編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての魏

邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

この記事の所要時間: 258




 

今回のマイナー武将列伝に登場する人物は魏の邴原(へいげん)という人物です。

彼は学者としてその名を天下に轟かせていた人物ですが、

知っている人はほとんどいないと思います。

この人物を知っている人はガチの三国志マニアと言えるでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




寺子屋の主人に拾われる

 

邴原の家は超貧乏な家で日々の生活に苦しむような家でした。

そんな邴原の家の稼ぎ頭である父が幼い頃に亡くなってしまい母も居なかったため、

孤児になってしまいます。

彼は途方に暮れてしまい寺子屋の前で泣いておりました。

この寺子屋の主人は邴原を見て「どうして泣いているのだ」と声をかけます。

すると彼は「ここで学んでいる子供達には父・母がいて、

勉学ができて羨ましいと思って泣いているんです。」と述べます。

すると寺子屋の主人は「勉学したいなら教えてやるからいつでもこい」と優しい言葉をかけます。

そして邴原は寺子屋の主人の言葉に甘えて通う事にします。

彼は一所懸命勉学に励み、この寺子屋の子供達の中で、

一番の成績を収めるほどの成長を遂げることになります。




好きな物を絶って勉学に励む

 

邴原はその後一人で各地で名を挙げている学者・名士の元を訪れて勉学に励んでいきます。

頴川(えいせん)では陳羣の祖父である陳寔(ちんしょく)の元で勉学に励み、

涿では劉備も師事したことのある廬植(ろしゅく)の下で勉学に励みます。

彼は他にも色々なところを回って勉学に励んでいきます。

彼は酒が超好きだったのですが各地で勉学を学ぶ際に酒を絶って、

しっかりと学問に励んでいくことになります。

こうして各地の名士・学者の下で勉学を学んで歩いた彼は、

故郷である北海に帰ると孔融(こうゆう)の元で財務担当の役人として仕えることになります。

 

戦乱を避けて遼東へ

 

邴原は孔融に仕えておりましたが、

黄巾の乱が勃発すると孔融の元を去って戦乱を避けるために

遼東へ渡りこの地で生活することにします。

この地で彼は数十年過ごすことになり彼が住んでいた場所には多くの民衆が集まります。

彼が遼東を去る時には邴原の近くに住んでいた数百軒の人々が、彼との別れを惜しんだそうです。

 

門下生数百人が集まる

 

邴原は北海に帰ってくると学問所を開いて子供達へ学問を教えていきます。

彼が学問所を開いたことを聞きつけて多くの子供達が彼の学問所に入ってくることになります。

なんとその数は数百人に登り超有名な学問所として知られることに・・・・。

曹操は袁術らを撃ち破り三公の位である司空に任命されると邴原を召し出して、

彼に官職を与えて仕えさせます。

 

荀彧がベタ褒め

 

曹操は烏桓討伐を終えて鄴に駐屯します。

 

邴原は曹操が鄴へ到着したことを知ると一番最初に挨拶しに行きます。

曹操は彼に「君が一番最初に挨拶にしに来るとは思わなかった。

むしろ私は君がこないと思っていたが、私の期待を裏切って私の希望を叶えてくれるとは。

非常に嬉しいことだ」と手を取って彼を宴会に誘います。

邴原は曹操との会見が終わり自室で休憩していると烏桓討伐戦に参加していた諸将から挨拶を受け、

その数はなんと数百人にも登ったそうです。

曹操はどうして邴原へ挨拶に来る人々があんなに大勢いるのであろうか不思議であったため、

荀彧に相談します。

すると荀彧は「彼は現在の天下において非常に優れている人物でしょう。

殿は彼をしっかりと優遇していれば何の問題もありません。」と進言。

曹操は「安心しろ荀彧。わしはそのつもりである」と

荀彧の進言を受け入れ彼をその後も厚遇していくことにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

邴原は曹操から厚遇され続け彼は軍事に関連する役職を転々とするのですが、

病にかかってあまり赴任できませんでした。

しかし曹操は彼が赴任できなくてもクビにすることはありませんでした。

また曹操は邴原に曹丕の教育係を任命しており、

曹丕が意地の悪い質問を彼にしたことがありました。

だが邴原は曹丕の意地の悪い質問にも堂々とした態度で返答を行ったことで、

曹丕も彼の前ではいうことを聞いていたそうです。

曹操・荀彧から褒められたマイナー武将列伝の邴原をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  2. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  3. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  4. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  5. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?
  6. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  7. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  8. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  2. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  3. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  4. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖
  5. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  6. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 陳寿が語る孫権像 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性 孫権の妻たちは意外と知られてない? 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

おすすめ記事

  1. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  2. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  3. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  4. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  5. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  6. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  7. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP