ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての呉

徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍

徐盛(じょせい)呉の将軍




徐盛(じょせい)

 

徐盛(じょせい)は、孫権(そんけん)孫策(そんさく)の跡を継いだ時に仕えた将軍です。

人生をほとんど戦の中で過ごし、()のために戦い続けた将軍です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ

関連記事:呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

 

 

200人で数千の敵を破る

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

徐盛は孫策(そんさく)の跡を継いだ孫権(そんけん)に仕えます。

初めは兵士を500人ほど預かる部隊長に就任し、前線に配置されます。

あるとき劉表(りゅうひょう)軍の黄射が数千を率いて、

徐盛が守備する地域に攻め込んできます。

 

徐盛はこの時、200人に満たない兵士しか率いていませんでした。

しかし、彼は果敢に出撃し、黄射を破って徹底的に追撃します。

黄射は命からがら荊州に退却し、以後徐盛がいる地域には攻めてこないようになったそうです。

また異民族討伐戦でも功績を挙げており、

これらの功績により、孫権から信頼を寄せられるようになります。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

 

数々の戦いに身を投じる

赤壁の戦い

 

赤壁の戦いの後、曹操(そうそう)軍が呉軍の重要拠点・濡須に大軍を率いて攻め込んできます。

徐盛は孫権の指揮下に入り、曹操軍迎撃のため出陣します。

徐盛は他の諸将と共に突撃船で攻撃を仕掛けようと出航しますが、

強風のため船が流され、諸将と共に敵中に孤立してしまうのです。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

諸将が恐怖で震えても徐盛は周りを奮い立たせる

諸将が恐怖で震えても徐盛は周りを奮い立たせる

 

徐盛は、諸将が恐怖で震えるなか、敵中に突撃を開始します。

恐怖で震えていた諸将も彼の突撃に奮い立ち、一緒に突撃を敢行します。

この突撃で、敵軍は退くことになり、徐盛たちは孫権軍の本陣に帰還することができました。

その後は、曹操軍と膠着状態になり、決着をつけることが出来ないまま、

曹操軍は退却することになります。

敵中を突破した功績が認められて、将軍に任命され、ご褒美もたっぷりもらったそうです。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

夷陵の戦いにも陸遜の元で奮闘する

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

また夷陵の戦いでは、陸遜(りくそん)の指揮下に入り、劉備軍迎撃のため参加します。

徐盛は、劉備軍に攻撃を仕掛けるたびに、砦や陣を陥落させるなど数々の戦功を挙げていきます。

 

関連記事:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

関連記事:劉備、失意の中白帝城に没す!

 

呉の柱石として魏軍迎撃戦に赴く

曹丕

 

徐盛は夷陵の戦いの後、魏軍に備えるため魏国との国境沿いに転勤となります。

転勤後すぐに、魏の曹休が攻撃を仕掛けてきます。徐盛は呂範らと共に迎撃に出陣しますが、

この時も長江が大荒れに荒れ、出航した突撃船が転覆してしまいます。

徐盛はすぐさま、乱れた軍を立て直し、船で流されていた兵士を回収して、

曹休率いる魏軍の攻撃を防ぎ、撃退することに成功するのです。

その後、魏の皇帝・曹丕(そうひ)が大軍を率いて、呉に侵攻してきます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

徐盛は大軍の曹丕に勝てないと判断

徐盛は大軍の曹丕に勝てないと判断

 

徐盛は数々の戦で得た経験を元に、

この大軍にまともにぶつかっては勝てないと判断し、ある策を実行に移します。

ある策とは呉の沿岸数100里渡り「ニセの城壁」の建築をすることです。

諸将は無意味だからやめろと徐盛の策に反対します。

しかし彼は反対意見を押し切り、偽の城を建造するのです。

 

果たして偽の城が曹丕に通用したのか?

曹丕皇帝

 

曹丕はこの城を見て「孫権の陣営には人材が数多く、

呉の地を平定するのは難しい」と周りに愚痴をこぼした後、退却するのです。

三国志演義では、曹丕率いる魏軍が退却したのを見計らい、

徐盛や丁奉などの諸将と共に猛追撃を開始する。

そのため魏軍は大ダメージを受け、さらに草木が多く茂っている場所で、

魏軍に火計をしかけます。

この追撃により、赤壁の戦いに匹敵するほどの損害を受ける事になるのです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

徐盛は人生の大半を戦で明け暮れた人物で、

呉の国を心底愛しているエピソードをご紹介したいと思います。

それは魏に臣従していた時のことです。

魏の使者が孫権に対して傲慢な態度で接してきました。

重臣の張昭(ちょうしょう)など群臣が怒っておりましたが、発言できず黙っておりました。

 

徐盛は、群臣たちが黙っている中、前に出て「過去に劉備を倒せなかったために、

現在、魏のような国と同盟をしてしまった」と叫んだ後、群臣がいる中で号泣してしまうのです。

魏の使者が孫権に対する無礼な態度を取り、みんな怒っているが、

誰ひとり声を挙げない中、徐盛一人が痛烈な批判を言い放つ。

 

この行動は、呉を心底愛し、勇気がないとできないですね。

今回のお話はここまで、次回も初めての三国志でお会いしましょう。

それではまたにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  2. 徐福 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  3. かぼちゃと孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  4. 孫尚香 孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  5. 正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう) 韋昭とはどんな人?正史三国志の「呉書」の制作チームとして貢献した…
  6. 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの?
  7. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  8. 廖化 四龍将 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 桜島
  2. 曹丕と曹植
  3. 馬超と韓遂
  4. 賈ク
  5. 孫権と張昭
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 孫策、陸遜、顧邵、他
  8. 孟達と曹丕

おすすめ記事

  1. 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション 蜀の姜維
  2. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 劉備と曹操
  3. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 連幹の計 呂布 貂蝉
  5. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  6. 【宛城の戦いIF】もしも曹昂が生きていたらどんな影響があったの? 曹昂(曹昴)

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. スーパーDr華佗
  3. 曹宇
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  5. 三国志を統一した司馬炎


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 最弱武将と対峙する張飛
  2. 横井小楠
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 曹操に降伏する教祖・張魯
  5. 京劇コスチューム趙雲
  6. 李斯

おすすめ記事

王允と呂布 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 諸葛誕を攻める司馬昭 司馬昭とは三国志の中でどのような役割を果たしているのか? 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル 知ってた?三国志由来のことばBest5

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP