編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

この記事の所要時間: 337

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

中国の正史・『三国志』の魏書東夷伝に、倭人(日本)関する記述されていた事により

邪馬台国と卑弥呼の存在が明らかになりました。

 

西暦238年、卑弥呼は使節を魏に派遣した年ですが、曹操や曹丕は既に亡くなっています。

当時の魏の皇帝は曹叡(そうえい)です。

 

卑弥呼が派遣した使者は曹叡に拝謁し、卑弥呼を親魏倭王(しんぎわおう)に任じて、

金印と銀印を与えたと史実に残されています。

 

そもそも何で、卑弥呼はこのタイミングに朝廷に貢物を送ったのでしょうか?

その裏には西晋の礎を築いた司馬懿の功績のおかげという説があります。

 

 

そもそも邪馬台国って何?

photo credit: 141207 via photopin (license)

photo credit: 141207 via photopin (license)

 

邪馬台国は大和朝廷が成立する前の弥生時代末期に日本列島に存在した国の1つ。

邪馬台国には倭女王・卑弥呼の宮室があった女王国です。

 

倭国は男の王様が治めていたが倭国全体で長期間に渡る戦争が起こり、

卑弥呼を王に共立することによって争いが収まりました。

 

※中国の複数の史書に記述が見られる、倭国全体での戦争は、

倭国の地域は特定されてないが、日本史上初の大規模な内戦だとする説もあります。

 

邪馬台国の所在地が九州にあるのか、

近畿にあるのか21世紀に入っても引き続き議論が続いています。

 

そして238年に卑弥呼が使者を派遣したことにより日本を代表する国として

中国皇帝に認知されることになりました。

 

この時代の史料を漢籍に依存しなければならない状況は、

東南アジアも日本も同様の事から、魏志倭人伝(ぎしわじんでん)は日本にとっても非常に貴重な資料になります。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

卑弥呼ってどんな人?

卑弥呼イラスト0008 kiki

魏志倭人伝に卑弥呼について記されています。

 

卑弥呼は「鬼道に仕え、能く衆を惑わす」と記されている事から

卑弥呼は呪術を司る巫女(シャーマン)として神の言葉を民衆に伝えて人の心をコントロールし、

重要な事を決める時には必ず占いで決めていたそうです。

 

この事から邪馬台国は原始的な呪術国家ではないのか?という説もある一方、

卑弥呼の弟が政治を補佐していたという記述が残っている事から、

実際の統治は男子が行なう2元政治という説もあります。

 

卑弥呼は既に高齢だったので夫はいなく1000人の侍女を持っておりました。

 

王位に就いて以来は人と会うことはなく一人の男子が世話や取次を行い、

多数の兵士が女王・卑弥呼を守っていたとの事です。

 

卑弥呼が操っていた鬼道は、

呪術という解釈以外にも単に儒教的価値観にそぐわない政治体制であることを意味するという解釈があります。

 

漢籍に記述されている情報だけでは卑弥呼が扱っていた鬼道や更に詳しい人物像を完璧に把握することが出来きないのが残念ですね。

 

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

 

司馬懿ってどんな人?

司馬懿 仲達

 

司馬懿の人格と人生観は中国でも日本でもあまり人気のあるほうではありませんね。

残酷冷酷な人柄で感情では決して動かないので、他の英雄達と比べると人間らしさを感じません。

それでも司馬懿は、魏で功績を立て続け、曹操からは「曹一族は司馬一族に乗っ取られるのでは?」と警戒されるほど。

 

西晋の礎を築いた司馬懿が立てた数々の功績を全て紹介しきれないので、

邪馬台国が魏と外交出来るきっかけとなった司馬懿の功績のみを紹介しよう。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

 

司馬懿が公孫淵を討伐

遼東

 

遼東(りょうとう)は中華園の北東端にあることから、当時の漢・魏では中華王朝から絶域とみなされていました。

それを理由に公孫一族は半独立的な地方政権として確立していきました。

238年には公孫淵(こうそんえん)が魏に背いて独立を宣言。

 

司馬懿は遼東を3代に渡り支配していた公孫淵を討伐したことにより、

断絶していた韓国や倭国との交通を50年ぶりに再開されることになりました。

 

父・公孫康は以前、曹操に貢献していた

曹操018

ちなみに遼東郡は、曹操に敗れた袁紹一族の袁煕・袁尚が逃れた場所でもあります。

 

公孫淵の父は公孫 康(こうそん こう)で、彼も曹操と縁がある人物ですが、

曹操から逃れてきた袁尚らがいる事で曹操が攻めてくることを恐れ、公孫康は

楼班をはじめ袁煕・袁尚らを殺害し、その首を曹操へ差し出した経緯もあることから曹操からは襄平侯・左将軍に任命されました。

 

どうやら公孫淵は邪馬台国を始めとする東方諸国の使者を遼東に留めて自らへ朝貢させていた説もあるそうです。

 

関連記事:曹操の北伐~袁氏の滅亡~

関連記事:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

 

遂に卑弥呼が魏と繋がる

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

公孫淵の討伐が終わるか終わらないかのうちに卑弥呼は魏に使者を朝貢することになります。

遠い倭国から魏に訪れたという事で、東夷諸国との外交が回復したと大々的に歴史に記されることになります。

 

その功績に称えられ卑弥呼は魏から「親魏倭王(しんぎわおう)」という称号を与えられ

金印と銅鏡100枚など魏の皇帝から贈られる事になったのです。

 

朝貢といえ、称号や金印を贈る時点で非常な厚遇であり、いかに魏にとってこの外交が重要だったのか想像がつきますね。

 

元々、司馬懿は倭国や韓国との外交目的ではなく公孫淵が勝手に独立宣言をし

呉と共鳴をして魏に脅威を与える存在になったことから司馬懿が討伐にあたりました。

 

結果的に卑弥呼が魏に使者を派遣し歴史に名を残す事になったのです。

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

徐福

 

よく読まれてる記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

孫権日本

 

よく読まれてる記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

この記事を書いた人:おとぼけ

おとぼけ

 

こんにちは、「はじめての三国志」代表のおとぼけです。

多くの方に三国志の魅力を知ってもらいたい為、ライターさん、ナレーターさん、映像クリエイターさん、

webデザイナーさんなど優秀な人材集めに力を入れています。人材マニアのなんちゃって曹操たいぷ。。

関連記事

  1. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  2. よりぶりんって、何者?
  3. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  4. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  5. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  6. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  8. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?
  2. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  3. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  4. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  5. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮
  6. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何? かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】

おすすめ記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  3. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  4. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  5. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  6. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  7. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  8. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP