架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての魏

対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

この記事の所要時間: 221




 

対蜀戦で司馬懿が活躍する前に諸葛孔明と戦っていた曹真(そうしん)

彼は諸葛孔明が陳倉城(ちんそうじょう)へ攻撃を仕掛けてくると読み切って、

この城の防備をしっかりと固めた後、郝昭を陳倉城の守将として配置。

曹真の読み通り孔明は陳倉城へ攻撃を仕掛けてくるのですが、

曹真が施した防備と郝昭の粘りつよい戦い方によって、

孔明は撤退していくことになります。

対蜀戦で活躍していた曹真ですが、

対蜀戦で活躍する前はどのような活躍をしていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!




孤児になった曹真

 

曹真は曹操の一族にあたる人物です。

父・曹邵(そうしょう)は曹操が挙兵した際彼と一緒に挙兵しようと考え、

兵を集めておりましたが殺害されてしまいます。

また一説によると曹真は秦氏であり、

曹真の父と曹操は非常に仲が良かったそうです。

そんなある日曹操が袁術の軍勢に追い詰められた時曹真の父が曹操の逃亡に協力。

袁術の配下達は曹操が曹真の父の所に逃げ込んだことを知ると

「曹操がこの家に入ったのは知っている。やつはどうした」と厳しく追及。

すると曹真の父親は曹操の顔を知らない袁術の兵士達に「俺が曹孟徳だ」と

曹操の身代わりになって殺されてしまったそうです。

曹操は曹真の父親が自らの犠牲になって亡くなったことに恩を感じて、

孤児となった曹真を引き取られます。

曹真は曹操に引き取られたことによって秦姓を捨てて曹姓を名乗ることになるのです。




虎豹騎を率いて各地で活躍

 

曹真は曹家に引き取られてから曹操と一緒に狩りに出かけた際、

虎に追い回されることになります。

この時曹真は全速力で馬を疾駆させ虎を追い抜いた後、

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を殺害。

曹操はこの曹真の弓矢の上手さに感嘆し、

彼に精鋭騎馬隊である虎豹騎(こひょうき)を任せることにします。

曹真は虎豹騎を任せられると各地の戦で活躍し将軍の位を与えられ、

劉備軍が漢中で夏侯淵を討ち取った際曹操は曹真に徐晃(じょこう)らを指揮。

曹真は徐晃ら歴戦の武将達を指揮して劉備軍の武将を撃破する活躍を見せております。

その結果、曹真は侯の位と鎮西将軍(ちんせいしょうぐん)の位を与えられることになります。

 

関連記事:【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

 

孫権討伐戦でも活躍

 

曹真はその後も涼州の賊徒討伐戦などで武功をあげ、

魏の初代皇帝である曹丕が孫権討伐を行った際に従軍することになります。

彼はこの時に上軍大将軍の位を与えられ、

軍事を指揮する証であるマサカリと旗を曹丕から与えられることになります。

曹真は曹丕の孫権討伐では孫権軍の軍事拠点の一つである

牛渚(ぎゅうしょ)を陥落させて手柄を上げており、

曹家の重鎮としての力を国内外に見せつけるのです。

曹丕が病にかかって亡くなった時には曹丕から遺命を受け、

曹叡を補佐する四人のうちの一人に任命されております。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

対蜀戦では蜀のスーパー丞相諸葛孔明と戦いますが倒すことができませんでした。

また蜀へ攻め込んだ際には大雨にあってしまい、

蜀へ侵攻することができずに何の戦果を上げることができずに撤退することになります。

対蜀戦ではあまり華々しい戦果を挙げることができなかった曹真ですが、

彼も曹休と同じく無能な将軍ではなく、

曹氏を背負って立つ人材としては申し分ない実力を持った人材ではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  2. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  3. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  4. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  5. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  6. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  7. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…
  8. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  2. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?
  3. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  4. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  5. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  6. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな! スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・ 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!? 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

おすすめ記事

  1. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生
  2. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  3. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破
  4. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  5. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  6. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  7. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP