はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性

この記事の所要時間: 33




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志と日本のつながり」のコーナーです。

 

 

三国志の時代、日本がどうなっていたのかよくわかってはいません。

この時代に「倭」と呼ばれていたのが日本のことのようです。どうなっていたのか気になりますね。

女王・卑弥呼ってどんな方だったのでしょうか。

今回は三国志と倭のつながりについて触れていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?




西暦57年

 

後漢の光武帝の時代に倭から朝貢に訪れたのが「倭の奴国」です。

奴国は今の日本だと福岡県の春日市にあったそうです。

後漢書の東夷伝には、「倭の奴国、貢を奉じて朝賀す」と記されています。

 

 

このときの使者は「漢委奴国王」の金印をゲットしています。

どんな人が訪れたのかという記載はありません(大夫と称していたとか)。

光武帝のときには朝鮮半島も鎮静化し、高句麗や馬韓、弁韓、辰韓、烏丸、

鮮卑などがこぞって朝貢に訪れていたようです。

全体的に平和な印象の時代ですね。




西暦107年

 

それから50年後、後漢の安帝の時代にも朝貢の使者が訪れています。

記録では「倭国王帥升等、生口百六十人を献じて謁見を願う」とあります。

奴隷160人はかなりの数ですね。

おそらく日本国内で戦乱があり、敗れた国の民なのではないでしょうか。

 

 

日本がある程度統一されてきている感じはしますね。

ここでは後漢の返礼品がどのようなものだったのかという記載はありません。

ちなみに曹操は西暦155年生まれですので、このときはまだこの世に誕生していませんね。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

倭は戦乱の時代に突入

 

次の朝貢は以前ご紹介した西暦238年になります。

およそ130年間、外交交流は途切れていたことになるのです。なぜでしょうか。

一つは後漢の支配力が大きく衰えるからです。ちょうど三国志の時代です。

そうすると朝鮮半島では高句麗や韓などが勢いを盛り返し、楽浪郡などは力を失います。

ちなみにこの楽浪郡を建てなおしたのが遼東の公孫氏です。

公孫康は西暦210年に帯方郡を新設し、朝鮮半島に睨みをきかせました。

この帯方郡が完成するまでは倭からの使者は朝鮮半島を通れなかったのでしょう。

もう一つの理由が倭の国内で戦乱が相次いだことです。

大乱が起こったので、朝貢どころではなかったというわけです。

よく話には聞きますが、倭の国王が男のときには戦乱が絶えなかったそうです。

そこで女性が王となったのです。それが女王「卑弥呼」です。

 

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

関連記事:衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝

 

女王即位の年は?

 

卑弥呼の即位の年は、当然のように記録には残っていません。推測になります。

西暦173年には新羅(辰韓)に外交の使者を送っているという

記録が残っていますから、それ以前だと思われます。

 

 

仮に西暦167年に女王に即位したとして、西暦248年頃に亡くなっていますので、

80年間も女王を務めていた計算になります。

女王に即位したときには高齢だったとの記述もみられるので、

40歳ごろに即位して80年間女王をしていたら亡くなったときには120歳になります。

え!?120歳・・・・・・。

卑弥呼は鬼道の使い手ですからこのくらいは問題ないのかもしれません。

そもそも女王になってからは姿を現さなかったというぐらいです。

老いた姿をさらしたくはなかったのか、

 

 

武田信玄の死のときのように亡くなったことをずっと伏せられたままだったのか。

ここはかなりのミステリーですね。

私としては卑弥呼は曹操よりも年上だったと思います。28歳くらい年上かな。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

曹操や劉備、孫堅や孫権が生きている時代に卑弥呼も活躍していたのです。

それってけっこう不思議ですよね。

人材コレクターの曹操からしたら、鬼道の使い手である卑弥呼は欲しい人材だったかもしれませんね。

会えてたらの話ですが。

三国志のシュミレーションゲーム、ぜひ卑弥呼からプレイしたい!

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  2. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?…
  3. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  4. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  5. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  7. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  8. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  2. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  3. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  4. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  5. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  6. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

130話:孔明無言の帰還と魏延の最後 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの? 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何? 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

おすすめ記事

  1. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  3. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  4. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  5. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  6. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  7. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  8. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP