広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

この記事の所要時間: 253




 

曹操は優秀な人材が大好きでした。

彼の旗揚げ当初に参戦した荀彧(じゅんいく)には、

前漢の天才軍師である張良が来たと大はしゃぎし、

郭嘉(かくか)が仕官した際には彼の智謀を褒めて

「こやつが俺の大業をなしてくれるに違いない」とベタ褒めしております。

こんな人材大好きな曹操ですが彼の一番好きな人材は忠義に厚い人物でした。

今回は曹操の一番好きな忠義の武将BEST3をレンが勝手に決めましたので、

ご紹介したいと思います。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




曹操が好きな忠義の武将BEST3:初代親衛隊長・典韋(てんい)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST3にランクインしたのは、

彼の初代親衛隊長を務めた典韋(てんい)です。

典韋は曹操に仕えいつでも彼の身辺を離れずに常に護衛をしておりました。

しかし一度曹操に降伏した張繍(ちょうしゅく)が反乱を起こします。

この時曹操は危機一髪で難を逃れることに成功するのですが、

彼が危機を脱することができた最大の要因は典韋の奮戦にあります。

彼は曹操の本陣を常に守っており、

張繍が反乱を起こした際にも得意の武器である戟(げき)をもって奮戦し、

曹操が張繍の包囲陣を脱出する時間を稼いでおります。

曹操は張繍軍に敗北した後、典韋のために墓を作って葬式を行い、

大いに泣いて哀悼の意を示したそうです。




曹操が好きな忠義の武将BEST2:二代目親衛隊長・許褚(きょちょ)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST2は二代目親衛隊長に就任した許褚(きょちょ)です。

かれは曹操に絶大な信頼を得ており、典韋と同じように曹操の身辺に侍り、

親衛隊の隊長として曹操を守ります。

彼の活躍として有名なのは関中十部連合軍VS曹操軍の戦いの時ではないのでしょうか。

この連合軍との初戦で、曹操はいきなり急地に立つことになります。

彼は諸将の軍勢に先に河を渡らせて、本陣を一番最後に渡らせようとします。

しかし諸将の軍勢の大半が河を渡った頃、

馬超率いる精鋭騎馬隊が曹操軍の本陣めがけて突撃してきます。

 

 

この時曹操を引っ担いで船に乗せていち早く陸を離れさせたのが親衛隊の隊長である許褚です。

彼は対岸から曹操めがけて射ち放ってくる弓矢を彼の前に立って、

盾を構えて曹操の前に立って守ります。

対岸にたどり着いた時には許褚の盾は弓矢がハリネズミみたいに弓矢が突き立っていたそうです。

 

 

許褚の働きによって曹操は命からがら河を渡ることに成功し、

「許褚がいなければわしはあそこで討たれていた。」と述べてそうです。

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1:何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽(かんう)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1は何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽でしょう。

曹操は関羽を一時期客将として臣下にいたとき、莫大な贈り物と将軍の位を与えて、

「俺に仕えないか。関羽」と幾度も誘っております。

しかし関羽は曹操の誘いを何度も断って彼の元を去ってしまいます。

そして後年孫呉の軍勢によって関羽が討ち死にした際、

曹操の元に孫権から関羽の首が送り届けれます。

この時に曹操は「関羽の胴体を木で作り、諸侯の格式で葬式を行う。」と宣言します。

当時敵将を諸侯の格式で葬式を行うことなどなかったため、

曹操軍の臣下達は大いに驚いたそうですが、

曹操は一向に気にすることなく彼を諸侯の格式で葬っております。

関羽一途な曹操の関羽愛が見て取れると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は曹操が好きな忠義の武将BEST3をレンが独断と偏見で勝手に決めつけてご紹介しました。

曹操は敵将でも忠義に厚い武将であれば登用しようと試みておりますが、

大概フラれてしまいます。

袁紹亡き後、鄴城を孤軍奮闘して守備していた審配(しんはい)を捕虜にした際に

曹操は「俺の仲間にならないか」と誘っておりますが、すげなく断られてしまいます。

忠義に厚い武将は利益では誘うことができないので中々難しいですが、

一度配下に加えることができれば、

死ぬまで裏切ることなく仕えてくれるので曹操も

忠義に厚いに武将を愛していたのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

関連記事:三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  2. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  3. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5…
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  6. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい…
  7. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  8. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  2. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  3. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  4. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  5. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣
  6. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争 キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される! 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!

おすすめ記事

  1. 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  3. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  4. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  5. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  6. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  7. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  8. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP