法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!




キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、先週からずっと急展開なのですが、

今週号で、とうとう李牧(りぼく)王翦(おうせん)の決戦場が判明しました。

邯鄲(かんたん)より西に五十里、鄴(ぎょう)より北に七十五里、

誰が呼んだか知らないが、血の海を連想させる朱海(しゅかい)平原です。

さあ、ここから、どうなるのでしょうか?じっくり解説します。

 

前回記事:キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




まず、現在の戦況についておさらい

 

ここに来て、王翦李牧が決戦上に朱海平原を選んだので

戦場が3つになりました。

ややこしいので、以下に一度整理しておきます。

 

① 楊端和(ようたんわ)と公孫龍(こうそんりゅう)が激闘、北の遼陽

② 桓騎(かんき)王翦より任された鄴城の周辺

③ 李牧王翦が総力でぶつかる朱海平原

 

現在、①は楊端和の山の民五万が公孫龍の軍勢九万を押していますが、

ここには、間も無く李牧の腹心、舜水樹(しゅんすいじゅ)が入る予定です。

 

②は桓騎が任されていますが、趙軍が鄴を開放しようと死に物狂いで

猛攻を仕掛けています。

 

桓騎軍は騎兵の厘玉(りんぎょく)・黒桜(こくおう)が前に出てくる趙軍歩兵を

迂回して側面から突き戦いを有利に進めているようですが、

趙軍も騎兵を数千単位で繰り出して来たので桓騎軍にも余裕が無くなったようで、

参謀、摩論(まろん)が青い顔をしています。




朱海会戦で、まさかの蒙恬が大ピンチに・・

 

朱海平原に、王翦と李牧の軍勢が到着します。

両大将とも、無人の平原に幻の軍勢を出現させて無数のシュミレーションを行い、

お互いに必勝の策を練ります。

 

その結果、決定した布陣が以下です。

 

秦軍右翼・・亜光(あこう)・玉鳳(ぎょうほう)隊 25、000名

秦軍中央・・王翦、麻紘(まこう)、飛信隊 58、000名

秦軍左翼・・楽華(がくか)隊 5000名

 

趙軍右翼・・紀彗(きすい)、馬呈(ばてい) 30、000名

趙軍中央・・金毛、李牧、カイネ、傅抵(ふてい)、尭雲(ぎょううん)60、000名

趙軍左翼・・岳嬰(がくえい)、馬南慈(ばなんじ)、趙峩龍(ちょう・がりゅう)

30、000名

 

うおおおおおおおおーーーーいぃ!!

少なっ!楽華隊少なっ!!これで趙軍右翼の紀彗と馬呈の30、000と

激突するとなったら厄介です、相手6倍ですよ。

公孫龍と対峙している楊端和だって2倍差なのに、一気に6倍差です。

 

信も絶句していましたが、この布陣を見た蒙恬(もうてん)はうろたえる様子もなく

あっさりと承知して一番手を勤めると言います。

一体、どうしたというのでしょう?蒙恬らしからぬ破れかぶれ・・

それとも、何か秘策があるのでしょうか?

 

関連記事:【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

 

ここからネタバレ予想、出るか必殺の斜行戦術!

 

ここからは、kawausoの予想ですが、極端に左翼の兵力が少ない秦軍の布陣は、

もしかしたら、斜行(しゃこう)戦術の前触れなのかも知れません。

 

斜行戦術とは、劣勢の楽華隊を潰そうと趙軍の右翼、中央、左翼が意識を楽華隊に

集中している間に、秦軍の中央軍と右翼が斜めに進んで、趙軍の右翼に突撃し

そのまま側面を喰い破り、趙軍の中央を撃破する戦法です。

 

・・・と、言っても文字では分かりにくいので、イラストで説明します。

 

 

このように、王翦の中央軍と飛信隊、右翼の亜光、玉鳳隊が敵前で一気に

斜めを向いて、最短距離で趙軍の右翼を総攻撃して、瞬時に粉砕し、

そのまま、中央の李牧を撃ち破るのが斜行作戦です。

 

王翦の秦軍は、88000と、李牧の趙軍より32000名少ないので

最初から劣勢ですが、斜行戦術が成功すれば勝利は確実でしょう。

 

斜行戦術には弱点はないの?

 

斜行戦術に弱点はないのか?はい!弱点だらけです。

まず、李牧が斜行作戦を見破れば、右翼軍は楽華隊に対処させつつ、

中央軍を動かし趙軍に対して脇腹を見せている秦の中央軍に突撃するでしょう。

脇がガラ空きの中央軍は瞬時に全滅して戦闘は終了です。

 

仮に、李牧に見破られないとしても、83、000人という大軍が

タイミングを合せ趙の右翼軍に喰らいつくのは至難の業でしょう。

動きが合わないと趙軍の前で陣がバラバラになり、総攻撃を受けて全滅です。

 

つまり、この斜行戦術は

①李牧にそれと見破られず、②同時に83000人という大軍が、

シンクロナイズドスイミングばりに規則正しく動くという二段のハードルがあります。

相当に難易度が高い戦術ですが、それだけに漫画では盛り上がりそうです。

 

キングダムウォッチャー kawausoの独り言

 

歴史上、この戦術を成功させたのは、七年戦争で、ロシア、オーストリア、

フランスを相手に勝利を収めた、プロイセンのフリードリヒ大王です。

圧倒的に兵数で不利な大王は、大砲の有効活用と圧倒的なプロイセン歩兵の

訓練度で、この斜行戦術を成功させました。

 

さて、王翦は自軍を信じてこの難易度の高い戦術を取るのか?

それとも、もっと簡単に李牧を葬れる秘策があるのでしょうか・・

 

次回記事:キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム45 キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの?
  2. キングダム 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  3. キングダム52巻 キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦はまだ動かない!!
  4. キングダム586話合併号SP不謹慎!王賁死す当時のリアルな葬式は…
  5. キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&…
  6. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ…
  7. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  8. キングダム52巻 キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  3. キングダム
  4. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  5. 孔明
  6. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

おすすめ記事

  1. 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 三国志 象兵
  2. 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味? 法正と劉備
  3. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・ スーパーDr華佗
  4. 陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介 孫権に諫言する陸瑁
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編 曹休
  6. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

三國志雑学

  1. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  2. 孫権と三国アヒル
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽に惚れる曹操
  2. オオクニヌシ(日本神話)
  3. 大喬
  4. 歳をとっても元気な孔明
  5. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  6. 賈詡(賈ク)

おすすめ記事

銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ) 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる 楽進 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~ 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 始皇帝(キングダム) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは? 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP