蜀漢の帝都・成都はヤバイ場所だった?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞

 

王や皇帝が住んでいる場所を帝都や王都と言います。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

例えば蜀の帝都は成都(せいと)という土地でした。帝都は支配者が住む場所なので軍事力で守られ一番安全な場所のように感じますが、蜀の帝都に限っていえば、かなりヤバイ場所だったようです。




蜀の帝都はどのようにヤバイのか?ズバリ

kawausoさん

 

では、蜀の帝都である成都がいかにヤバいのか?をザックリ解説します。

 

1 西暦223年成都に隣接する漢嘉太守黄元(かんかたいしゅこうげん)がクーデター(未遂)
2 諸葛亮(しょかつりょう)死後、成都に近い越巂郡(えつすいぐん)で異民族の勢力が拡大。太守も恐れて郡内に入れず
3 西暦240年将軍向寵(しょうちょう)が漢嘉の異民族を討伐する途中に戦死
4 西暦240年蜀は異民族対策のプロ張嶷(ちょうぎょく)を送り込んで越郡平定。
5 漢嘉郡には成都に通じる旧道があったが旄牛(ぼうぎゅう)族が割拠し使用不能。張嶷が旄牛族を懐柔し旧道が使用可能になる

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

このように成都近隣の漢嘉郡や越巂郡では、黄元のクーデターや異民族反乱が起きていて、将軍向寵が戦死したり、道路があっても異民族の力に怯えて使用できず遠回りするなど統治に支障を来している事が分かります。

 

では、以後はより詳しく成都のヤバさについて解説していきましょう。

 

関連記事:劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない?

関連記事:諸葛亮が守り伝えた世界遺産「都江堰」とは何?




劉禅危機一髪!黄元クーデター

夷陵の戦いで負ける劉備

 

西暦223年、蜀帝劉備は夷陵(いりょう)の戦いで大敗。白帝城(はくていじょう)に逃げ込み心痛から病に伏します。

 

 

やがて劉備は危篤状態となり、成都を守っていた諸葛亮も白帝城に見舞いに向かいました。

 

劉禅と孔明

 

この頃、漢嘉太守だった黄元という人物は理由不明ですが諸葛亮と不仲でした。劉備が死ねば、政権は劉禅(りゅうぜん)の後見である諸葛孔明が握り俺は排除されるに違いない。

 

進軍する兵士a(モブ用)

 

そう考えた黄元は成都に皇太子劉禅がいて、警備も手薄である事を狙いクーデターを決行します。

 

炎上する城a(モブ)

 

黄元は漢嘉郡から北上して臨邛(りんきょう城を焼き払って成都を窺う様子を見せますが、成都には、益州治中従事(えきしゅうちちゅうじゅうじ)楊洪(ようこう)という傑物がいて、劉禅に陳曶(ちんこつ)鄭綽(ていしゃく)を派遣して黄元を迎撃させるように進言。

 

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

失敗を悟り長江を遡上して呉に逃れようとした黄元を、陳曶・鄭綽が南安で捕縛。成都に送り斬首します。

 

関連記事:李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト

関連記事:【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

名将向寵、漢嘉郡で討死

山越族(異民族)

 

さて、成都の隣にある漢嘉郡は、諸葛亮の死後に異民族の活動が活発化します。そこで、向寵という将軍が異民族討伐に向かいますが、その途中で戦死を遂げました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

あっさり描写なので、大した事ない将軍なのかと思いきやそうではなく、向寵は夷陵の敗戦では、自軍を無傷で退却させたとして劉備に賞賛され、劉禅の死後も諸葛亮に目を掛けられ近衛兵を司る中護軍に任命されています。

 

憤死する麋竺(モブ)

 

そんな実力派将軍が異民族を討伐しようとして戦死、それも成都からそんなに離れていない場所でした。向寵がなんという異民族に殺害されたか書いてはいませんが、時期的に漢嘉郡に勢力を伸ばしていた旄牛族と思われます。これはかなりシリアスでデンジャラスな事態ではないでしょうか?

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:世界史レベルの三国志!英傑たちは隣の異民族とどう付き合ったの?

 

張嶷が越郡平定

張嶷

 

向寵の戦死は、史書には大きく扱われていませんが、蜀政権には深刻なインパクトを与えたようです。それというのも同年、蜀政権は異民族対策のプロである張嶷を異民族の勢力が伸びて来た越巂郡に派遣し、蜀に従わない蘇祁(そき)族の族長冬逢(とうほう)と弟隗渠(かいきょ)を計略を用いて殺害し郡を平定させているからです。

 

板楯蛮(異民族)

 

この越巂郡も成都には近いのですが、劉備死後に混乱した南中に負けず劣らず異民族の勢力が強く、蜀政権の派遣した太守は郡治に入る事も出来ない有様でした。蜀王朝としては張嶷を派遣する事が帝都の安定にも繋がると考えたのでしょう。

 

関連記事:正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!

関連記事:【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 袁術
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 呉の小覇王・孫策
  5. 袁術と袁紹
  6. 韓信 vs 孔明

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 4月 12日

    もうね、劉備が来る前から益州はグダグダだったんですよ。
    五斗米道やら黄巾残党やら異民族やらで。
    更に劉焉が自ら組織した東州兵は制御不能だし、治所である綿竹なんかは落雷で焼失するしで目も当てられないのが当時の益州。

      • kawauso編集長
      • 2021年 4月 18日

      月友さん

      南蛮なんて遠くに行かなくても、足元でも危険という蜀の状況でした。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP