ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

于禁、曹操、青州兵




 

曹操は優秀な人材が大好きでした。

彼の旗揚げ当初に参戦した荀彧(じゅんいく)には、

前漢の天才軍師である張良が来たと大はしゃぎし、

郭嘉(かくか)が仕官した際には彼の智謀を褒めて

「こやつが俺の大業をなしてくれるに違いない」とベタ褒めしております。

こんな人材大好きな曹操ですが彼の一番好きな人材は忠義に厚い人物でした。

今回は曹操の一番好きな忠義の武将BEST3をレンが勝手に決めましたので、

ご紹介したいと思います。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操が好きな忠義の武将BEST3:初代親衛隊長・典韋(てんい)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST3にランクインしたのは、

彼の初代親衛隊長を務めた典韋(てんい)です。

典韋は曹操に仕えいつでも彼の身辺を離れずに常に護衛をしておりました。

しかし一度曹操に降伏した張繍(ちょうしゅく)が反乱を起こします。

この時曹操は危機一髪で難を逃れることに成功するのですが、

彼が危機を脱することができた最大の要因は典韋の奮戦にあります。

彼は曹操の本陣を常に守っており、

張繍が反乱を起こした際にも得意の武器である戟(げき)をもって奮戦し、

曹操が張繍の包囲陣を脱出する時間を稼いでおります。

曹操は張繍軍に敗北した後、典韋のために墓を作って葬式を行い、

大いに泣いて哀悼の意を示したそうです。




曹操が好きな忠義の武将BEST2:二代目親衛隊長・許褚(きょちょ)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST2は二代目親衛隊長に就任した許褚(きょちょ)です。

かれは曹操に絶大な信頼を得ており、典韋と同じように曹操の身辺に侍り、

親衛隊の隊長として曹操を守ります。

彼の活躍として有名なのは関中十部連合軍VS曹操軍の戦いの時ではないのでしょうか。

この連合軍との初戦で、曹操はいきなり急地に立つことになります。

彼は諸将の軍勢に先に河を渡らせて、本陣を一番最後に渡らせようとします。

しかし諸将の軍勢の大半が河を渡った頃、

馬超率いる精鋭騎馬隊が曹操軍の本陣めがけて突撃してきます。

 

 

この時曹操を引っ担いで船に乗せていち早く陸を離れさせたのが親衛隊の隊長である許褚です。

彼は対岸から曹操めがけて射ち放ってくる弓矢を彼の前に立って、

盾を構えて曹操の前に立って守ります。

対岸にたどり着いた時には許褚の盾は弓矢がハリネズミみたいに弓矢が突き立っていたそうです。

 

 

許褚の働きによって曹操は命からがら河を渡ることに成功し、

「許褚がいなければわしはあそこで討たれていた。」と述べてそうです。

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1:何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽(かんう)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1は何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽でしょう。

曹操は関羽を一時期客将として臣下にいたとき、莫大な贈り物と将軍の位を与えて、

「俺に仕えないか。関羽」と幾度も誘っております。

しかし関羽は曹操の誘いを何度も断って彼の元を去ってしまいます。

そして後年孫呉の軍勢によって関羽が討ち死にした際、

曹操の元に孫権から関羽の首が送り届けれます。

この時に曹操は「関羽の胴体を木で作り、諸侯の格式で葬式を行う。」と宣言します。

当時敵将を諸侯の格式で葬式を行うことなどなかったため、

曹操軍の臣下達は大いに驚いたそうですが、

曹操は一向に気にすることなく彼を諸侯の格式で葬っております。

関羽一途な曹操の関羽愛が見て取れると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は曹操が好きな忠義の武将BEST3をレンが独断と偏見で勝手に決めつけてご紹介しました。

曹操は敵将でも忠義に厚い武将であれば登用しようと試みておりますが、

大概フラれてしまいます。

袁紹亡き後、鄴城を孤軍奮闘して守備していた審配(しんはい)を捕虜にした際に

曹操は「俺の仲間にならないか」と誘っておりますが、すげなく断られてしまいます。

忠義に厚い武将は利益では誘うことができないので中々難しいですが、

一度配下に加えることができれば、

死ぬまで裏切ることなく仕えてくれるので曹操も

忠義に厚いに武将を愛していたのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

関連記事:三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  2. 李広利 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  3. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  4. 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  5. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  6. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  7. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  8. 孔明 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  3. 張コウ 張郃
  4. 2つの持論を展開する費禕
  5. 亡くなる袁紹

おすすめ記事

  1. ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男
  2. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  3. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  4. 孫策の最強の武器なんと・・・・言葉とハンコ(玉璽) 玉璽
  5. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 曹操に憧れる荀彧
  6. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 孟嘗君

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 曹彰
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  5. キングダム53巻
  6. 徐晃と夏侯淵

おすすめ記事

キングダム キングダム596話ネタバレ雑学「大将軍」という地位は本当にあるの? 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 kawauso編集長 キングダム最新617話ネタバレ予想「馬南慈は蒙恬に討たれる?」 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 胡烈 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP