架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

この記事の所要時間: 230




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・僻地益州」のコーナーです。

 

後漢時期において州の統治者は州刺史でした。

しかし黄巾の乱で各地は荒廃し、さらに反乱が相次いで天子を自称する者も出現するに至り、

朝廷は皇族・劉焉の提案を承諾し、軍権を持つ州牧を設立します。

州牧は劉焉(りゅうえん)が定めたようなものです。

これには諸説あり、州牧自体は以前にも存在していました。

歴史の中で、州の統治者は刺史になったり州牧になったりころころ変わっています。

さらにこのときは、州牧と並立して州刺史も任じられています。

とりあえず幽州では皇族の劉虞が州牧に命じられ、劉焉は益州牧に命じられました。

当時の益州は黄巾の残党の馬相が大規模な反乱を起こしていて天子を称しています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




劉焉が組織した民兵

 

精鋭としては曹操軍の「青州兵」が有名です。

黄巾の残党で、味方同士の略奪すら認められていたほどの気性の荒い集団でした。

劉焉も「東州兵」を組織しています。

実態は荊州などから避難してきた流民の集まりです。

しかし劉焉が東州兵を率いて馬相の反乱を鎮めたわけではありません。

いくつもの郡を飲み込んだ馬相の乱は、地元の名将・賈龍によって滅んでいます。

数万の敵に対し、賈龍は千人ほどの兵で戦ったそうです。

劉焉が益州牧として綿竹に赴任してきたのはその後のことになります。

劉焉は巧みに地元の豪族を懐柔し、勢力を伸ばしていきました。

 

 

異民族である羌とも上手に提携し、

さらに宗教団体・五斗米道も取り込み益州の入り口にあたる漢中を塞ぎました。

独立の兆しがあるとして賈龍らは異を唱えましたが、劉焉に処刑されています。




李傕(りかく)との闘争

 

長安に遷都した董卓(とうたく)呂布(りょふ)に殺されると、

その後の都を李傕ら董卓の残党が支配しました。

皇帝も李傕(りかく)らに握られています。

劉焉は涼州の馬騰、韓遂らと結託し、長安の皇帝奪取を目論みました。

李傕の軍勢に果敢に立ち向かったのが、劉焉の長子である劉範です。

次子の劉誕と共に行動を起こしましたが失敗し、処刑されています。

このとき劉範の子らを連れて益州に逃れた人物が龐羲です。

龐羲は劉焉の後継である劉璋に命じられて、

漢中の張魯の備えのために巴西太守となりました。

龐羲の娘は劉璋の長子・劉循の妻になっていますので、

龐羲は外戚としても発言力はあったようです。

戦場の功績は不明ですが、益州に侵攻してきた劉備に降って営司馬に任じられています。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

外戚・呉懿(ごい)

 

劉備の益州の侵攻に対して総大将として迎え討ったのが呉懿(ごい)です。

もともと益州の人ではなく、兗州の生まれです。劉焉を頼って益州に来たと記されています。

妹は劉焉の三男・劉瑁に嫁いでいますが、

すぐに劉瑁が病死し、劉備が益州を平定した後は劉備に嫁ぎ、皇太后となっています。

呉懿は劉備軍と戦った際も武将らをよく統率し、健闘しています。

三国志演義では魏延や黄忠を打ち破ってもいるのです。

まさに益州における名将といえる活躍ぶりです。

 

 

劉備に降ってからもその戦場での経験を買われて、

諸葛亮孔明死後は漢中の主将として蜀を守りました。

呉懿には謎があり、その時に副将を務めた王平は正史に伝が記されているのに対し、

呉懿の名前はないのです。戦功も認められ、外戚でもあった呉懿の伝をなぜ編纂しなかったのか。

果たして陳寿の意図はどこにあったのでしょうか。

 

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

劉範も勇将と認められるでしょうが、賈龍、呉懿の方が益州の中では戦上手といえます。

その中でも劉璋の代で活躍したとなると呉懿しかいませんね。

しかし劉璋の配下には他にも猛将として知られる張任や劉潰、雷銅、厳顔などもします。

次回は呉懿よりも強い武将が益州にいたのか、探っていくことにしましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?
  2. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  4. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  5. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  6. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  7. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  2. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?
  3. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  4. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  5. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  6. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった? 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰? 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった! 陳寿が語る孫権像 やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

おすすめ記事

  1. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  2. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  3. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  4. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  5. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  6. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  7. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  8. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP