編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?

この記事の所要時間: 234




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・世界の船上から」のコーナーです。

 

 

私は今、津軽海峡のフェリーに乗りながらこの記事を執筆しています。

海は広い!船は大きい!そして揺れる!!

こんな船に乗りながらどうやって相手と戦うのでしょうか。なかなかイメージが湧きませんね。

中国の長江は海のように広い川幅があるといいます。40kmだとか。

ちなみに日本の北海道と青森の間は海ですが20kmほどです。

実際に外を見ていますが、津軽海峡だって結構な距離ですよ。

今回はそんな異次元の戦い、水軍の最強を決めていきましょう。

三国志水軍最強の将・決定戦(SSS)です!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?




なんといってもあの色男でしょ!

 

水軍最強といえばあの曹操軍40万にわずか10万の兵で大勝したという周瑜(しゅうゆ)でしょう。

(曹操軍の前線は20万、周瑜の実戦配備は3万ともいわれています)

あの曹操に真っ向からぶつかって、しかも寡兵でそれを破るというのは前代未聞です。

確かに曹操は水軍の扱いに慣れてはいませんし、

水軍自体も降伏してきたばかりの劉琮の兵というハンデはあります。

しかし、あの曹操に圧勝したのですからやはり周瑜の強さは尋常ではありません。

水軍最強=美周郎(周瑜)に異を唱えるひとは少ないのではないでしょうか。




いやいや元祖は小覇王でしょ!

 

大軍を寡兵で破ったといえば孫策も同じです。

袁術から借りた兵で、揚州刺史の劉繇の大軍を撃破しています。

相手は曹操に比べるとかなりの格下にはなりますが、

孫策の兵だって赤壁の戦いの時の周瑜の鍛え抜かれた精鋭の水軍とは違います。

さほど訓練を受けていない雑兵を率いての大勝です。

これはやはり先頭で兵を率いる孫策の力量ではないでしょうか。

その後、孫策が水軍で負けたという話も聞いたことがありません。

周瑜は孫策の戦いぶりを見て水軍の扱い方を学んだとすれば、

もしかしたら孫策の方が水軍の統率力は上かもしれませんね。

 

だったら俺でしょ!

 

であれば長年ライバルとして孫家と衝突を繰り返してきた

荊州・江夏郡太守の黄祖も忘れてはいけません。

 

 

黄祖についてはあまりいい話が記録として残されてはいませんが、

あの孫策や孫権と真っ向からぶつかり合ってきたのはまぎれもない事実です。

もう少し、認めてあげてもいいですよね。

シュミレーションゲームでの黄祖の評価ももう少し高くてもいいと私は思っています。

でも、水軍最強の将ではないか・・・。

 

意外にまったく別な国の人物かもしれませんよ!

 

ここでいきなり登場するのが晋の王濬(おうしゅん)です。蜀滅亡後に益州の刺史となり、

着々と征呉に向けた準備をしていきます。

勝手に屯田兵を使って大掛かりな造船に取り組んだり、

独断専行で呉の孫晧を降伏させたりと目に余る行為もありますが、その手腕は確かです。

王濬が造らせた楼船は二千人が乗ることのできる超大型船で、

全長は120歩もあり、呉の兵ですらその大きさに驚愕したそうです。

さらに王濬は河を堰き止める鎖も油を含ませた筏に火をつけて突破しています。

呉の軍師を務めていた張悌の渾身の反撃も撃破し、張悌を討ち取っています。

孫晧はその勢いに恐れをなして降伏しました。

こうして晋は呉を滅ぼしたのです。

精鋭を誇る呉の水軍を打ち破った王濬こそが三国志史上最強水軍の将なのではないでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

私の結論としては王濬となりましたが、納得されない方も多いと思います。

皆さんの考える最強水軍の将は誰でしょうか?

ゲームだと周泰も強いですね。

朱桓や呂蒙、徐盛、陸遜、魯粛など水軍の統率に優れている将はやはり呉の陣営に集まっている傾向があります。

蜀では周倉も水戦は巧みだったとか。

 

ぜひご意見を「はじめての三国志」アンケートまでお待ちしております。

 

■はじめての三国志のアンケートはこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  2. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  3. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  5. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  6. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  7. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  8. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!
  2. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?
  3. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  4. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  5. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  6. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】 テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた! 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り! 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

おすすめ記事

  1. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  2. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  3. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  4. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  5. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  6. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  7. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  8. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP