よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は?

この記事の所要時間: 351




 

キングダムウォッチャーkawausoは、最近不愉快な事があります。

それは、我らが娘軍師、河了貂(かりょうてん)こと、テンちゃんが

かなりのポンコツになっている事です。

 

昌平君の軍師学校では、結構、優秀だったのに、秦国統一編での毐(あい)国の乱では、

封が切られた昌平君からの暗号の内容を見抜いて即座に咸陽に取って返したのに・・

黒羊丘編では、丘の右側を奪取する手柄を立てたのに・・

最近の鄴攻略戦では、貫禄のある王翦(おうせん)に振り回されてばかりなのです。

どうして、こうもポンコツになったのでしょうか?

今回、キングダムは合併号でお休みなので、そんな所を深読みしてみます。

 

前回記事:キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




キングダム 深読み1 ドジっ娘特性を強調する為にヘマをさせている

 

河了貂のキャラクターの魅力とは、その健気なドジっ娘特性にあります。

彼女と対極に位置する羌瘣(きょうかい)が、何事もクールにこなす

天才型であるのに比較してテンちゃんは、信と同じように、

汗をかいてベソをかいて失敗しながら本質を掴みます。

 

実際に、著雍争奪戦では、初日から前線に出過ぎた事で魏の筍早(じゅんそう)に

捕まっています。

大失態ですが、咄嗟の判断で羌瘣に荀早を捕まえさせる事で人質交換が成立

後の勝利に繋がっています。

 

元々、女軍師をいう立ち位置も、同じく女性ながら、武人の羌瘣に対して、

自分には何もないという焦りから自ら決意して軍師学校の門を叩いた位ですから、

ド根性のレベルでは、信並みと考えて間違いないでしょう。

 

今は、全ての判断において、王翦の決断の後追いになってカッコ悪いのですが

そのドジっ娘特性を活かし、鄴戦でも、どこかの場面で培った能力を開化させて

勝利に貢献するのではないでしょうか?




キングダム 深読み2 王翦楊端和のかませ犬を演じているだけ

 

新キャラクターを目立たせるのに一番有効なのは、それまでのキャラをポンコツにする事

このセオリーに基づいて、河了貂は、あえてポンコツになっている可能性もあります。

注意深く、今回の鄴攻略戦を見ていると、何もテンちゃんだけではなく、

桓騎(かんき)は別として、王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)も、

やや、ぼんやりとポンコツ化している事に気がつきます。

 

信なんかは、ポンコツのコツで、列尾を力攻めする楊端和(ようたんわ)を、

「顔がいいだけで頭はバカなんじゃないのか?」とdisって赤恥をかいています。

王翦が、鄴を攻めずに周辺の7城を攻め落とすと言いだすと、テンちゃんは、

蒙恬に「これは無謀だ全滅する」と愚痴をこぼす始末でした。

 

これまでの流れでは、王翦の一強、それを追って桓騎、後は横並びなので、

王翦が際立っていると言えると思うのです。

このポイントに立つと、王翦の戦略が見えるに従い、テンちゃんのポンコツも

段々と改善されていくと思われます。

 

キングダム 深読み3 ライバル達との間に能力差を感じ引退する・・

 

キングダムは、志を繋いでいく物語です。

信は、最初は漂(ひょう)、次には王騎(おうき)麃公(ひょうこう)というように、

先人達の思いを受け継いで強くなっていきます。

このように考えると、軍師として活躍してきた河了貂も、ライバル達との間の

能力差に苦しんで引退するという伏線もありかと思うのです。

 

「えー?河了貂、そこそこ使えるじゃん」

 

という声もあるかと思いますが、テンちゃんは、自ら武器を取らないまでも

自分の策略で味方や敵を殺している事に常に負い目を感じています。

 

ですから、自分以上の軍略を持つ人物が現われて、飛信隊の頭脳になるなら

潔く引退して、軍師の役割から降りるでしょう。

また、河了貂は、信を支える意志から軍師になっているので、

別の将軍の軍師に転任する事は考えにくいのです。

 

そして、以後は信の嫁として、精神面から信を支えていく、

というような展開になるのではないでしょうか?

 

あるいは、壮絶編としては、自身の生涯最期の計略と共に、

自らの生命を燃やして、しかる後に残酷な死を迎えるかも知れません。

 

関連記事:【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!

関連記事:王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!

 

キングダムウォッチャー kawausoの独り言

 

kawauso個人としては、壮絶編の死に方はあまり嬉しくありません。

元々、祖父と二人で暮らしていて家族の縁に恵まれなかったテンちゃんには

飛信隊は家族も同然ですから、どうか信とくっついて子供に恵まれ、

暖かい家庭を築くというラストであってほしいですね。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない…
  3. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦…
  4. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  5. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  6. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…
  7. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  8. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  3. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】
  4. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  5. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  6. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは? 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝 90話:張任によって龐統討たれる 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!? 呂布、ナイスシュート! 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  2. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  3. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  4. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  5. 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介
  6. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  7. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  8. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP