広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?

この記事の所要時間: 234




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・世界の船上から」のコーナーです。

 

 

私は今、津軽海峡のフェリーに乗りながらこの記事を執筆しています。

海は広い!船は大きい!そして揺れる!!

こんな船に乗りながらどうやって相手と戦うのでしょうか。なかなかイメージが湧きませんね。

中国の長江は海のように広い川幅があるといいます。40kmだとか。

ちなみに日本の北海道と青森の間は海ですが20kmほどです。

実際に外を見ていますが、津軽海峡だって結構な距離ですよ。

今回はそんな異次元の戦い、水軍の最強を決めていきましょう。

三国志水軍最強の将・決定戦(SSS)です!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?




なんといってもあの色男でしょ!

 

水軍最強といえばあの曹操軍40万にわずか10万の兵で大勝したという周瑜(しゅうゆ)でしょう。

(曹操軍の前線は20万、周瑜の実戦配備は3万ともいわれています)

あの曹操に真っ向からぶつかって、しかも寡兵でそれを破るというのは前代未聞です。

確かに曹操は水軍の扱いに慣れてはいませんし、

水軍自体も降伏してきたばかりの劉琮の兵というハンデはあります。

しかし、あの曹操に圧勝したのですからやはり周瑜の強さは尋常ではありません。

水軍最強=美周郎(周瑜)に異を唱えるひとは少ないのではないでしょうか。




いやいや元祖は小覇王でしょ!

 

大軍を寡兵で破ったといえば孫策も同じです。

袁術から借りた兵で、揚州刺史の劉繇の大軍を撃破しています。

相手は曹操に比べるとかなりの格下にはなりますが、

孫策の兵だって赤壁の戦いの時の周瑜の鍛え抜かれた精鋭の水軍とは違います。

さほど訓練を受けていない雑兵を率いての大勝です。

これはやはり先頭で兵を率いる孫策の力量ではないでしょうか。

その後、孫策が水軍で負けたという話も聞いたことがありません。

周瑜は孫策の戦いぶりを見て水軍の扱い方を学んだとすれば、

もしかしたら孫策の方が水軍の統率力は上かもしれませんね。

 

だったら俺でしょ!

 

であれば長年ライバルとして孫家と衝突を繰り返してきた

荊州・江夏郡太守の黄祖も忘れてはいけません。

 

 

黄祖についてはあまりいい話が記録として残されてはいませんが、

あの孫策や孫権と真っ向からぶつかり合ってきたのはまぎれもない事実です。

もう少し、認めてあげてもいいですよね。

シュミレーションゲームでの黄祖の評価ももう少し高くてもいいと私は思っています。

でも、水軍最強の将ではないか・・・。

 

意外にまったく別な国の人物かもしれませんよ!

 

ここでいきなり登場するのが晋の王濬(おうしゅん)です。蜀滅亡後に益州の刺史となり、

着々と征呉に向けた準備をしていきます。

勝手に屯田兵を使って大掛かりな造船に取り組んだり、

独断専行で呉の孫晧を降伏させたりと目に余る行為もありますが、その手腕は確かです。

王濬が造らせた楼船は二千人が乗ることのできる超大型船で、

全長は120歩もあり、呉の兵ですらその大きさに驚愕したそうです。

さらに王濬は河を堰き止める鎖も油を含ませた筏に火をつけて突破しています。

呉の軍師を務めていた張悌の渾身の反撃も撃破し、張悌を討ち取っています。

孫晧はその勢いに恐れをなして降伏しました。

こうして晋は呉を滅ぼしたのです。

精鋭を誇る呉の水軍を打ち破った王濬こそが三国志史上最強水軍の将なのではないでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

私の結論としては王濬となりましたが、納得されない方も多いと思います。

皆さんの考える最強水軍の将は誰でしょうか?

ゲームだと周泰も強いですね。

朱桓や呂蒙、徐盛、陸遜、魯粛など水軍の統率に優れている将はやはり呉の陣営に集まっている傾向があります。

蜀では周倉も水戦は巧みだったとか。

 

ぜひご意見を「はじめての三国志」アンケートまでお待ちしております。

 

■はじめての三国志のアンケートはこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  2. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  3. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  4. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ…
  5. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  6. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  7. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  2. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  3. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  4. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  5. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  6. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  2. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  3. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  5. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  6. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  7. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  8. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP