はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果




 

放置して強くなる全く新しい三国志・スマホゲーム放置少女。

新しい仲間張星彩(ちょうせいさい)を仲間に加えて、

あまり苦戦することなく次々とクエストをクリアしておりました。

しかし強敵が萌え姫と化した三国武将黒田レンの前に立ちふさがるのです。

黒田レンの前に立ちふさがった強敵は曹操古参の武将であり、

ケチすぎて曹丕(そうひ)に殺されそうになった・曹洪(そうこう)です。

曹洪の強さは呂布公孫瓚(こうそんさん)とは、

比べ物にならないくらい強かったのです。

そのためレンは萌え姫黒田レンをパワーアップさせるため、

スマホゲームの醍醐味の一つで、

強力な武器が手に入ると言われるガチャをぶん回す決意を固めます。

さてガチャで当たった物とは一体何なのでしょうか。

そして黒田レンは曹洪に勝利することができたのでしょうか。

 

前回記事:【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!

前回記事:【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

前回記事:【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ

前回記事:【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!

 

アプリのダウンロードはこちら

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その18:ケチ武将・曹洪に挑んでくるぜ!!

 

萌え姫・黒田レンは新しい仲間張星彩を引き連れ次々とクエストをクリア。

そして曹操古参の武将である曹洪を倒すため出陣。

呂布公孫瓚といった強敵を倒してきた今なら、

楽勝だろうと挑んでみたところ…。

 

 

曹洪の異常な程の攻撃力と耐久力を持っていたため見事に惨敗してしまいます。

何が足りないのか一生懸命考えたところひとつの結果を着想を得ます。




黒田レンの放置少女プレイ日記その19:ネコ耳と片手剣を育てよう

 

レンは曹洪戦で敗北した原因を考えた結果…。

ネコ耳月英(げつえい)を育成していないことに気づきます。

 

 

また片手剣が自慢の張星彩については、

装備がしっかりと整っていませんでした。

そこでまずはネコ耳月英の強化から始めたいと思います。

ネコ耳月英は現在装着している装備が一番強いので、

ネコ耳月英自身を強化していくことにします。

 

 

まず副将育成のボタンをクリックした後、

 

 

C級育成かB級育成のどちらかを選択。

C級育成ですと上記のようにマイナス値が発生してしまうこともありますが、

根気よくC級育成を行っていくと上記のようにプラス値が出現することもあります。

そしてB級育成ですが、こちらはマイナス値が出ないようになっており、

能力値の上昇率もC級育成と比べてかなり高く設定されておりますが、

B級育成を行うにはアイテムを消費していくので注意が必要。

 

レンはC級とB級育成両方を駆使してネコ耳月英を強化。

その結果…。

 

 

ネコ耳月英は育成前には7000程しか戦力がありませんでした。

しかし育成後はなんと9300にまで戦力を上昇することができました。

ネコ耳月英は育成によって大幅にレベルアップします。

 

 

次に片手剣が特徴的な張星彩の装備を整えるとこちらも大幅に戦力がアップ。

こうして戦力を整えた黒田レンの軍団ですが、

今度は確実に勝利をもぎ取りたいと考えていたため、

超強力な武器を手に入れるべくスマホゲームの醍醐味をすることにします。




黒田レンの放置少女プレイ日記その20:ガチャをぶんまわすぜ!!

 

レンは曹洪を確実に倒すため、上級射的ゲームにチャレンジすることに。

現在放置少女の上級射的ゲームは装備排出率2倍となっているため、

早速有料ガチャを回してみることにします。

結果はどうだったのでしょうか…。

 

 

ガチャを回してみた結果…。

SSR装備がなんと三つも手に入ることに成功。

SSR装備はクエストで手に入る装備品とは比べ物にならないくらい強力な装備で、

早速装備しようとしますが…。

 

 

レベル制限が合って装備ができませんでした。

そのため今は御蔵入りしている状態です。

少し残念ですがネコ耳月英と張星彩が強くなったので、

曹洪を倒すために早速出陣することにします。

 

黒田レンの放置少女プレイ日記その22:曹洪リベンジ戦

 

曹洪を倒すために早速出陣することになった萌え姫・黒田レン。

かなり強力になったと自負しておりますが、

曹洪の耐久力がとんでもないのでもしかしたら再び負けてしまうかもと

不安を感じながら戦に望みます。

 

強化したネコ耳月英が曹洪の集中攻撃を受けてしまい敗北。

さらに萌え姫・黒田レンもかなりのダメージを負ってしまいます。

このままでは再び敗北してしまうのかと思いましたが…。

 

 

しかしなんとか曹洪を倒すことに成功しました。

よかった…。と一息ついたレンでした。

 

 

黒田レンの放置少女プレイ日記まとめ

 

今回はじめてガチャを回してみましたがスリル満点でした。

欲しい武器が手に入んなかったらどうしよう、

もし強化石のオンパレードだったら…などと怯えておりましたが、

日頃の行いが良かったのか強力な武器をゲットすることに成功しました。

強力な武器をゲットすればかなりテンションが上がり、

ますます放置少女が楽しくなってきました。

 

さらに放置少女では百花美人と言われるイベントが開催されています。

運がよければ上記のような可愛く綺麗な萌え姫達が手に入れることが、

できるかも知れませんよ。

ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

 アプリのダウンロードはこちら




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  2. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  3. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  4. 項羽と劉邦 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  5. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  6. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  7. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  8. 織田信長 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいで…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. 羊コ 羊祜 魏と晋
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 苦肉の策(笑)
  5. 合肥の戦いの満寵
  6. 袁紹の妃 劉氏
  7. 尹夫人 曹操

おすすめ記事

  1. キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙
  2. 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 老荘思想(ろうそうしそう)
  3. 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…? 孔子と儒教
  4. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  5. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 空を飛ぶスーパーマン袁術
  6. 李典と太史慈はここが似ていた!! 太史慈

三國志雑学

  1. 曹操 孔明をチェック
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 袁術をからかう呂布
  3. 孔明と龐統の両軍師

おすすめ記事

陸遜 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 後悔する孫権 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人 村田新八 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表! 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!! 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP