キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!

この記事の所要時間: 322




 

今、キングダムでは、山の民の凶暴な戦闘力に注目が集まっています。

公孫龍(こうそんりゅう)の9万に5万の軍勢で圧倒的に押しまくる強さもですが、

それより何より、キングダムの新クール&ビューティー楊端和(ようたんわ)にです。

いつの間にやら、河了貂(かりょうてん)羌瘣(きょうかい)を追い抜いて、

山の民どころか、桓騎や壁や、名も無い伝令まで虜にしてしまう、

ようたんわとかいう小悪魔についてちょっと考察してみましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




楊端和は女なのに強さが異常

 

 

楊端和は、デビューするや、僅か数年で圧倒的な強さで山界に君臨します。

そのあだ名は「山界の死王」であり、完全な男社会である野蛮な山の民の

数万の命知らずの男達の頂点に位置しています。

 

つまり、力づくで何とかするという事が出来ない相手であり、

その結果、フィゴ族の酋長などは、

 

楊端和の為に手柄を立て続け、いつか楊端和自ら俺にハァハァ・・

 

などとエロ妄想を爆発させ士気を高めているのです。

あの凶暴な強さが、むさ苦しい山の民のエロパワーだと知るとかなり引きますが・・

 

強さで言えば、羌瘣(きょうかい)だって凄いぞ!という声もあるでしょうが、

悪いっスけど、あいつ、マリオのスター状態並みに持久力無いじゃないスカ?

結局、電池切れして、飛信隊の誰かが回収しないといけないので、

クール&ビューティーレベルでは楊端和に負けてますよ。




楊端和のかわいさが異常

 

 

楊端和の魅力には、何を考えているのか分からない、かわいさがあります。

何かを考えている時には、どこかボーッとして、心そこにあらずで、

その謎めいた表情が非常にセクシーなのです。

 

つい、最近も、遼陽で公孫龍と対峙している最中、王翦(おうせん)隊の

伝令の兵士の伝令を聞いているのかいないのか?よく分らないような受け答えで、

すっかり伝令の心を虜にしました。

長身でスレンダーで整った顔をしているのに、とぼけたような受け答え

これこそ、大人の男の心を鷲掴みする楊端和の魅力です。

 

河了貂や羌瘣のように、何でもハッキリ言ってしまう素直さが持て囃されるのは

まだまだ、お子ちゃま、というより、かなり美女度を損しています。

ハッキリ言わないでいい事は、曖昧に泳がせて、男を翻弄(ほんろう)するのが、

大人な美女の条件なのですよ。



 

信は信で、そんな大人の女の魅力が分からず、列尾攻めでセオリーを無視した

ようたんわの戦術に、(この人、顔がいいだけでバカなんじゃないの?)と

失礼な事を言っていましたが、所詮は、喧嘩が強いだけで、

お子ちゃまの信には、楊端和の深い魅力など分からないのです。

 

等身大のおバカな状態でも、クサレ縁で相手にしてくれる、

羌カイや貂ちゃんのどちらかとくっつくのが関の山という所でしょう。

 

関連記事:王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族

関連記事:【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!

 

キングダムで最強の美女は楊端和で決まり

 

そうそう、キングダム511話では、あのクールを気取る桓騎(かんき)が、

楊端和に話があると言われて、鼻の下を伸ばして部屋に入った結果。

すでに、蒙恬(もうてん)王賁(おうほん)、信、河了貂がスタンバイしていて、

「騙しやがったな山の女」と毒づく超カッコ悪いシーンがあります。

 

なーんだ、気取っていた割には、しっかり気があったわけね桓騎・・

しかし、それも道理、あの、女には不自由していない桓騎でさえ、

「もしかして、楊端和、俺とウヒョ!」と思わせるような魔性の魅力を

ようたんわは持っているという事なのです。

 

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

関連記事:桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

このように考えると当社比120%で、キングダム最強美女は楊端和に決定です。

すでに羌瘣、河了貂は、お子ちゃまレベルで、アイドル路線と女優路線位は

ジャンルが離れていますし、これで対抗できるとすれば、楚のゴッドねーちゃん

媧燐(かりん)位です。

 

などとkawausoは、思いますが、読者の皆さんは、どのようにお考えですか?

まっ、こんな事を書いておいて、私は健気な貂ちゃん押しなんですが・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  2. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  3. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  4. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  6. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  7. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  8. 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  2. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  4. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男
  5. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  6. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  2. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  3. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介
  5. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  6. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  7. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  8. 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP