ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・易姓革命」のコーナーです。

 

 

一度成立した王朝を滅ぼすとためにはかなりのパワーを必要とします。

日本は万世一系の天皇が存在する国家ですので、イメージが難しい話ですが、

江戸幕府の終焉などがこれに当てはまるのではないでしょうか。

武力による倒幕か、平和的に政治主導権を譲渡させるのか、幕末は大いに揺れました。

中華ではトップの姓が替わる(易わる)ということで、このような革命を易姓革命と呼びます。

そして軍事力によって前王朝を倒すことを放伐と呼ぶのです。多くの血が流されることになります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?




江戸幕府の無血開城

 

江戸幕府は別に王朝ではありませんが、日本の政治を牛耳っていたリーダーです。

その倒幕に動いたのは薩摩藩、長州藩、土佐藩、佐賀藩などの志士たちです。

鳥羽伏見の戦いなど、武力衝突を繰り返しています。

しかし、本丸である江戸城は無血開城をしています。

この決断によって互いの損害は最小限に抑えられています。

被害が最小限だったことで、

新政府は日本をひとつにまとめるべく素早く次の動きをとることができるようになりました。

そして明治維新を迎えることになるのです。

 

 

できれば互いに平和的に政権交代をしたいのです。

もちろん最後まで徹底的に抵抗するグループも存在しますが、

民衆の大多数が新しい政権に期待を持って迎えます。




もう一つの王朝交代劇

 

三国志の時代でも同じような感覚があります。

王朝交代を平和的に行おうとする動きです。こちらを「禅譲」と呼びます。

政治的な手順を踏むことが大切です。

曹操曹丕が中華の歴史に禅譲の基本モデルを誕生させました。

禅譲の手順としては、まず宮中で名乗ることを許され、帯剣も認められます。

そして九錫の使用を許可してもらうのです。

九錫とは皇帝の権威を示す9つの道具のことです。

車馬、朱戸、虎賁(近衛兵)、鉄鉞、楽則などで、要するに皇帝に準じた待遇を許されたわけです。

さらに皇帝に娘を嫁がせ、縁戚関係を結びます。そして自らは公や王に就くのです。

これで禅譲の準備は完成です。

約800年間もの期間、この禅譲の形式が受け継がれていきます。

このモデルを「魏武輔漢の故事」と呼ぶのです。

 

関連記事:魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

関連記事:曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?

 

曹操の思惑と反対勢力

 

後漢の国教は「儒教」です。

日本でも江戸時代の5代将軍徳川綱吉は儒学の思想を政治の軸としています。

悪政と呼ばれる「生類憐みの令」もそこから誕生しました。

こちらの政策の効果についてはいずれお話をしたいですね。

日本人の心情を大きく変革しています。

江戸時代約260年間に起きた犯罪は

現在の東京都で1年間に発生する犯罪よりも少なくなったといわれています。

話を戻しますが、後漢を滅ぼすということは、儒教との対立です。

曹操の前に立ちはだかったのが儒家らの名士なのです。

そこを乗り越えない限り禅譲は成立しません。

そして、曹操の九錫の拝受、魏公の即位の真っ向から反対したのが、

曹操の重臣中の重臣である荀彧(じゅんいく)でした。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹操の魏公即位の時期

 

荀彧がなぜ真っ向から反対し、曹操に自害に追い込まれたのかはっきりとはわかっていません。

ただいえることは、曹操もまた荀彧の発言力と影響力を認めていたということです。

三国志演義では魏公になった後、荀彧を自害に追い込みますが、

正史では荀彧が亡くなるまで曹操は魏公にはなっていません。

荀彧が魏公即位の障害になっていたということでしょう。

荀彧の死が、後漢滅亡と禅譲を進めるシナリオの大切な要素になったのは間違いないようです。

 

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

自由奔放で既存の法などに縛られるイメージなどまったくない曹操が、

なぜこのような手堅い手順で禅譲を進めたのか疑問が残ります。

それだけこの時代の儒家ら名士の力が巨大だったのかもしれません。

荀彧の死はそれらの発言力を大きく削ぐことになりました。

荀彧はそれがわかっていて、自らの死によって曹操による禅譲を進めたという考え方もできます。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 北条氏康 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  2. 袁術 すばらしきかな袁術!袁術のグッドな逸話を一挙公開
  3. 孔明の罠 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介
  4. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…
  5. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  6. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物
  7. 呂布、黒山賊 もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  8. 日本に目指さした孫権 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  2. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育
  3. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  4. 賈詡(賈ク)
  5. 王昭儀
  6. 水滸伝って何? 宋江
  7. 孔明
  8. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  9. 呂布に従う陳宮

おすすめ記事

  1. どうして蜀は人材難に陥ったのか? 過労死する諸葛孔明
  2. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  3. 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 軍師孔明
  6. 三国時代の平兵士たちの給料は?戦死した場合遺族に補償はあったの? 陸遜の部下の兵士

三國志雑学

  1. 三国志のモブ 反乱
  2. 費禕
  3. はじめての三国志 画像準備中


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 合戦シーン
  2. 兵士と禰衡
  3. 蜀の劉備
  4. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん)
  5. 吉田松陰(極悪顔)
  6. 大声を出す張飛
  7. 篤姫
  8. 宴会マナーと酒(古代中国)

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム最新609話ネタバレ予想「赤大鶴陣は結局何だったの?」 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた 曹操 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将 敬哀皇后 歴史の影に女あり!絶世の美女たち 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 ホウ煖(龐煖) 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想! はじめての三国志Kindle Unlimited読み放題サービスを紹介するよ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP