曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの?

この記事の所要時間: 228




 

蜀のチート丞相として知られる諸葛孔明

彼は劉備亡き後、魏を討伐するために蜀軍を率いて幾度も北伐を敢行しますが、

中々成果を上げることができませんでした。

そんな彼ですが幾度目かの北伐戦の最中兵士達にある約束をします。

兵士たちは孔明が布令してくれた約束に感激し、

魏の大軍がやってきた時にいつも以上の力を出して奮戦したそうです。

今回は孔明が兵士たちに布令した政策についてお話したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?




祁山へ出陣

 

孔明は蜀軍8万を率いて漢中を抜けて祁山(きざん)に出陣します。

彼はこの地に防御工事を施して長期間駐屯できるようにし、

魏軍がやってきても少数の兵士で守りきれるようにします。

孔明は祁山の防御工事が終了すると少数の兵士でこの地を守りきれることから、

ある命令を布令します。




10分の1を休養させるために国へ帰す

 

孔明は兵士達の休養を目的として8万の蜀軍の内8千を国へ帰す布令を施行。

兵士達は孔明の布令に従って毎月数十日ほど交代で国へ帰っていくことになります。

そんな中司馬仲達(しばちゅうたつ)が大軍を率いて蜀軍を攻撃するためにやってきます。

仲達は蜀の要害である剣閣(けんかく)へ向かって行軍。

孔明の部下は孔明へ「魏の大軍が蜀の要害の地である剣閣へ向かって進軍しております。

我が軍は魏軍に比べて兵力で劣っているため先ほど出された布令をとりあえず1ヶ月ほど

やめて全軍で魏軍に当たるほうがいいのではないのでしょうか。」と進言。

しかし孔明はこの進言を採用することはありませんでした。

なぜ孔明はこの進言を採用しなかったのでしょうか。

 

「信義に関わることだから」by孔明

 

孔明がなぜ部下の進言を取り上げなかったのか。

その理由を孔明はこのように説明しております。

孔明は進言してきた部下に

「私は蜀軍の総司令官として軍勢を率いているのを知っているだろう。

私が軍勢を率いるために大切にしているのは信義である。

私は先ほど兵士達へ休養を目的として帰還を命じたが、

この命令を危機が迫ってきたからといって中止してしまえば、

兵士と私との間の信頼関係は崩れ去り、

兵士達は私の言うことを今後一切聞かなくなるであろう。

また兵士の家族は兵士達が帰還することを知っており、

彼らの奥さんや家族たちは彼らが帰ってくることを心待ちにしているはずだ。

それらの期待を裏切るわけにはいかないからこの命令を中止するわけにはいかない。」と

説明します。

孔明の部下はこの話を聞いて納得し自らの進言を取り下げて魏軍迎撃へ出陣することになります。

そして兵士達にはいつも通り祁山から下山して国へ帰還するように命令を下します。

しかし兵士達はこの命令を聞いても納得しませんでした。

そしてある行動に出ます。

 

孔明様と一緒に戦いますぜ!!

 

兵士達は命令を下してきた蜀の将校へ「俺たちに優しく接してくれた孔明様を残して

戦場を離れるわけにはいきませんや。

俺ら帰らないで孔明様と一緒に戦いますぜ」と言って動きませんでした。

孔明は兵士達の言葉を聞いて感激し彼らの前に立って

「一緒に闘ってくれるか」と尋ねます。

すると兵士達は「当たり前じゃあないですか」と言い切ると全軍一丸となって、

魏軍迎撃に出陣。

そして魏軍をコテンパンに打ち破ることに成功し、

魏軍の名将・張郃(ちょうこう)を打ち取る大戦果を上げることに成功するのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

諸葛孔明は自軍の兵士達にも優しい政策を取ることで人望を集めることに成功。

もし彼が計算ずくでこのような行動を取っていたとしても、

当時の三国志の武将や文官達に孔明と同じようなことをしている人はいなかったでしょう。

兵士達からも人望を得ていた孔明こそ、

まさにチート宰相の名にふさわしい人物ではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  2. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  3. 謎多き登場人物、関索って何者?
  4. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ…
  6. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  8. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?
  2. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  3. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  4. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  5. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  6. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

おすすめ記事

  1. 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  2. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想
  3. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】
  4. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  5. ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男
  6. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  7. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  8. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP