キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】




 

始皇帝の恐れた七巻の天書。五巻は燃やされ、二巻は逃れた。兵法と術法の天書である】

と、いうことで始まりました新三国志ゲーム「幻想少女」のプレイ中継の第3回目。

 

 

実況は「はじめて三国志」でおなじみの自称三国志マニア「ろひもと理穂」がお送りいたします。

「幻想少女」は、これまでお伝えしてきたように、

三国志の常識や固定観念をぶち壊す新感覚ゲームです。

 

通常のストーリーモードも順調に進んでおり、

いよいよ黄巾の首領・張角(悪魔王のような感じですね)とバトルです。

セリフを読むと、こんないでたちながら張角は皇帝を目指しているようですね。

こんな恐ろしい皇帝なって認められません!!

三国志が悪魔界になってしまいます。

 

前回記事:【第1回】はじめての三国志が幻想少女を初見プレイ

前回記事:【第2回】はじめての三国志が幻想少女をプレイ

 

ダウンロードはコチラはこちら

ろひもと理穂の陣営には軍神がいる!

 

しかし、わが陣営には★5つの「関羽」がいます。装備も着々と増えてきています。

鎧と具足は★4つのレアアイテムです。

装備ももっともっと増やしたいのですが、なかなか手に入りませんね。

ちなみに装備も強化することが可能です。合成するアイテムや資金が必要です。

関羽自身のレベルは36です。はやく40に到達したいですね。

レベル40になるといいことがあるようです。(みんなレベル40手前なんですよね)

 

 

自分が所有している武将カードの詳細を確認することができます。

これを見ると、スキルの名前や効果、その武将の特性がわかります。

関羽の特性は「戦神」といって味方が受けるダメージを減らし、

味方の攻撃力をアップする効果があります。

まさに戦場の頼れるリーダーです。

他にもまだ「限界突破」とか「覚醒スキル」といった未知の領域がありますね。

関羽はまだまだ強くなりそうです。

他のメンバーもこのくらい強くなってもらいたいものです。

このままじゃ関羽におんぶにだっこ状態です。

 

ダウンロードはコチラはこちら

ろひもと理穂が11連ガチャに初挑戦

 

もう少し戦力を高めたいので、11連ガチャに挑戦!関羽並みに強い武将がほしいな!

すると★4つのSRカード出現。なんだー、この仮面の暗殺者は!?誰??

おお、魏の張郃じゃないですかー!凄い個性的なスタイルですね。

確実に近距離攻撃が得意そう。前衛として使えますね。しかし肌が露出しすぎでは・・・。

 

ダウンロードはコチラはこちら

呉の天才将軍・陸遜(りくそん)をGET

 

さらに★4つ、SRカードの陸遜GET!!これはほしかった!!

やはりイメージ通りのイケメンぶりです。★5つほしかったなー。

はたして5人の正規メンバーに入れるべきなのか・・・。いれたい。

しかし、今からこの陸遜のレベルアップをさせるのはちょっと大変そうだな。

他に我が陣営を強くする手段はないものか、他のイベントにも注目してみましょう。




幻想少女にはフレンド機能がある

 

なんだろう。「フレンド」というアイコン発見。

よく見たら私には友達がいなかった・・・。

これは寂しい!!必要性はわからないけど、友達がほしい。

とりあえず最近ログインしているプレイヤーの皆さんに友達申請。

誰か私と友達になってくれー!!

すると、フレンドができました!メンバー強そうな方です!!

ロボ張飛がいますね。確実に私よりも強い。これは頼もしい限りです。




フレンド登録をすると友情ポイントをゲットできちゃう

 

しかも、友情ポイントを獲得。これがたまるときっといいことがあるのでしょう。

まだよくわかっていない・・・。でも120までたまりました。

何かできるようなことが増えたら皆さんにお伝えしますね。

ところで、フレンドはピンチになったら助けに来てくるのかな?

これで張角も倒せそうな気がします。イヤ、でもまだ少し心配ですね。

 

幻想少女にはギルドという組織も存在している

 

すると今度は「ギルド」というアイコンを発見しました。

いろいろな組織があるようで、私が入っても問題なさそうなところにおそるおそる加盟してみます。

何かいろいろルールがあるようですね。

もう少し強くならないと参加できないイベントなどもありそうですね。

 

 

攻城戦とか面白そうですね。

ちょっと参加してみようと思ったのですが、私のレベルではまだ無理のようですね。

詳しくは参加してルールを把握してから皆さんにお伝えしていきますね。

とりあえずやれることはいろいろ試してみたので、ストーリーモードでボス戦に挑戦です。

 

いざ、張角と対峙

 

幾分心配だったものの、実際に張角と戦ってみると、意外に我が陣営が強くなっていることにビックリ!!

みんながスキル発動しまくりで、楽勝で張角を倒しました。

強くなったなー!!これも関羽のおかげでしょうか。

しかし、ストーリーモードはまだ続く。どうやら次の強敵は董卓になりそうな展開ですね。

ということはあの呂布も登場してくるでしょう。

まだまだ強くならないといけませんね!

 

【今回の三国志登場人物紹介:法正

 

敵の中ボスとして登場した法正(ほうせい)をご紹介しましょう。

蜀の軍師ですね。劉備に信頼され、あの「定軍山の戦い」では見事に敵の裏を突き、

魏の大将である夏候淵を討ち取る成果をあげました。このゲームでは蝶々が法正のイメージのようです。

ちなみにあの曹操から「なぜ法正を手に入れることができなかったのか」と悔やまれたほどの存在です。

 

ということで「幻想少女」ゲーム中継3回目はここまでです。

もう少し強くなって皆さんに自慢したいのですが、これだとまだまだかな。

皆さんはどれくらい強くなっていますか?

それではまたの機会に。ごきげんよう。

 

次回記事:【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!

 

ダウンロードはコチラはこちら




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  3. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  4. ボロボロになった馬超 馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?
  5. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  6. 法正と劉備 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  7. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  8. 曹丕 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 詩
  2. 袁家をイジメる董卓
  3. 張良と劉邦

おすすめ記事

  1. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  2. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介
  4. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  5. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  6. 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある? 篤姫

三國志雑学

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 趙雲
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  2. 関羽神様

おすすめ記事

【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった? 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは? 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊! これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP