曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

2017年5月14日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

曹操は優秀な人材が大好きでした。

彼の旗揚げ当初に参戦した荀彧(じゅんいく)には、

前漢の天才軍師である張良が来たと大はしゃぎし、

郭嘉(かくか)が仕官した際には彼の智謀を褒めて

「こやつが俺の大業をなしてくれるに違いない」とベタ褒めしております。

こんな人材大好きな曹操ですが彼の一番好きな人材は忠義に厚い人物でした。

今回は曹操の一番好きな忠義の武将BEST3をレンが勝手に決めましたので、

ご紹介したいと思います。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



曹操が好きな忠義の武将BEST3:初代親衛隊長・典韋(てんい)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST3にランクインしたのは、

彼の初代親衛隊長を務めた典韋(てんい)です。

典韋は曹操に仕えいつでも彼の身辺を離れずに常に護衛をしておりました。

しかし一度曹操に降伏した張繍(ちょうしゅく)が反乱を起こします。

この時曹操は危機一髪で難を逃れることに成功するのですが、

彼が危機を脱することができた最大の要因は典韋の奮戦にあります。

彼は曹操の本陣を常に守っており、

張繍が反乱を起こした際にも得意の武器である戟(げき)をもって奮戦し、

曹操が張繍の包囲陣を脱出する時間を稼いでおります。

曹操は張繍軍に敗北した後、典韋のために墓を作って葬式を行い、

大いに泣いて哀悼の意を示したそうです。

 



曹操が好きな忠義の武将BEST2:二代目親衛隊長・許褚(きょちょ)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST2は二代目親衛隊長に就任した許褚(きょちょ)です。

かれは曹操に絶大な信頼を得ており、典韋と同じように曹操の身辺に侍り、

親衛隊の隊長として曹操を守ります。

彼の活躍として有名なのは関中十部連合軍VS曹操軍の戦いの時ではないのでしょうか。

この連合軍との初戦で、曹操はいきなり急地に立つことになります。

彼は諸将の軍勢に先に河を渡らせて、本陣を一番最後に渡らせようとします。

しかし諸将の軍勢の大半が河を渡った頃、

馬超率いる精鋭騎馬隊が曹操軍の本陣めがけて突撃してきます。

 

 

この時曹操を引っ担いで船に乗せていち早く陸を離れさせたのが親衛隊の隊長である許褚です。

彼は対岸から曹操めがけて射ち放ってくる弓矢を彼の前に立って、

盾を構えて曹操の前に立って守ります。

対岸にたどり着いた時には許褚の盾は弓矢がハリネズミみたいに弓矢が突き立っていたそうです。

 

 

許褚の働きによって曹操は命からがら河を渡ることに成功し、

「許褚がいなければわしはあそこで討たれていた。」と述べてそうです。

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1:何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽(かんう)

 

曹操が好きな忠義の武将BEST1は何度も誘ったけれどフラれてしまった関羽でしょう。

曹操は関羽を一時期客将として臣下にいたとき、莫大な贈り物と将軍の位を与えて、

「俺に仕えないか。関羽」と幾度も誘っております。

しかし関羽は曹操の誘いを何度も断って彼の元を去ってしまいます。

そして後年孫呉の軍勢によって関羽が討ち死にした際、

曹操の元に孫権から関羽の首が送り届けれます。

この時に曹操は「関羽の胴体を木で作り、諸侯の格式で葬式を行う。」と宣言します。

当時敵将を諸侯の格式で葬式を行うことなどなかったため、

曹操軍の臣下達は大いに驚いたそうですが、

曹操は一向に気にすることなく彼を諸侯の格式で葬っております。

関羽一途な曹操の関羽愛が見て取れると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は曹操が好きな忠義の武将BEST3をレンが独断と偏見で勝手に決めつけてご紹介しました。

曹操は敵将でも忠義に厚い武将であれば登用しようと試みておりますが、

大概フラれてしまいます。

袁紹亡き後、鄴城を孤軍奮闘して守備していた審配(しんはい)を捕虜にした際に

曹操は「俺の仲間にならないか」と誘っておりますが、すげなく断られてしまいます。

忠義に厚い武将は利益では誘うことができないので中々難しいですが、

一度配下に加えることができれば、

死ぬまで裏切ることなく仕えてくれるので曹操も

忠義に厚いに武将を愛していたのではないのでしょうか。

 

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

関連記事:三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-曹操
-