袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての魏

郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者

この記事の所要時間: 238




 

蜀の諸葛孔明の後継者である費禕(ひい)

彼は蜀の国政のトップに君臨しておりましたが、

どんなに忙しくても自分の趣味をしっかりと行う時間を削ることはしないスーパー政治家でした。

そんな彼は魏から投降してきた郭修(かくしゅう)という人物に殺害されてしまいます。

しかしこの人物はどのような動機で彼を殺害したのでしょうか。

今回は魏のアサシンである郭修をご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?




西平の有名人

 

郭修は西平(せいへい)では非常に有名な人物であり品行方正で評判が高かったそうです。

そんな彼は西平で役人として働いていた時、

蜀の軍勢を率いて侵入してきた姜維(きょうい)の軍勢に捕まってしまいます。

姜維はこの西平の有名人・郭修を幾度も蜀に願えるように説得。

郭修は彼の説得に初めは応じませんでしたが、

あることが頭に浮かんだため姜維の説得に応じて蜀へ降伏することを決意します。

彼は蜀に降伏することで皇帝劉禅を殺害してしまおうと考えていたため、

姜維の説得に応じて降伏することにします。




アサシン郭修の暗殺計画その1:劉禅暗殺計画・・・・失敗

 

郭修はその後蜀の首都である成都(せいと)へ連れて行かれます。

成都の宮殿で蜀の皇帝である劉禅(りゅうぜん)に拝謁した彼は、

劉禅を刺し殺すために非常に小さな刀を懐に潜ませておりました。

劉禅はそうと知らずにニコニコと笑いながら彼の降伏を喜び左将軍を下賜。

郭修はかしこまって左将軍の位を貰うことになるのですが、

劉禅の周りには多くの文官達や護衛兵がいたために近づくことができませんでした。

そのため暗殺計画は失敗に終わってしまいます。

 

費禕の宴会に呼ばれる

 

蜀の国政を担っていた費禕は大軍を引き連れて漢寿(かんじゅ)と言う場所に駐屯しておりました。

なぜ彼は蜀の国政を担っていた人物であるのに漢寿にとどまっていたのでしょうか。

その原因は占いです。

費禕はなんとなく占い師に成都にこのまま戻っていいのかを占ってもらいます。

すると結果は「このまま成都へ戻るのは危険でしょう」との答えが返ってきます。

そのため彼は魏の領土へ攻め込むことをしないで、

軍勢を解散させずに漢寿に駐屯しているのでした。

彼は仕事に忙殺されていながらちょっと暇を見つけると趣味を行っておりましたが、

あるとき魏から降伏していた郭修との懇親会を開いていない事に気づきます。

そして彼は仕事が一段落すると郭修へ「君が蜀に来てから、

私は君とじっくり話し合ったことがないことに気づいた。

そこで君とじっくり話し合いたいと思うので、宴会を開こうと思うから来て欲しい」と

郭修の元へ使者を送ります。

郭修は費禕からの手紙をもらうと使者に「わかりました。

日時をお教えいただければ参上いたします。」と述べて使者を返します。

郭修はこの時に暗殺のターゲットを劉禅から費禕に変更します

 

アサシン郭修の暗殺計画その2:費禕暗殺計画

 

費禕は約束していた宴会を開く準備を終わらせるとすぐに郭修へ使者を出します。

郭修は費禕からの使者と一緒に宴会場へ入ると費禕自ら彼の手をとって大いにもてなします。

郭修は宴会場に集まった諸将の前で改めて自己紹介をした後ドンチャン騒ぎが始まります。

諸将はしたたかよっていると判断した郭修は、

すぐに費禕の側に寄ってかれに毒を塗った小さい刀を刺します。

蜀の諸将は大いに驚きすぐに郭修を捕らえて処刑します。

しかし費禕も郭修の必殺の一撃によって亡くなってしまうことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

郭修が行った費禕暗殺は魏の本国に届きます。

魏の朝廷では郭修の行いを褒めて彼を侯の位を追贈し、

彼の息子には郭修の侯の位を引き継がせ領土を与えて大いに彼を褒め称えたそうです。

しかし三国志を知っている人でも中々郭修の名前を知っている人は

いないのではないのでしょうか。

彼が行った行為により蜀は滅亡を早めることになるので、

もう少し知名度があってもいいような気がするのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ…
  2. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国…
  3. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  5. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩…
  7. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  8. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  2. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  3. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  4. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  5. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  6. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた? 集まれ曹操の25人の息子たち・その2 三国志の時代の城の機能について図解解説 キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

おすすめ記事

  1. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  2. 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示
  3. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  5. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  6. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  7. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  8. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP