はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?

袁家をイジメる董卓




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・上司を選べたらいいな」のコーナーです。

 

 

新年度も始まり、新入社員にとってはドキドキの中での日々の業務になっていることでしょう。

社会人としての常識も不慣れですし、

会社のルールもまだまだ把握できていないので失敗の連続ではないでしょうか。

上司や先輩に叱られることもあるのでは。

新入社員にとって失敗は当たり前。そこからたくさんの学んでいくのです。

ぜひ前向きに受け止めてください。

しかし理不尽に叱られるのは納得いきませんね。

人間として尊敬できない上司であればなおさらです。

学ぶことは何一つないかもしれません。

できれば「いい先輩」や「いい上司」に巡り合いたいものですね。

今回はこんな上司はどうだろう、ということについて触れていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?




上司:孫策の場合

 

小覇王の異名を持つ孫策(そんさく)が上司だとどうでしょうか。

人任せずにせずに自ら先頭に立ち、率先して行動していくタイプです。

かなりのリーダーシップを発揮してくれそう。

ついていけば業績はうなぎ上りであなたの出世の道も拓けていきます。

しかし孫策は恐ろしいほどバイタリティーに溢れ、野心がある人物ですので、休むことなど考えません。

ブラック企業など可愛いものです。

一緒に働けば、一日二十時間くらいぶっ通しで働き続けなければなりません。

これについていくには相当な覚悟と体力が必要です。

さらに使えない人材と思われたら完全に無視されそうなので、かなりシビアな毎日になるでしょう。

結果、ほぼ90%の確率であなたは過労死します。

 

関連記事:孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

関連記事:【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!




上司:董卓の場合

 

傍若無人さと残酷な人柄で有名な董卓(とうたく)

他の部署も董卓の威を恐れて横やりを入れてくることはありません。

とにかく董卓の命令に忠実に従っていれば、あとは好き勝手やっても大丈夫。

すべて董卓がもみ消してくれます。セクハラOK、パワハラOK、横領や賄賂も問題ありません。

董卓の指示を完璧にこなせばいいだけです。人の心を捨てて仕えれば気楽に楽しい人生を送れます。

ただし、董卓が失脚した瞬間にその部下たちは一斉に左遷されたり、

首を切られたりする恐れがあります。将来が不安ですね。

ただし、過労死などの心配はいりません。

結果さえ出せば、むしろ労働時間は通常の半分で大丈夫です。

 

関連記事:羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

上司:劉備の場合

 

理不尽に叱られることもなく、非情な扱いを受けることはありません。

どんなに能力が低くても、結果を出せなくても見捨てられることはないはずです。

劉備は親し気に声をかけてくれますし、あなたはストレスなく業務に集中できます。

が、劉備は志が高く、夢ばかり追っている傾向があり、業績につながらないことも多いです。

ボーナスは期待できませんし、昇給も諦めたほうがいいでしょう。

それでも仕事のやりがいを優先し、労働環境を重要視する人にはピッタリかもしれませんね。

 

上司:曹操の場合

 

とにかく仕事もプライベートも完璧なボスです。

時間の使い方も非常にうまく、社交性にも富んでいます。

的確なアドバイスもくれます。

やるときは徹底的にやるメリハリがありますので業績も上げつつ、休みもしっかり満喫できそうです。

ただし、曹操を慕っている人も多いので組織がどんどん大きくなり、

さらに素晴らしい人材が集まってくるので、

あなたがその集団の中で埋没しかねないという危険性もあります。

そんな競争の毎日の中で切磋琢磨して自分を高めたい人にはちょうどいいですね。

しかもその人の長所もしっかり見極めてくれるので適材適所に配置してくれます。

仕事ができる人にとっては、安心して業務できる環境です。まさに理想的の上司です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

他にも呂布関羽張飛諸葛亮孔明など、上司になったら・・・と想像してみると面白いですね。

今度はこの人が部下になったら大変!っていうのもやってみましょう。

 

皆さんも理想の上司像をぜひ考えてみてください。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  2. 関羽に惚れる曹操 もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた…
  3. 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期
  4. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  5. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  6. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  7. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  8. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉
  2. 織田信長
  3. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  4. 東京五輪のボランティア いだてん

おすすめ記事

  1. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 劉邦と張良と陳平
  2. 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは? 曹丕
  3. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  4. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 鱸魚を釣る左慈
  5. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選 甘寧と凌統
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

三國志雑学

  1. 劉備
  2. 曹操と機密保持
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 海賊時代の孫堅
  3. 三国志平話
  4. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

徳川家を守った篤姫 大奥の規模はどの位あったの? 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年11月29日〜12月4日) 明治政府の教育改革・学制とは? 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP