ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の理解できない文化」のコーナーです。

 

国が違うと文化も変わるのは当然の話です。

日本の文化は、中華の影響を大きく受けて発展していきましたから、

我々日本人は西洋よりも中華の文化の方が抵抗なく理解できそうです。

三国志の中にも盛んに登場する「忠」や「義」の観念は日本人も共感できますね。

しかし中にはまったく理解できない文化も存在するのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?




明清時代の風習

 

三国志演義」を書いた羅貫中は明の初期の人ですし、

三国志演義を改訂した毛綸、毛宗崗の親子はその後の清の時代の人です。

ですから三国志演義にはその当時の思想が込められています。

そのひとつが「理想の義や孝の追及」です。

それ自体は日本人にも受け入れやすい話なのですが、その実践の仕方が問題でした。

明の時代(14世紀~17世紀)に「割股」という風習がややブームになります。

これに関してやや説明しますが、食事中の人は読むのを後にしてください。

かなりどぎつい内容です。

簡単にお話すると、自分の肉をそいで病気の親に食べさせるという風習で、

当時は最高ランクの孝行とされています。

嫁が自分の肉を病気になった姑に食べさせた、なんてことがあったようですね。

迷信じみていますが、人肉の一部は他の獣肉よりも病気に効果があると信じられていたそうです。

親への孝行の感情がこもっている分、その肉にはさらに治癒力があったようです。

正直、信じられないような話ですが、そんな文化も中華にはあったということです。

さすがに今はないと思いますが、清の時代まで続いていたということですから、

それって20世紀まで存在したということになるのかもしれません。




三国志演義の第19回に登場

 

 

これは三国志演義に登場するエピソードになります。

吉川英治先生は著書の「三国志」の作者コメントで、

このエピソードに対して、理解できない文化であり不快であると記しています。

第19回、徐州を呂布に奪われ、曹操のもとに逃げる劉備の話です。

途中、劉安という猟師の家に宿を借ります。呂布の追撃の手もあったかもしれませんし、

賊徒に襲撃されることもあったかもしれません。

疲弊して逃避行を続けていた劉備のために、劉安は狼の肉を料理して食べさせます。

劉備はそれをむさぼり食べました。もしかすると何日も食料を口にしていなかったのかもしれません。

劉備は満足して眠ってしまいます。

翌朝、劉備は厨房で腕を切り取られた劉安の妻の姿を発見します。

劉安の妻はすでに死んでいました。劉安は肉が何も用意できなかったので、

妻を殺してその肉を料理していたのです。

衝撃の事実です。スプラッタホラー映画を超える展開です。

皆さんが劉備の立場だったらどうします?恐ろしさと気持ち悪さで吐くでしょう?

劉安の精神状態も疑うと思います。

しかし、このときの劉備は涙を流して感謝し、劉安を自分の部下にしようとするのです。

理解に苦しむエピソードですね。

 

孝>忠

 

この行為は劉安の劉備への「忠」を示しているそうです。

その忠に劉備も応えようと誘いますが、劉安は年老いた母を残してはいけないと断ります。

当時は「忠」よりも、一族への「孝」が重んじられていましたから、

劉安のこの返答も立派なものなのです。

妻を殺して他人に食べさせておいて、老母は放置してはおけないとはまた極端な話ですね。

ちなみにこの話を後日劉備から聞いた曹操は、その忠と孝に感心して、

金百両を届けさせたということです。

つまり劉備だけが特殊なわけではなく、これが当時の共通した認識だったことになります。

(あくまでも明と清の時代の共通認識だと思いますが)

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

一つだけ補足しますが、食べたくて食べたわけではありません。

主食にしていたわけではありませんので勘違いしないでくださいね。

忠と孝が試されるときの話です。

意味わかんねー!っていう読者の皆さんばかりだと思いますが、

1000年後の人類が現代を見た時に

「うわ、動物の肉食べてる、残酷、信じられねー文化!」ってなっているかもしれませんよ。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄忠の様子を見に行く趙雲 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説…
  2. 野球をする曹操と関羽と呂布 はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  3. 周瑜 死 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  4. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介…
  5. 郭嘉 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  7. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  8. 孔明 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 金栗四三 いだてん
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 曹操
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 後藤象二郎
  6. 馬超 vs 許褚
  7. 三国志ライター よかミカンさん
  8. 廃仏毀釈

おすすめ記事

  1. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  2. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?
  3. キングダム616話最新ネタバレ「王翦の退路」考察レビュー kawauso
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  5. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  6. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう! お酒が強い篤姫

三國志雑学

  1. 劉曄
  2. ヤンキー
  3. 北伐する孔明
  4. 関羽千里行 ゆるキャラ
  5. 兵士 朝まで三国志


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. キングダム 戦国七雄地図
  4. 曹操と機密保持
  5. 貂蝉
  6. 明智光秀 麒麟がくる
  7. 魏延
  8. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

程普 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮 五虎大将軍の黄忠 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いてないキャラ属性の増加っぷりに嫉妬する 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰? 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『読めない漢字(人名・地名・官位など)が多く困っている』 徳川家を守った篤姫 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える! 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの? 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの? 病気がちな孔明 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP