法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い




 

魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)

彼は病にかかっていつ亡くなってもおかしくない状態に陥ります。

そのため彼は後継者を曹芳に決め彼を補佐するための人材達も決めておりました。

しかし曹叡の側近である孫資(そんし)劉放(りゅうほう)は、

曹叡が決めた皇帝を補佐する人事に危険を感じます。

そしてふたりはこのまま曹叡の遺言通りに人事が行われれば自らの命に危険が及ぶと考え、

ある行動を取りますがこの行動は他の人にバレれば、

即座に死刑にされかねない危険な行動でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法




幼い皇帝を補佐する人事を知った二人

 

孫資と劉放は曹叡が皇帝に就任してからずっと曹叡の側近として君臨しており、

曹叡からも非常に可愛がられておりました。

そんな曹叡が瀕死の重病に陥ることになります。

曹叡は自らの命が尽きようとしていることを知ると自らの後継者に斉王・曹芳に決めます。

しかし曹芳は幼かったためにこの皇帝を補佐する人材として、

秦朗(しんろう)と燕王・曹宇(そうう)、そして夏侯一族の夏侯献(かこうけん)に決めます。

側近のふたりはこの事を知ると大いに恐ることになります。




孫資と劉放は曹叡の人事に不満

 

孫資と劉放は曹叡の後継者と後継者を支える人材を知ると大いに驚くとともに恐れを抱きます。

その原因は次世代の皇帝補佐に選ばれた人材達とうまくいっていなかったことです。

もしこのまま曹叡の遺言通りの人材が配置されれば、

孫資と劉放を快よく思っていない秦朗や曹宇達に粛清される可能性がありました。

そのためふたりは密談を交わしてある行動を起こすことを決めます。

 

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

 

曹叡に直談判して遺命を変更させる

 

孫資と劉放は密談を交わしてどうすれば粛清されることなく、

次世代の皇帝にも仕えることができるのかを考えます。

その結果曹叡に直談判して遺命を変更させてしまえば粛清されることはないであろうとの結果を

導き出します。

そしてふたりは秦朗や曹宇がいない時を見計らって曹叡が伏せている部屋へ侵入します。

もし孫資と劉放の二人が秦朗や曹宇達に見つかったらすぐに処断される可能性があり、

非常に危険が迫っている状態でした。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

必死の説得

 

孫資と劉放は曹叡に会うとすぐに口を開きます。

彼らは「陛下。魏の政権は誰に委ねることにしたのでしょうか。」と訪ねます。

すると曹叡は「秦朗や曹宇に決めているのだが知らんのか」と答えます。

孫資は知っていながら再び口を開き「陛下。

秦朗らは陛下がご病気の時に看護をする女中達と冗談を言いながら笑い合っており、

曹宇は兵馬の権を握っていることから皇帝を気取っているような始末です。

このような状態にした彼らのせいで朝廷の内と外は連携することができず,

政治は混乱している有様です。」と述べます。

すると曹叡は怒りを顕にして

「ではお前達は誰に幼い皇帝を補佐させればいいと考えているのだ」と問いただします。

すると「曹爽(そうそう)様は優秀な人物であると噂が立っております。

また司馬仲達殿と一緒に協力させて魏の政権を運営させれば魏の政権は安泰でありましょう。」と

必死に説得します。

この説得を聞いた曹叡は満足気に頷くとすぐに詔勅(しょうちょく)を二人に下すよう命令を出します。

孫資と劉放はこうして次世代においてもなんとか生き残ることに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

二人がいなくなった後、魏の政権を担う人材として曹叡に指名されていた曹肇(そうちょう)が

孫資と劉放が曹叡の部屋に入ったところを見ており、すぐに曹叡に進言。

曹肇は「陛下。司馬懿は何を考えているのか全く分からず危険な人物です」と涙を流して説得。

この説得に心を動かされた曹叡は詔勅を取りやめさせます。

曹肇は満足気に曹叡の部屋を出て行くのですが、

孫資はこの場面を目撃しておりすぐに曹叡の部屋に入って再び曹叡を説得します。

曹叡は孫資の説得に応じるのですが、詔勅を書く力もない状態でした。

そのため彼は曹叡の手を動かして「曹宇・秦朗・曹肇らの官職を解く」と詔勅を書いていきます。

この孫資の必死の行動によって曹宇・秦朗・曹肇は官職を解かれることになり、

孫資・劉放はなんとか政敵を排除することに成功するのです。

しかし自らの命を守るために行った行動が曹魏の滅亡を早めることになるとは、

この時のふたりは考えていなかったでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

関連記事:【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志…
  2. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  3. 曹操 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  4. 何晏 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残し…
  5. 呉の孫権は皇帝 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝…
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(…
  7. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  8. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉
  2. 劉備に褒められる趙雲
  3. 龐統
  4. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  5. 張遼・楽進・李典

おすすめ記事

  1. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  2. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!? 夏侯覇
  3. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  4. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案 曹操は関羽をGET
  5. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった
  6. キングダム585話ネタバレ予想堯雲を討ち取るのは羌瘣?その3つの理由

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. ハッポウ茶
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宋銭 お金と紙幣
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 徐庶と出会う劉備
  5. 孫皓と張俊
  6. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  7. 王騎 キングダム

おすすめ記事

袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの? 袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た? 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった! 邪馬台国と魏軍の兵士 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説 曹操 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP