朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?

この記事の所要時間: 219




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・2世の活躍」のコーナーです。

 

 

劉備(りゅうび)と死ぬときは一緒と「桃園の誓い」を交わした

義兄弟の関羽(かんう)張飛(ちょうひ)は、劉備より先に亡くなりました。

219年に関羽が孫権の裏切りにあって背後を突かれて捕らえられ、処刑されます。

長子である関平も同じく処刑されています。

 

 

221年に張飛が部下の裏切りにあって寝首を搔かれて殺されました。

関羽の弔い合戦に出陣する直前のことです。

独り取り残された劉備は配下の静止を振り切って孫権を攻めます。

 

 

義弟を殺され怒りに燃える劉備でしたが、内心は寂しかったに違いありません。

絶望すら感じていたのではないでしょうか。




三国志演義には2世が登場し、大活躍!

 

そんな劉備の前に現れたのが、

関羽の次子・関興(かんこう)と張飛の長子・張苞(ちょうほう)でした。

二人は先陣を巡り争いますが、劉備のとりなしもあり、義兄弟の契りを交わします。

親同士は義兄が関羽、義弟が張飛ですが、その子供同士は義兄が張苞、義弟が関興と逆になっています。

張苞は父親に劣らぬ猛将として活躍。

 

 

父親である張飛を暗殺した張達と范彊をその手で処刑し、仇を討っています。

関興も張苞と同じく活躍し、父親である関羽を捕らえた潘璋を討ち、

見事に父親の愛用していた青龍偃月刀を取り返しています。

つまり蜀は大敗しましたが、張苞も関興も父親の無念を晴らしたわけです。

蜀ファンにとっては胸のすく思いでしょう。

劉備も義弟の息子たちの立派な活躍に涙を流して喜んだのではないでしょうか。

関羽と張飛の志、魂がしっかりと息子たちに受け継がれていたのです。

 

関連記事:蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの?

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る




三国志「正史」ではどう描かれているのか?

 

しかし、驚くことに三国志「正史」にはまったく別のことが記されています。

まず張苞ですが、父親である張飛が暗殺される以前にすでに亡くなっているのです。

張飛似の猛将だったのか定かではありませんんし、

劉備とともに「夷陵の戦い」に出陣することもできなかったわけです。

関興と義兄弟の契りを結んだ記録もありません。

関興については、関羽の死後、家を継いだと記録されています。

異例の大抜擢を受けて出世しましたが数年後に亡くなっています。

武勇面での活躍の話は残されていません。

正史において、張苞と関興はまったく注目されていないわけです

 

三国志演義では北伐にも従事

 

張苞と関興兄弟は、諸葛亮孔明に従い北伐にも参加しています。

張苞は第二次北伐に参加した際に谷に落ちて負傷し、そのまま亡くなりました。

228年の話ということになります。

関興は第三次北伐まで参加していますが、

病気のためその後の北伐には参加できず病没しています。

229年までは生存していたことになります。

正史と三国志演義では活躍する場面から亡くなる年までまったく異なるのが、張苞と関興なのです。

 

— 北伐特集 —

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

ちなみに三国志演義では関興に討たれる潘璋ですが、正史ではそのような記述は見当たりません。

潘璋は戦死するどころか、夷陵の戦いの後、平北将軍・襄陽太守と出世し、

孫権が皇帝に即位した際には右将軍に任じられています。

亡くなったのは234年と記されています。

つまり関興が潘璋を討ったという話は蜀ファンの希望であり、想像の産物です。

このような事例が、三国志演義はフィクションであると評価される由縁なのでしょう。

三国志演義を柱にして三国志の世界を構築してしまうと、やはり蜀びいきになります。

呉で活躍した英雄たちは、蜀の英雄の踏み台にされ、正当な評価を受けられなくなるのです。

関羽、張飛の息子たちが志を受け継いで活躍してくれる姿を私も見たいですが、真実は別なのかもしれませんね。

いつの時期のどこの戦場にも二人の姿はなかったかもしれないのです。

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義

関連記事:三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記…
  2. 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…
  3. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  4. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  5. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武…
  6. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  7. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  8. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  2. 三国志演義に登場する兵器
  3. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  4. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  5. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現

おすすめ記事

  1. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  2. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  3. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  6. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!
  7. 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ
  8. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP