朝まで三国志悪
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての魏

邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

この記事の所要時間: 258




 

今回のマイナー武将列伝に登場する人物は魏の邴原(へいげん)という人物です。

彼は学者としてその名を天下に轟かせていた人物ですが、

知っている人はほとんどいないと思います。

この人物を知っている人はガチの三国志マニアと言えるでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




寺子屋の主人に拾われる

 

邴原の家は超貧乏な家で日々の生活に苦しむような家でした。

そんな邴原の家の稼ぎ頭である父が幼い頃に亡くなってしまい母も居なかったため、

孤児になってしまいます。

彼は途方に暮れてしまい寺子屋の前で泣いておりました。

この寺子屋の主人は邴原を見て「どうして泣いているのだ」と声をかけます。

すると彼は「ここで学んでいる子供達には父・母がいて、

勉学ができて羨ましいと思って泣いているんです。」と述べます。

すると寺子屋の主人は「勉学したいなら教えてやるからいつでもこい」と優しい言葉をかけます。

そして邴原は寺子屋の主人の言葉に甘えて通う事にします。

彼は一所懸命勉学に励み、この寺子屋の子供達の中で、

一番の成績を収めるほどの成長を遂げることになります。




好きな物を絶って勉学に励む

 

邴原はその後一人で各地で名を挙げている学者・名士の元を訪れて勉学に励んでいきます。

頴川(えいせん)では陳羣の祖父である陳寔(ちんしょく)の元で勉学に励み、

涿では劉備も師事したことのある廬植(ろしゅく)の下で勉学に励みます。

彼は他にも色々なところを回って勉学に励んでいきます。

彼は酒が超好きだったのですが各地で勉学を学ぶ際に酒を絶って、

しっかりと学問に励んでいくことになります。

こうして各地の名士・学者の下で勉学を学んで歩いた彼は、

故郷である北海に帰ると孔融(こうゆう)の元で財務担当の役人として仕えることになります。

 

戦乱を避けて遼東へ

 

邴原は孔融に仕えておりましたが、

黄巾の乱が勃発すると孔融の元を去って戦乱を避けるために

遼東へ渡りこの地で生活することにします。

この地で彼は数十年過ごすことになり彼が住んでいた場所には多くの民衆が集まります。

彼が遼東を去る時には邴原の近くに住んでいた数百軒の人々が、彼との別れを惜しんだそうです。

 

門下生数百人が集まる

 

邴原は北海に帰ってくると学問所を開いて子供達へ学問を教えていきます。

彼が学問所を開いたことを聞きつけて多くの子供達が彼の学問所に入ってくることになります。

なんとその数は数百人に登り超有名な学問所として知られることに・・・・。

曹操は袁術らを撃ち破り三公の位である司空に任命されると邴原を召し出して、

彼に官職を与えて仕えさせます。

 

荀彧がベタ褒め

 

曹操は烏桓討伐を終えて鄴に駐屯します。

 

邴原は曹操が鄴へ到着したことを知ると一番最初に挨拶しに行きます。

曹操は彼に「君が一番最初に挨拶にしに来るとは思わなかった。

むしろ私は君がこないと思っていたが、私の期待を裏切って私の希望を叶えてくれるとは。

非常に嬉しいことだ」と手を取って彼を宴会に誘います。

邴原は曹操との会見が終わり自室で休憩していると烏桓討伐戦に参加していた諸将から挨拶を受け、

その数はなんと数百人にも登ったそうです。

曹操はどうして邴原へ挨拶に来る人々があんなに大勢いるのであろうか不思議であったため、

荀彧に相談します。

すると荀彧は「彼は現在の天下において非常に優れている人物でしょう。

殿は彼をしっかりと優遇していれば何の問題もありません。」と進言。

曹操は「安心しろ荀彧。わしはそのつもりである」と

荀彧の進言を受け入れ彼をその後も厚遇していくことにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

邴原は曹操から厚遇され続け彼は軍事に関連する役職を転々とするのですが、

病にかかってあまり赴任できませんでした。

しかし曹操は彼が赴任できなくてもクビにすることはありませんでした。

また曹操は邴原に曹丕の教育係を任命しており、

曹丕が意地の悪い質問を彼にしたことがありました。

だが邴原は曹丕の意地の悪い質問にも堂々とした態度で返答を行ったことで、

曹丕も彼の前ではいうことを聞いていたそうです。

曹操・荀彧から褒められたマイナー武将列伝の邴原をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武…
  2. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  3. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  4. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…
  5. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  6. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソ…
  7. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  8. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  2. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  3. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  4. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  5. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  6. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

初心者でもよくわかる『はじめての銀河英雄伝説』再アニメ化情報解禁記念! 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!? 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる! 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件 袁紹の評価が残念な6つの理由 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  2. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  3. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  5. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔
  6. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  7. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  8. ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP