。

そこで女性が王となったのです。それが女王「卑弥呼」です。

 

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

関連記事:衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝

 

女王即位の年は?

 

卑弥呼の即位の年は、当然のように記録には残っていません。推測になります。

西暦173年には新羅(辰韓)に外交の使者を送っているという

記録が残っていますから、それ以前だと思われます。

 

 

仮に西暦167年に女王に即位したとして、西暦248年頃に亡くなっていますので、

80年間も女王を務めていた計算になります。

女王に即位したときには高齢だったとの記述もみられるので、

40歳ごろに即位して80年間女王をしていたら亡くなったときには120歳になります。

え!?120歳・・・・・・。

卑弥呼は鬼道の使い手ですからこのくらいは問題ないのかもしれません。

そもそも女王になってからは姿を現さなかったというぐらいです。

老いた姿をさらしたくはなかったのか、

 

 

武田信玄の死のときのように亡くなったことをずっと伏せられたままだったのか。

ここはかなりのミステリーですね。

私としては卑弥呼は曹操よりも年上だったと思います。28歳くらい年上かな。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操や劉備、孫堅や孫権が生きている時代に卑弥呼も活躍していたのです。

それってけっこう不思議ですよね。

人材コレクターの曹操からしたら、鬼道の使い手である卑弥呼は欲しい人材だったかもしれませんね。

会えてたらの話ですが。

三国志のシュミレーションゲーム、ぜひ卑弥呼からプレイしたい!

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  2. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  3. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  4. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  5. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可…
  6. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  7. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  8. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  2. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  5. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  6. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 謎多き登場人物、関索って何者?

おすすめ記事

  1. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  2. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  3. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  4. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  5. はじめての三国志 facebook はじめました。
  6. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  7. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  8. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP