帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習

この記事の所要時間: 255




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の理解できない文化」のコーナーです。

 

国が違うと文化も変わるのは当然の話です。

日本の文化は、中華の影響を大きく受けて発展していきましたから、

我々日本人は西洋よりも中華の文化の方が抵抗なく理解できそうです。

三国志の中にも盛んに登場する「忠」や「義」の観念は日本人も共感できますね。

しかし中にはまったく理解できない文化も存在するのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?




明清時代の風習

 

「三国志演義」を書いた羅貫中は明の初期の人ですし、

三国志演義を改訂した毛綸、毛宗崗の親子はその後の清の時代の人です。

ですから三国志演義にはその当時の思想が込められています。

そのひとつが「理想の義や孝の追及」です。

それ自体は日本人にも受け入れやすい話なのですが、その実践の仕方が問題でした。

明の時代(14世紀~17世紀)に「割股」という風習がややブームになります。

これに関してやや説明しますが、食事中の人は読むのを後にしてください。

かなりどぎつい内容です。

簡単にお話すると、自分の肉をそいで病気の親に食べさせるという風習で、

当時は最高ランクの孝行とされています。

嫁が自分の肉を病気になった姑に食べさせた、なんてことがあったようですね。

迷信じみていますが、人肉の一部は他の獣肉よりも病気に効果があると信じられていたそうです。

親への孝行の感情がこもっている分、その肉にはさらに治癒力があったようです。

正直、信じられないような話ですが、そんな文化も中華にはあったということです。

さすがに今はないと思いますが、清の時代まで続いていたということですから、

それって20世紀まで存在したということになるのかもしれません。




三国志演義の第19回に登場

 

 

これは三国志演義に登場するエピソードになります。

吉川英治先生は著書の「三国志」の作者コメントで、

このエピソードに対して、理解できない文化であり不快であると記しています。

第19回、徐州を呂布に奪われ、曹操のもとに逃げる劉備の話です。

途中、劉安という猟師の家に宿を借ります。呂布の追撃の手もあったかもしれませんし、

賊徒に襲撃されることもあったかもしれません。

疲弊して逃避行を続けていた劉備のために、劉安は狼の肉を料理して食べさせます。

劉備はそれをむさぼり食べました。もしかすると何日も食料を口にしていなかったのかもしれません。

劉備は満足して眠ってしまいます。

翌朝、劉備は厨房で腕を切り取られた劉安の妻の姿を発見します。

劉安の妻はすでに死んでいました。劉安は肉が何も用意できなかったので、

妻を殺してその肉を料理していたのです。

衝撃の事実です。スプラッタホラー映画を超える展開です。

皆さんが劉備の立場だったらどうします?恐ろしさと気持ち悪さで吐くでしょう?

劉安の精神状態も疑うと思います。

しかし、このときの劉備は涙を流して感謝し、劉安を自分の部下にしようとするのです。

理解に苦しむエピソードですね。

 

孝>忠

 

この行為は劉安の劉備への「忠」を示しているそうです。

その忠に劉備も応えようと誘いますが、劉安は年老いた母を残してはいけないと断ります。

当時は「忠」よりも、一族への「孝」が重んじられていましたから、

劉安のこの返答も立派なものなのです。

妻を殺して他人に食べさせておいて、老母は放置してはおけないとはまた極端な話ですね。

ちなみにこの話を後日劉備から聞いた曹操は、その忠と孝に感心して、

金百両を届けさせたということです。

つまり劉備だけが特殊なわけではなく、これが当時の共通した認識だったことになります。

(あくまでも明と清の時代の共通認識だと思いますが)

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

一つだけ補足しますが、食べたくて食べたわけではありません。

主食にしていたわけではありませんので勘違いしないでくださいね。

忠と孝が試されるときの話です。

意味わかんねー!っていう読者の皆さんばかりだと思いますが、

1000年後の人類が現代を見た時に

「うわ、動物の肉食べてる、残酷、信じられねー文化!」ってなっているかもしれませんよ。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…
  2. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  3. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  5. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  6. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  7. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  3. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  4. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  5. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  6. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟

おすすめ記事

  1. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  2. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  3. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  4. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  5. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ
  6. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  7. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  8. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP