対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

対蜀戦で司馬懿が活躍する前に諸葛孔明と戦っていた曹真(そうしん)

彼は諸葛孔明が陳倉城(ちんそうじょう)へ攻撃を仕掛けてくると読み切って、

この城の防備をしっかりと固めた後、郝昭を陳倉城の守将として配置。

曹真の読み通り孔明は陳倉城へ攻撃を仕掛けてくるのですが、

曹真が施した防備と郝昭の粘りつよい戦い方によって、

孔明は撤退していくことになります。

対蜀戦で活躍していた曹真ですが、

対蜀戦で活躍する前はどのような活躍をしていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!


孤児になった曹真

 

曹真は曹操の一族にあたる人物です。

父・曹邵(そうしょう)は曹操が挙兵した際彼と一緒に挙兵しようと考え、

兵を集めておりましたが殺害されてしまいます。

また一説によると曹真は秦氏であり、

曹真の父と曹操は非常に仲が良かったそうです。

そんなある日曹操が袁術の軍勢に追い詰められた時曹真の父が曹操の逃亡に協力。

袁術の配下達は曹操が曹真の父の所に逃げ込んだことを知ると

「曹操がこの家に入ったのは知っている。やつはどうした」と厳しく追及。

すると曹真の父親は曹操の顔を知らない袁術の兵士達に「俺が曹孟徳だ」と

曹操の身代わりになって殺されてしまったそうです。

曹操は曹真の父親が自らの犠牲になって亡くなったことに恩を感じて、

孤児となった曹真を引き取られます。

曹真は曹操に引き取られたことによって秦姓を捨てて曹姓を名乗ることになるのです。


虎豹騎を率いて各地で活躍

 

曹真は曹家に引き取られてから曹操と一緒に狩りに出かけた際、

虎に追い回されることになります。

この時曹真は全速力で馬を疾駆させ虎を追い抜いた後、

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を殺害。

曹操はこの曹真の弓矢の上手さに感嘆し、

彼に精鋭騎馬隊である虎豹騎(こひょうき)を任せることにします。

曹真は虎豹騎を任せられると各地の戦で活躍し将軍の位を与えられ、

劉備軍が漢中で夏侯淵を討ち取った際曹操は曹真に徐晃(じょこう)らを指揮。

曹真は徐晃ら歴戦の武将達を指揮して劉備軍の武将を撃破する活躍を見せております。

その結果、曹真は侯の位と鎮西将軍(ちんせいしょうぐん)の位を与えられることになります。

 

関連記事:【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊


孫権討伐戦でも活躍

 

曹真はその後も涼州の賊徒討伐戦などで武功をあげ、

魏の初代皇帝である曹丕が孫権討伐を行った際に従軍することになります。

彼はこの時に上軍大将軍の位を与えられ、

軍事を指揮する証であるマサカリと旗を曹丕から与えられることになります。

曹真は曹丕の孫権討伐では孫権軍の軍事拠点の一つである

牛渚(ぎゅうしょ)を陥落させて手柄を上げており、

曹家の重鎮としての力を国内外に見せつけるのです。

曹丕が病にかかって亡くなった時には曹丕から遺命を受け、

曹叡を補佐する四人のうちの一人に任命されております。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

対蜀戦では蜀のスーパー丞相諸葛孔明と戦いますが倒すことができませんでした。

また蜀へ攻め込んだ際には大雨にあってしまい、

蜀へ侵攻することができずに何の戦果を上げることができずに撤退することになります。

対蜀戦ではあまり華々しい戦果を挙げることができなかった曹真ですが、

彼も曹休と同じく無能な将軍ではなく、

曹氏を背負って立つ人材としては申し分ない実力を持った人材ではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 孟嘗君
  2. おんな城主 直虎
  3. 華雄と呂布
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP