よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

この記事の所要時間: 221




 

対蜀戦で司馬懿が活躍する前に諸葛孔明と戦っていた曹真(そうしん)

彼は諸葛孔明が陳倉城(ちんそうじょう)へ攻撃を仕掛けてくると読み切って、

この城の防備をしっかりと固めた後、郝昭を陳倉城の守将として配置。

曹真の読み通り孔明は陳倉城へ攻撃を仕掛けてくるのですが、

曹真が施した防備と郝昭の粘りつよい戦い方によって、

孔明は撤退していくことになります。

対蜀戦で活躍していた曹真ですが、

対蜀戦で活躍する前はどのような活躍をしていたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!




孤児になった曹真

 

曹真は曹操の一族にあたる人物です。

父・曹邵(そうしょう)は曹操が挙兵した際彼と一緒に挙兵しようと考え、

兵を集めておりましたが殺害されてしまいます。

また一説によると曹真は秦氏であり、

曹真の父と曹操は非常に仲が良かったそうです。

そんなある日曹操が袁術の軍勢に追い詰められた時曹真の父が曹操の逃亡に協力。

袁術の配下達は曹操が曹真の父の所に逃げ込んだことを知ると

「曹操がこの家に入ったのは知っている。やつはどうした」と厳しく追及。

すると曹真の父親は曹操の顔を知らない袁術の兵士達に「俺が曹孟徳だ」と

曹操の身代わりになって殺されてしまったそうです。

曹操は曹真の父親が自らの犠牲になって亡くなったことに恩を感じて、

孤児となった曹真を引き取られます。

曹真は曹操に引き取られたことによって秦姓を捨てて曹姓を名乗ることになるのです。




虎豹騎を率いて各地で活躍

 

曹真は曹家に引き取られてから曹操と一緒に狩りに出かけた際、

虎に追い回されることになります。

この時曹真は全速力で馬を疾駆させ虎を追い抜いた後、

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を殺害。

曹操はこの曹真の弓矢の上手さに感嘆し、

彼に精鋭騎馬隊である虎豹騎(こひょうき)を任せることにします。

曹真は虎豹騎を任せられると各地の戦で活躍し将軍の位を与えられ、

劉備軍が漢中で夏侯淵を討ち取った際曹操は曹真に徐晃(じょこう)らを指揮。

曹真は徐晃ら歴戦の武将達を指揮して劉備軍の武将を撃破する活躍を見せております。

その結果、曹真は侯の位と鎮西将軍(ちんせいしょうぐん)の位を与えられることになります。

 

関連記事:【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

 

孫権討伐戦でも活躍

 

曹真はその後も涼州の賊徒討伐戦などで武功をあげ、

魏の初代皇帝である曹丕孫権討伐を行った際に従軍することになります。

彼はこの時に上軍大将軍の位を与えられ、

軍事を指揮する証であるマサカリと旗を曹丕から与えられることになります。

曹真は曹丕孫権討伐では孫権軍の軍事拠点の一つである

牛渚(ぎゅうしょ)を陥落させて手柄を上げており、

曹家の重鎮としての力を国内外に見せつけるのです。

曹丕が病にかかって亡くなった時には曹丕から遺命を受け、

曹叡を補佐する四人のうちの一人に任命されております。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

対蜀戦では蜀のスーパー丞相諸葛孔明と戦いますが倒すことができませんでした。

また蜀へ攻め込んだ際には大雨にあってしまい、

蜀へ侵攻することができずに何の戦果を上げることができずに撤退することになります。

対蜀戦ではあまり華々しい戦果を挙げることができなかった曹真ですが、

彼も曹休と同じく無能な将軍ではなく、

曹氏を背負って立つ人材としては申し分ない実力を持った人材ではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  2. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  3. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  4. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  5. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  6. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  7. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  8. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  2. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  4. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  5. 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示
  6. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか? 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!? 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!
  2. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  3. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー
  4. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について
  5. 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  6. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  7. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  8. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP