ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

孔明の罠




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の天才たち」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する天才たちの中でも群を抜いているのが

魏の曹操(そうそう)と蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)でしょう。

三国志演義」では術を駆使し、変幻自在の兵法を編み出す人間を超越した存在として描かれています。

さすがにそこまでは話を盛り過ぎている感じはありますが、

様々な分野で手腕を発揮したことは間違いないようです。

 

 

戦場での駆け引きだけでなく国家の戦略をプランニングし、インフラの整備、法典の編纂、

外交交渉のプレゼンテ―ションと大活躍しています。

あまりにも働き過ぎて過労死したのではないかという憶測もあるぐらいです。

今回はそんな天才・諸葛亮孔明の兵法書について触れていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術




兵法七書

 

またの名を「武経七書」とも呼ばれる軍学・兵学の教科書です。

①「六韜」 6巻60篇 文の巻、武の巻、龍の巻、虎の巻、豹の巻、犬の巻から成ります。

慣用句の「虎の巻」はここからきています。

成立、作者ともに不明ですが、太公望が周の王に指南する形式で構成されています。

 

②「三略」 上略、中略、下略から成り、

こちらも太公望(たいこうぼう)が書いたという伝説が残っています。

「柔よく剛を制す」の言葉が有名です。

 

③「司馬法」 春秋戦国時代の斉で書かれたとされています。

155篇のうち5篇のみ現存します。斉は太公望が作った国です。

 

④「尉繚子」 春秋戦国時代の斉または魏で書かれたとされています。

大義名分があれば先制攻撃もやむなしと記載されています。

トランプ大統領も読んでいるかも。

 

⑤「呉子」 春秋戦国時代の呉起が作者とされています。

四十八篇ともいわれていますが、現存するのは6篇のみです。

「和してしかるのちに大事をなす」とあり、日本の17条憲法に影響を与えたかも。

 

⑥「唐太宗李衛公問対」

問対形式で、諸葛亮孔明曹操の兵法も話題にのぼっています。

 

⑦「孫子」 兵法七書の中で最も優れているとされています。

紀元前500年頃の孫武が作者とされており、三国志では曹操が注釈を加え後世に伝えました。

現代のビジネスマンも教科書としているベストセラーです。




諸葛亮孔明が遺した兵法書?

 

① 「将苑」 ほぼ孫子のコピー作品です。

諸葛亮孔明の名を借りて宋代に作られたものといわれています。

諸葛亮孔明の兵法書と信じられ愛読されてきましたが、偽物です。

 

② 「心書」 はっきりいって将苑と同じ内容です。

ということは、こちらも孫子のコピー作品ということになります。偽物です。

 

➂ 「便宜十六策」 こちらも宋代に作られたものですが、

諸葛亮孔明の真作と思われる箇所もあります。

「太平御覧」という書物に記載されているものと共通する部分がそれです。

「武候兵法」として引用されています。全体的には政治指南書です。

ということで数ある兵法書の中で、

諸葛亮孔明の兵法書だと思われているのは、「便宜十六策」なのです。

 

便宜十六策の中身を一部紹介

 

地形に応じて戦うべきと書かれています。

 

・草原では深く生い茂った場所に軍を進めてはならないとあります。

伏兵を案じてのことでしょうか。

 

・丘陵では低地に布陣して高地にいる敵を攻めてはならないとあります。

逆落としを食らうからですね。

 

また、軍の禁止事項についても書かれています。

 

・「軽」進軍の合図や点呼に応えないのはダメ。

・「背」隊列を乱したり、逃げ腰になったり、戦線離脱してはダメ。

・「乱」先頭争いでバラバラに行動するのはダメ。   などなど。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

諸葛亮孔明の兵法書がそのまま後世に伝わっていたらきっと大ベストセラーになっていたでしょうね。

世界のリーダーたちはみんな愛読したのではないでしょうか。

しかし知識はあくまで知識です。兵法書はあくまでもマニュアルですから、

その場その場の環境に応じて臨機応変に「知識を使える人」が勝つのでしょう。

戦場はこれからの時代同様、アクティブ・ラーニングを要求しているのです。

みんな、2020年からのセンター試験改変にあわせるだけじゃだめだぞ。

国際舞台で知識を使える人になろう!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

関連記事:【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 桃園の誓012 涙なしには語れない桃園の結義
  2. はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  3. 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  4. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…
  5. パワハラをする張飛 どうして張飛は士大夫に卑屈なの?
  6. 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  7. 司馬懿仲達 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  8. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 皇帝になった徳川慶喜
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  4. キングダム54巻amazon
  5. 馬超の兜にフォーカス

おすすめ記事

  1. 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族 孟節(南蛮討伐)
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  3. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  6. キングダム594話ネタバレ雑学「趙峩龍の戦術元ネタを暴露」 キングダム53巻

三國志雑学

  1. 公孫度
  2. 宦官
  3. 孔明もコペルニクスに似ていた
  4. 荀彧
  5. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 豊臣秀頼 wikipedia引用
  3. 餓えた農民(水滸伝)
  4. 美女を集めた曹叡
  5. 玉璽

おすすめ記事

大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?! ホウ煖(龐煖) 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想! 韓信 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 兀突骨 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 袁術 匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの? 豊臣秀吉 戦国時代2 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた? 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP