呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・謎の島を探せ」のコーナーです。

 

 

西暦230年といえば、三国志では魏で合肥新城が築城され、

魏と呉の争いはさらに熾烈なものになる予感が漂っていた頃です。

この年に孫権はまったく別の政策も指示しています。

それが海の向こうの国を探索し、奴隷をたくさん連れて戻ってくるというものでした。

それだけ呉も人口問題の解決が急務だったということですね。

なんだか植民地時代のスペインやポルトガルのような政策ですが、はたして成功したのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?


指名されたのは二人

 

この政策の実行ための責任者に選ばれたのは二人です。

一人は衛温、もう一人は諸葛直です。

諸葛という姓ですが、諸葛瑾や諸葛恪との関係は不明です。

どちらも文官ではなく将軍でした。

つまり軍事的な強硬外交を孫権は決断したのです。簡単に言うと侵略ですね。

孫権が目指した土地は、「夷州と亶州」です。

聞いたことのない州名です。呉がある揚州の北には徐州、西には荊州、南には交州があります。

そこではありませんね。そもそも中華の領土ではありません。

そこは海の向こうにありました。

一万の兵を率いて二人の将軍は出港します。

ただし夷州と亶州がどこにあるのか、正しい位置はよくわからなかったといわれています。

つまりどのくらいの期間がかかるのかも予想できないのです。

まるで幻の島「ラフテル」を目指すワンピースのルフィたちのような冒険に満ちた旅ですね。


この二州ってどこ?

 

実際はこの夷州と亶州がどこを指しているのか、未だに判明されていません。

呉の陸遜と全琮は無謀であるとして反対していますが、孫権は強行しました。

これは民主主義の国家と異なる点ですね。

議会の承認とかいらないのです。

これがいいと決めたらすぐに実行に移せるところが長所です。

ただしそれを止めることができないところが短所です。

で、二州についてですが、有力な説では夷州は台湾ではないかといわれています。

呉の領土から考えると朝鮮半島に行くよりはるかに近いです。

 

 

では亶州はどこなのでしょうか。かつて秦の時代に、

始皇帝のために不老不死の薬を探し求めて航海した徐福が住み着いた場所といわれています。

かなり神秘的な場所ですね。

この亶州が「日本の種子島」「日本の琉球諸島」「フィリピン」のどれかといわれています。

こちらは台湾までの距離の倍以上になります。

はたして亶州はどこだったのでしょうか。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

孫権に処刑される二人

 

その後、衛温と諸葛直の二人が呉に帰国したのはおよそ1年後になります。

ものすごいスリルに満ちた冒険だったことでしょう。

兵のほとんどを疫病で失ったと記録されています。

しかも亶州にはたどり着けず、成果は夷州から連行してきた地元民数千人でした。

計算上では失った数の方が多いですね。

そのためにかかった莫大な費用も無駄に終わっています。

孫権は責任をとらせて二人を処刑します。


孫権は亶州を倭と考えていたのか

 

孫権はどうもこの亶州との交流を切望していたようです。

もしかすると孫権はこの亶州を倭だと考えていたかもしれません。

真実はわかりませんが、どうだったのでしょうか。

 

 

悲しいかな、数年後の西暦238年の倭・邪馬台国の女王・卑弥呼の使者が中華に訪れ、魏と結びます。

呉から倭ではやはり距離がありすぎますね。

当時の航海術では呉と倭が外交するのは難しかったといわれています。

 

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

関連記事:衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

遭難して偶然にたどり着くことはあったそうです。

正式な交流は記録にありません。

しかし邪馬台国最大の謎といわれる300枚以上出土した「三角縁神獣鏡」。

これは倭と呉がどうにかして交流していたという証なのかもしれません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. スサノオノミコト(日本神話)
  2. 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  3. 袁術
  4. 邪馬台国と卑弥呼軍
  5. 趙雲
  6. 龐統と的盧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP