よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志新婚さんいらっしゃ~い♪」のコーナーです。

 

 

いつの時代も他人の奥さんや旦那さんって気になりますね。

見た目がどうなのかと併せて、夫婦仲が良いのかどうかも気になったりします。

例えば日本の戦国時代にあってひときわ輝いた織田信長(おだのぶなが)。

彼の奥さんは美濃のマムシこと斉藤道三の娘です。

信長に負けず劣らずの器量の持ち主だったとか。

私は、山岡荘八先生の作品「織田信長」の信長と濃姫の掛け合いトークが大好きですね。

敵対し、危険視していたふたりがいつしか互いの力を認め、それが愛情に変わっていく。

理想の恋愛の姿で、理想の夫婦です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?




身体描写が特徴な理由

 

三国志演義には姿が特徴的な人物が登場します。

例えば蜀を建国した劉備(りゅうび)。こちらは正史にも描かれていますが、

「手は垂れれば膝より長く、両耳は自分で振り返って見ることができるほど大きかった」そうです。

この耳は「垂肩耳」といって「天下一人の大貴」とされます。

手が長いことも貴人の相です。

 

 

孫権は正史において「角ばった顔立ちで口が大きく目がいきいきと輝いている」と描かれていますし、

三国志演義ではさらに「碧眼で紫の髯」とされています。

父の孫堅は一目で高貴の相だと見抜きました。

正史では兄の孫策孫権の高貴の相について話題で触れています。

中華の歴史において、王者は異相を持つとされているのです。

英雄は普通の人とは違った容姿をしていると信じられていました。




女性の容姿の描写について

 

曹丕(そうひ)の正妻となる甄氏(文昭皇后)は、幼いころから彼女が寝ると、

その体に玉衣をかける人の様子が家族にも見えたそうです。

誰なのかと近寄るとその姿は消えてしまう。

人相家として有名である劉良は彼女を見て、

「かほどに高貴な顔は見たことがない」と唸ったそうです。

「必ずや后妃になるだろう」と予言しました。甄氏の美しさは群を抜いており、

「傾国の美女」という伝説を残した古の西子の再来とも表現されています。

袁紹の次男である袁熙は彼女を見て一目で夢中になりました。

二人は結婚し仲睦まじく暮らしていましたが、曹操の侵攻によって甄夫人を奪われます。

そして彼女に一目ぼれした曹操の息子・曹丕の妻となるのです。

袁家、曹家を夢中にさせるのですからかなりの美貌だったのでしょう。

 

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

諸葛亮孔明の妻

 

甄氏と対照的に描かれているのが諸葛亮孔明の妻です。

荊州の名士、黄承彦の娘で、容姿が悪く嫁の貰い手がいなかったと伝わっています。

黄氏については正史に登場するほどですから実在したようです。

黄月英というのは後世の人たちが付けた名前で、

そのような記載は正史にも三国志演義にもありません。

彼女について有名な記述は「黄色の髪に色黒」というものです。はたして高貴の相なのか?

どちらにせよ器量は黄承彦の太鼓判付きでした。

諸葛亮孔明が開発したとされる「木牛」「流馬」ですが、

こちらを発明したのは彼女だったという話もあるほどです。

諸葛亮孔明は黄氏との結婚を承諾しました。

仲間たちは「孔明の嫁取りを真似るな、黄さんの醜女をもらうはめになるぞ」とからかったそうです。

諸葛亮孔明は黄氏の異相に何かを感じ取ったのかもしれません。

 

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

昔と現代の美的感覚は違いますので、

はたして現代の男性が黄氏を見てどのような感想を持つのか興味がありますね。

もしかしたらかなりの美女だったかもしれません。

私はどうにも「パツ金のガン黒ギャル」(死語)をイメージしてしまいます。

諸葛亮孔明とそんなイケイケギャルの黄氏の掛け合いトークもぜひ聞いてみたいですね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

関連記事:諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  2. 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!
  3. 三国ベースボール攻略2 エースに邪馬台国女王・卑弥呼が加入!
  4. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  5. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  6. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲し…
  7. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  8. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  2. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?
  3. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  4. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  5. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  6. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ? (桃園出版 三国舎)を出版しました 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  2. 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑
  3. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  4. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは? 鎌倉時代 服装 男女
  5. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍
  6. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?
  7. 漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?
  8. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP