朝まで三国志悪
李傕祭り




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

この記事の所要時間: 37




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・易姓革命」のコーナーです。

 

 

一度成立した王朝を滅ぼすとためにはかなりのパワーを必要とします。

日本は万世一系の天皇が存在する国家ですので、イメージが難しい話ですが、

江戸幕府の終焉などがこれに当てはまるのではないでしょうか。

武力による倒幕か、平和的に政治主導権を譲渡させるのか、幕末は大いに揺れました。

中華ではトップの姓が替わる(易わる)ということで、このような革命を易姓革命と呼びます。

そして軍事力によって前王朝を倒すことを放伐と呼ぶのです。多くの血が流されることになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?




江戸幕府の無血開城

 

江戸幕府は別に王朝ではありませんが、日本の政治を牛耳っていたリーダーです。

その倒幕に動いたのは薩摩藩、長州藩、土佐藩、佐賀藩などの志士たちです。

鳥羽伏見の戦いなど、武力衝突を繰り返しています。

しかし、本丸である江戸城は無血開城をしています。

この決断によって互いの損害は最小限に抑えられています。

被害が最小限だったことで、

新政府は日本をひとつにまとめるべく素早く次の動きをとることができるようになりました。

そして明治維新を迎えることになるのです。

 

 

できれば互いに平和的に政権交代をしたいのです。

もちろん最後まで徹底的に抵抗するグループも存在しますが、

民衆の大多数が新しい政権に期待を持って迎えます。




もう一つの王朝交代劇

 

三国志の時代でも同じような感覚があります。

王朝交代を平和的に行おうとする動きです。こちらを「禅譲」と呼びます。

政治的な手順を踏むことが大切です。

曹操・曹丕が中華の歴史に禅譲の基本モデルを誕生させました。

禅譲の手順としては、まず宮中で名乗ることを許され、帯剣も認められます。

そして九錫の使用を許可してもらうのです。

九錫とは皇帝の権威を示す9つの道具のことです。

車馬、朱戸、虎賁(近衛兵)、鉄鉞、楽則などで、要するに皇帝に準じた待遇を許されたわけです。

さらに皇帝に娘を嫁がせ、縁戚関係を結びます。そして自らは公や王に就くのです。

これで禅譲の準備は完成です。

約800年間もの期間、この禅譲の形式が受け継がれていきます。

このモデルを「魏武輔漢の故事」と呼ぶのです。

 

関連記事:魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

関連記事:曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?

 

曹操の思惑と反対勢力

 

後漢の国教は「儒教」です。

日本でも江戸時代の5代将軍徳川綱吉は儒学の思想を政治の軸としています。

悪政と呼ばれる「生類憐みの令」もそこから誕生しました。

こちらの政策の効果についてはいずれお話をしたいですね。

日本人の心情を大きく変革しています。

江戸時代約260年間に起きた犯罪は

現在の東京都で1年間に発生する犯罪よりも少なくなったといわれています。

話を戻しますが、後漢を滅ぼすということは、儒教との対立です。

曹操の前に立ちはだかったのが儒家らの名士なのです。

そこを乗り越えない限り禅譲は成立しません。

そして、曹操の九錫の拝受、魏公の即位の真っ向から反対したのが、

曹操の重臣中の重臣である荀彧(じゅんいく)でした。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹操の魏公即位の時期

 

荀彧がなぜ真っ向から反対し、曹操に自害に追い込まれたのかはっきりとはわかっていません。

ただいえることは、曹操もまた荀彧の発言力と影響力を認めていたということです。

三国志演義では魏公になった後、荀彧を自害に追い込みますが、

正史では荀彧が亡くなるまで曹操は魏公にはなっていません。

荀彧が魏公即位の障害になっていたということでしょう。

荀彧の死が、後漢滅亡と禅譲を進めるシナリオの大切な要素になったのは間違いないようです。

 

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

自由奔放で既存の法などに縛られるイメージなどまったくない曹操が、

なぜこのような手堅い手順で禅譲を進めたのか疑問が残ります。

それだけこの時代の儒家ら名士の力が巨大だったのかもしれません。

荀彧の死はそれらの発言力を大きく削ぐことになりました。

荀彧はそれがわかっていて、自らの死によって曹操による禅譲を進めたという考え方もできます。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  2. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  3. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  4. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…
  5. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  6. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  7. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  8. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  2. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男
  3. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  4. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  6. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? よかミカンって、何者? 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの? 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった? 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!

おすすめ記事

  1. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  2. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  3. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  4. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  5. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  7. 人々の鑑になった良い宦官達
  8. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP