呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?

マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)




 

魏には曹操のおかげで多くの文官がおりましたが、

曹操孫策孫権袁術などの群雄に仕えた文官は、

曹魏の中でも彼一人ではないのでしょうか。

今回は袁術に強制的に仕えることになった華歆(かきん)がマッハで彼に見切りをつけた理由と

袁術に仕えるまでの経歴をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた




民衆達の規範とならねばいけないから

 

華歆は春秋戦国時代の斉の都市であった高唐(こうとう)生まれの人物です。

この都市は春秋戦国時代から栄えていたためこの地の役人達は、

休日になるとみんなで遊びに出かけていたそうです。

華歆もこの地の役人として就職するのですが、

皆と一緒に休日は遊びに出かけることをしませんでした。

ある役人が華歆へ「どうしてお前は遊びに行かないんだ」と訪ねます。

すると彼は「俺は役人として仕事しているのだ。

役人として民衆達の規範とならねばならないのにどうして遊びに行くことができるのだ。」と

相談してきた役人に怒りをぶちまけたそうです。




霊帝廃立計画に誘われる

 

華歆は高唐の役人として真面目に仕事をしていたある日、友人である王芬(おうふん)から

「霊帝(れいてい)廃立を行おうと思っているから一緒に計画を立てようではないか」と

誘われます。

華歆の友人である陶丘洪(とうきゅうこう)は、

王芬の元へ行きこの計画に参加しようとして華歆を誘います。

しかし華歆は陶丘洪へ「古の伊尹(いいん)や

霍光(かくこう)ですら皇帝をすげ替えるのに苦労をしているのだ。

王芬が計画しても必ず失敗するから行かないほうがいい」と説得。

陶丘洪は華歆の説得を聞いて王芬の計画に加わることを断念します。

後日華歆の言ったとおり王芬の計画は失敗に終わってしまうことになり、

陶丘洪は華歆に感謝したそうです。

 

関連記事:蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

 

袁術に強制的に仕えさせられる

 

霊帝が亡くなると何進(かしん)が権力を握って政治を取り仕切っていくことになります。

この時華歆は何進から呼ばれて後漢王朝の朝廷に仕えることになります。

しかし董卓が洛陽に入って権力を握ってやりたい放題やり始めたことに危険を感じ、

彼は「地方の県へ移動させて欲しい」と董卓へ要請。

董卓に許可をもらった当時、中原は戦乱で荒れており各地に賊徒が出没。

華歆は賊徒が出没していたため任地へ行くことができず南陽に留まって、

各地の状況を調査することにします。

しかしこの地を本拠としていたハチミツおじさん袁術に捕まってしまい、

強制的に仕えることになってしまいます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

ハチミツおじさんにマッハで見切りをつけた理由とは?

 

華歆は袁術にとっつかまってしまったためしょうがなく彼に仕えることにします。

彼は袁術へ「董卓が暴虐な政治を行って民衆達は困窮している状態です。

今あなた様が長安へ兵を出して董卓を討伐することができれば、

漢王朝の名臣として歴史に名をとどめることができるでしょう」と進言。

しかし袁術は「え??俺が董卓を討伐するの。メンドイし董卓強いし、

はちみつ食べたいし、兵士失いたくないし・・・・」と言い訳ばっかりごねます。

華歆は袁術の言い訳を全て聞く前に彼の元を去って行ったそうです。

 

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

華歆は袁術の元を去るとある人物から招聘を受ける事になるのですが、

これがきっかけで運命が変わることになります。

その人物は馬日磾(ばじつてい)です。

彼は後漢王朝の政治家で、李傕から「関東諸侯を鎮撫しろ」と

命令をうけて東へ行った人物です。

そんな彼は関東諸侯の鎮撫を命じられた詔勅を受けて、

徐州に到着した際に華歆を召し出して豫章太守へ任命します。

この結果、彼の運命大きく変化することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張昭、孫権、孫策、周瑜 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権
  2. 苦笑いするしかなかった公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの?
  3. 戦死 霊柩車 槥 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  4. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  5. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  6. 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸…
  7. 石亭の戦い 曹休と韓当 曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた?
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜
  2. 霊帝
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. キングダム54巻amazon
  5. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)
  6. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  7. 夏侯惇

おすすめ記事

  1. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介! 陳平
  2. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  3. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち 関興と張苞
  4. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 はじめての三国志 画像準備中
  5. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!
  6. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 曹操 孔明をチェック

三國志雑学

  1. 周瑜の魅力
  2. スーパーDr華佗
  3. 張飛の男気人生
  4. 魯粛
  5. 京劇の格好をした関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  2. 北伐する孔明
  3. 織田信長
  4. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

おすすめ記事

劉備の臨終に立ち会う孔明 劉備はいつから病気になっていた?晩年の判断ミスをすべて病気のせいにしてみる キングダム キングダム596話ネタバレ雑学「大将軍」という地位は本当にあるの? 曹仁 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 賈詡に学ぶベストな転職の方法 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 鱸魚を釣る左慈 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操) 魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP