よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!

この記事の所要時間: 39




キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

今週も、ヤングジャンプにキングダムがないので、

今後のキングダムの展開を大胆に予想してみたいと思います。

趙攻めの冒頭、遊撃隊の役割を与えられた、飛信隊、楽華隊、玉鳳隊、

ここまで、王翦(おうせん)にいい所を持っていかれっぱなしの

ポンコツ三部隊の大活躍のチャンスがいよいよ巡ってくるポイです。

 

前回記事:キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




戦いの趨勢は、秦軍が補給路を繋げるか否かにかかっている!

 

鄴(ぎょう)攻めは九城の難民を鄴に送り込んで兵糧攻めにする

奇策によって、王翦の作戦勝ちに終わりました。

しかし、これで終わりではありません、秦軍の背後は趙によって包囲され、

秦の兵糧がキレた途端に攻撃を仕掛けてくるでしょう。

 

つまり、鄴が降伏しても、その城にはもう兵糧はないわけです。

それでは、堅牢な鄴に籠っても秦軍には無意味です。

ですから、どの道、補給が回復しない限り、鄴が落ちても秦が勝利を得る

という事はできません。




閼与を抜き、黒羊の要塞をブチ抜いて秦から補給を繋ぐ

 

秦軍が勝つには、二つ方法があります。

ひとつは、列尾まで軍を戻して城を奪還し、直接咸陽からの補給を繋ぐ

しかし、これは列尾が守りにくい城である以上、長続きしません。

 

となると、太行山脈を横切り、閼与(あつよ)を陥落させて、

そのまま南下し要塞化した黒羊丘をブチ抜いて咸陽と繋ぐしかありません。

 

閼与はスピードで抜く事が出来る その理由は

 

李牧(りぼく)は黒羊丘を強化しているようですが、まだ完成はしていません。

それに太行山脈の内側は、山を穿つような狭い一本道と、鬱蒼とした森だけです。

これより33年前、趙の名将、趙奢(ちょうしゃ)は閼与について

以下のように言っています。

 

「閼与への道は険しくて狭いので、ちょうど二匹のネズミが穴の中で

1対1で戦うようなものです、将軍が勇敢な方が勝ちます」

 

この趙奢の意見が正しいとすると、先に閼与に続く狭い一本道を

制覇して封鎖した側が閼与を陥落させる力を得る事になります。

それはつまり、スピード勝負という事を意味していますから、

飛信隊9000名、楽華隊5000名、玉鳳隊5000名という

少人数で精強な部隊を率いる3名に出番が回ってくると、

kawausoは予想するのです。

 

少人数で血みどろの戦いが展開される

 

さらに閼与の戦いで趙奢は、北山という小高い山を占拠する事で、

秦の公孫胡傷(こうそん・こしょう)を撃破しています。

この公孫胡傷こそ、昌平君の軍略の師であり、同時に王翦の才能を

最初に評価した人です。

 

趙奢は、細い一本道を駆け抜けて、北山を占拠して視点を確保し、

密林で立ち往生する秦軍に一斉に攻めかかって撃破し、閼与を守りました。

その逆をするという事は、趙軍が閼与の一本道を封鎖する前につき進み、

北山を奪取できれば、秦軍の勝利です。

 

しかし、一本道しかないという事は、秦軍は、何があっても退却できません。

前線を進む部隊が退却すれば、後続の部隊と入り混じり、そこを趙軍に

撃破されれば全滅するという事です。

 

どんなに被害が出ようと、仲間が死のうと苦しもうと、

閼与への一本道は、例え全滅しても下がる事は出来ないデスロードなのです。

これは、これまで以上に激しく悲惨な戦いになるでしょう。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

では、閼与への一本道の先頭を行くのは誰でしょう?

これは飛信隊しかないと思います、羌瘣(きょうかい)もいるし、

戦闘力と防御力では、楽華隊や玉鳳隊を上回り、数も羌瘣の部隊の分多いです。

 

殿軍は、恐らく蒙恬(もうてん)、中間は王賁(おうほん)だと見ています。

三部隊は一蓮托生であり、飛信隊が崩れると、三部隊全滅というギリギリの

戦闘を強いられるでしょう。

そして、そんな退がれない信の前に龐煖(ほうけん)が出現したら、

これは大きなドラマになるでしょうね。

 

次回記事:キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム576話最新ネタバレ予想王翦の行動を桓騎の一言から予測…
  2. 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー…
  3. キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!そ…
  4. キングダム539話 ネタバレ予想「壁は死ぬのか?徹底追及」
  5. キングダムネタバレ570話「バジオウ死す」レビュー解説
  6. キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃
  7. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?…
  8. キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  2. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  3. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  4. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  5. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上! 郭嘉と法正って似ている所あったの? 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

おすすめ記事

  1. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  2. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  4. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  6. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  7. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  8. キングダムネタバレ予想575話vol3王翦はどこで何をしているのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP