朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?

この記事の所要時間: 229




 

魏には曹操のおかげで多くの文官がおりましたが、

曹操・孫策・孫権・袁術などの群雄に仕えた文官は、

曹魏の中でも彼一人ではないのでしょうか。

今回は袁術に強制的に仕えることになった華歆(かきん)がマッハで彼に見切りをつけた理由と

袁術に仕えるまでの経歴をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた




民衆達の規範とならねばいけないから

 

華歆は春秋戦国時代の斉の都市であった高唐(こうとう)生まれの人物です。

この都市は春秋戦国時代から栄えていたためこの地の役人達は、

休日になるとみんなで遊びに出かけていたそうです。

華歆もこの地の役人として就職するのですが、

皆と一緒に休日は遊びに出かけることをしませんでした。

ある役人が華歆へ「どうしてお前は遊びに行かないんだ」と訪ねます。

すると彼は「俺は役人として仕事しているのだ。

役人として民衆達の規範とならねばならないのにどうして遊びに行くことができるのだ。」と

相談してきた役人に怒りをぶちまけたそうです。




霊帝廃立計画に誘われる

 

華歆は高唐の役人として真面目に仕事をしていたある日、友人である王芬(おうふん)から

「霊帝(れいてい)廃立を行おうと思っているから一緒に計画を立てようではないか」と

誘われます。

華歆の友人である陶丘洪(とうきゅうこう)は、

王芬の元へ行きこの計画に参加しようとして華歆を誘います。

しかし華歆は陶丘洪へ「古の伊尹(いいん)や

霍光(かくこう)ですら皇帝をすげ替えるのに苦労をしているのだ。

王芬が計画しても必ず失敗するから行かないほうがいい」と説得。

陶丘洪は華歆の説得を聞いて王芬の計画に加わることを断念します。

後日華歆の言ったとおり王芬の計画は失敗に終わってしまうことになり、

陶丘洪は華歆に感謝したそうです。

 

関連記事:蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

 

袁術に強制的に仕えさせられる

 

霊帝が亡くなると何進(かしん)が権力を握って政治を取り仕切っていくことになります。

この時華歆は何進から呼ばれて後漢王朝の朝廷に仕えることになります。

しかし董卓が洛陽に入って権力を握ってやりたい放題やり始めたことに危険を感じ、

彼は「地方の県へ移動させて欲しい」と董卓へ要請。

董卓に許可をもらった当時、中原は戦乱で荒れており各地に賊徒が出没。

華歆は賊徒が出没していたため任地へ行くことができず南陽に留まって、

各地の状況を調査することにします。

しかしこの地を本拠としていたハチミツおじさん袁術に捕まってしまい、

強制的に仕えることになってしまいます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

ハチミツおじさんにマッハで見切りをつけた理由とは?

 

華歆は袁術にとっつかまってしまったためしょうがなく彼に仕えることにします。

彼は袁術へ「董卓が暴虐な政治を行って民衆達は困窮している状態です。

今あなた様が長安へ兵を出して董卓を討伐することができれば、

後漢王朝の名臣として歴史に名をとどめることができるでしょう」と進言。

しかし袁術は「え??俺が董卓を討伐するの。メンドイし董卓強いし、

はちみつ食べたいし、兵士失いたくないし・・・・」と言い訳ばっかりごねます。

華歆は袁術の言い訳を全て聞く前に彼の元を去って行ったそうです。

 

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

華歆は袁術の元を去るとある人物から招聘を受ける事になるのですが、

これがきっかけで運命が変わることになります。

その人物は馬日磾(ばじつてい)です。

彼は後漢王朝の政治家で、李傕から「関東諸侯を鎮撫しろ」と

命令をうけて東へ行った人物です。

そんな彼は関東諸侯の鎮撫を命じられた詔勅を受けて、

徐州に到着した際に華歆を召し出して豫章太守へ任命します。

この結果、彼の運命大きく変化することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  2. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  3. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  4. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  5. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  6. 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  7. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  8. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  2. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  3. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】
  5. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  6. 『三国志』人気を数字から考えてみる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 孔明の北伐の目標はどこだったの? 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい! 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR) 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

おすすめ記事

  1. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?
  2. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい
  5. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  6. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  7. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  8. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP