キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

 

放置少女をはじめて数日が経ちました・・・・。

放置少女の黒田レンをタイトル通りに放置しておりました。

すると・・・・かなりの成長を遂げており、

新しい仲間とも出会うことができました。

今回は放置少女の主人公・黒田レンがどの程度成長したか、

彼女の成長ぶりを皆さんにお見せしたいと思います。

そして新しく加わった仲間はネコ!?とコラボレーションしたあの人でした。

 

前回記事:【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!

 

アプリのダウンロードはこちら

黒田レンと放置少女のプレイ日記その5:レベルが一気に上がってる!?

 

レンは「放置少女」のタイトル通り放置していれば、

勝手に放置少女の主人公・黒田レンが強くなるのではないかと考え放置。

そして久々にログインして見ます。

すると・・・・。

黒田レンのレベルが1から12になっており、

びっくりしてスマホを危うく落とすところでした。

なぜこんなにレベルがあがったのか。

それは放置していると勝手に敵と戦い

自動的にレベルが上がっていく仕組みになっているからでした。

なるほど・・・・まさに放置して少女が勝手に強くなっていくのか。

「放置少女」のタイトルに一人で納得した黒田レンでした。

さて色々な機能を使うことができたので早速試してみたいと思います。

 

 アプリのダウンロードはこちら

 

黒田レンと放置少女のプレイ日記その6:装備を整えよう

 

放置少女のホーム画面から陣営ボタンをタップすると黒田レンが登場。

この可愛らしい黒田レンをしげしげと眺めていると緑色の文字で「選択」とあります。

貂蝉(ちょうせん)曰く

「このボタンをタッチして装備を選択すると装備品を装着できるそうです。」

早速レンは黒田レンの装備を整えるため選択ボタンをタッチ。

すると装備品の一覧が出現。

今回は今一番強い能力を備えている易経(えききょう)を装備します。

 

 

易経を装備すると体力・知力・MP上限などのパラメーターが上昇することに。

早速黒田レンを強力な主人公にするため、付けられる装備をバシバシつけていくことに。

その結果戦力が一気に上昇。

 

 

そしてレンが今回新しく覚えたスキル「三昧真火」を装備。

こうして強くなったレンにあの子がやって来ます。

それは・・・・。

 

黒田レンと放置少女のプレイ日記その7:ネコミミ月英登場!!

 

なんと強くなったレンに仲間が加わります。

その仲間は孔明の奥さんである黄月英ですが、

彼女の頭の上に気になるものが生えておりました。

それはネコミミです。

黄月英にネコミミ・・・・。

三国志の概念を完全に覆すことになるコラボレーション。

しかし非常に可愛らしく黄月英が美少女化されており、

レンとしてはありな気がするのですが・・・・。

ネコミミ黄月英にも装備をしっかりと装着して戦力をアップし、

黒田レン・ネコミミ月英のふたりは新しい戦場へ出陣することになります。

 

黒田レンと放置少女のプレイ日記その8:黄巾賊首領・張角との戦い

 

こうして強くなった黒田レンは黄巾賊の張梁(ちょうりょう)・張宝兄弟を撃破。

 

 

そして黄巾賊の首領である張角と決戦を行うことに。

張角のレベルは8でした。

これ楽勝じゃん!!

と思っていたレン。

さて戦いは一体どうなることに・・・・。

 

レンの予想通り張角はあっけなく黒田レン・ネコミミ月英コンビに撃破されてしまうのでした。

めちゃくちゃ強くなってんじゃん黒田レン。

調子に乗って次のボスへLet’s Go !!。

 

黒田レンと放置少女のプレイ日記その9:暴君・董卓に勝てるのか??

 

張角を瞬殺した黒田レン・黄月英コンビ。

このまま次なるボスに挑戦することにします。

次なるボスは三国志一の暴虐者・董卓(とうたく)です。

早速黒田レン・黄月英コンビは董卓と戦うことに。

さて結果はどうなるのでしょうか。

結果は・・・・黒田レン・ネコミミ月英コンビが董卓に圧勝。

戦利品をがっぽりゲットして勝利を飾るのでした。

 

黒田レンと放置少女のプレイ日記その10:デイリーミッションをクリアしよう

 

董卓を倒したので一度ホーム画面にリターン。

すると任務の所に赤い点が表示されていることに気付きタップすることに。

任務にはデイリーミッション

 

 

メインミッション

 

 

功績の三つに分れており、

 

 

クリアすると銅貨や元宝、強化石などが報酬としてもらえます。

早速いくつかクリアしているので報酬をゲット!!。

こうして少しずつ成長していくレンでした。

 

黒田レンの第二回放置少女プレイ日記まとめ

 

さて第二回目となる放置少女プレイ日記。

今回は第一回目とは比べ物にならないくらい強くなっており、

放置すればするほど強くなることが判明しました。

これなら毎日忙しい方でも放置していれば強くなり、

アプリから通知が来た時にログインすればいいので、

毎回チェックする必要もありません。

こんなに素晴らしい三国志を体感できるのは放置少女だけです。

今回レンはひとつ気づいたことがあります。

それは現在放置少女でイベントが実施されていることです。

レンはまだこのイベントに参加していないのですが、

第三回では放置少女で開催されているイベントにも参加してみたいと思います。

 

 アプリのダウンロードはこちら

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭嘉を採用する曹操 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  2. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  3. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  4. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  5. 担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  7. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  8. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 榎本武揚
  2. 丸木舟(弥生時代)
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  5. 華雄(かゆう)

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  2. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族
  3. 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート
  5. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  6. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 亡くなる卑弥呼

三國志雑学

  1. 魯粛
  2. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  3. 劉禅 韓非子
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 陸遜の部下の兵士
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

袁術と呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。 甘寧 裏切る ゆるキャラ 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ 政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP