ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情




 

うーん、季節は梅雨ですねぇkawausoがいる沖縄では

2017年6月19日現在も絶賛大雨の真っ最中です。

雨と言えば、雨具や雨靴、傘なのですが、三国志の時代には、

現代のような傘は存在していたのでしょうか?

今回のすこやか三国志は、聞いた覚えがない三国志の時代の傘について

色々、探っていますよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介




始皇帝の馬車についているアレは傘じゃないの?

 

始皇帝の兵馬俑などを見ていると、馬車の上に傘のようなものが

開いているのが確認できますが、あれは傘ではないのでしょうか?

実はアレ、傘ではなく車蓋(しゃがい)と呼ばれていました。

 

用途は雨をしのぐ事ではなく権力の象徴で馬車の上に開き威厳を示していました。

その証拠として貴人の馬車の車蓋は黒絹で防水性はゼロです。

車蓋は馬車から取り外す事が出来て、移動中も貴人に差し掛けていましたから、

やっぱり実用ではなく、威厳を示すアイテムですね。

 

おまけに車蓋は閉じる事も出来ません、ずっと開きっぱなのです。




光武帝が車蓋で恥をかいた記述

 

光武(こうぶ)帝が皇帝になり、馬車が封丘(ふうきゅう)という城に入ろうとした時、

城門が低くて、車蓋が天井につかえて通れず、恥をかかされた光武帝

激怒して下役を鞭で打ったという記録が後漢書・虞延(ぐえん)伝にあります。

 

実は、この車蓋、高さが3メートルもあり、馬車の高さ

120センチと合せると4メートル20センチにもなります。

中型のトラックでも、高さ4メートルですから、

当時の馬車の全高は中型トラック以上という事になるのです。

 

それはさておき、高さ3メートルの車蓋は傘というより、

閉じないビーチパラソルの方が近い存在でしょう。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志の時代には傘は無かったのか?

 

では、三国志の時代には、現代のような傘は無かったのでしょうか?

どうやら、当時は手に持つ傘よりも頭にかぶる笠がポピュラーだったようで

三国志 呉書 呂蒙(りょもう)伝には、官給の鎧を雨で濡らす事を嫌った

南陽出身の兵士が、民家の軒にあった笠を盗んで使用し、それを知った呂蒙が、

「窃盗は僅かな罪でも許されない」として斬罪に処した記録があります。

 

でも、考えてみると戦争に出ている兵士が片手の塞がる傘を差して

戦うなどという事はあり得ないような気がしますね。

他に傘の記録はないのでしょうか?

 

前漢時代の宦官 史游の書いた急就編に傘の記述が

 

前漢時代の元帝の配下に宦官の史游(しゆう)という役人がいて、

彼は、漢字練習用の教科書、急就(きゅうしゅう)編という本を書いています。

この急就編に注釈を書いた顔師古(がん・しこ:581~645)によると

 

「頭に乗せて雨を防ぐのを笠と言い、把(は:取っ手)がついていて、

手で持って雨を防ぐのをトウと言う」という一文があります。

 

 

このように、「竹」+「登」の漢字を当てたものが、

この時代の傘であるという事が出来ると思います。

但し、この時代の傘は閉じるという機能は持っていなかったようで、

そうだとすると保管は、かなり不便な感じですね。

 

 

三国志ライターkawausoの一言

 

傘というと、雨ばかりではなく、これに強風が絡むとキツイですね。

途中で折れてしまったら、ゴミになる上に、ずぶ濡れという悲惨な目に遭います。

でも、それは、傘の骨が八本と少ないからで、その倍の十六本骨の傘なら、

強風にも耐えて、傘が裏返るという大惨事も防ぐ事が出来ます。

 

もちろん骨が多い分、一般の傘よりも重いという難点はありますが、

値段も手ごろで、丈夫という評価は一定しているようです。

 

調べてみると、さらに上の二十四本骨傘もあるようなので、

少々重くても頑丈な傘をお探しの方にはおススメですね。

 

告知:はじめての三国志では、桃園出版 三国舎という

出版レーベルを立ち上げ、第一弾 朝まで三国志 全13話をKDP化しました。

曹操劉備袁術呂布のような一クセも二クセもある英雄達が巻き起こす

おかしな、オカシナ徹底討論、一度お試しください。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 宦官たち  人々の鑑になった良い宦官達
  2. 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法
  3. 于禁 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの??
  4. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  5. 皇帝に就任した曹丕 禅譲とは何をするの?曹丕を例にわかりやすく解説
  6. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  7. 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  8. 甘寧と呂蒙と凌統 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 子供時代の桃園三兄弟
  2. 張遼・楽進・李典
  3. スピリチュアルにハマる光武帝
  4. 羊コ 羊祜 魏と晋
  5. 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)
  6. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  7. 徐庶
  8. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

おすすめ記事

  1. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ?
  2. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 黄忠の様子を見に行く趙雲
  3. 徳川家定はどんな人?障害を乗り越え必死に頑張った13代将軍の素顔 徳川家定
  4. 趙雲は孔明のようなアドバイスを劉備にしていた?実は軍師タイプだった? 劉備に褒められる趙雲
  5. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  6. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

三國志雑学

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  3. 張飛の男気人生
  4. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄巾賊を撃破する皇甫嵩
  2. 袁術をからかう呂布
  3. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子
  4. ヨイショをする曹操
  5. 張燕

おすすめ記事

法正 「龐統と法正」蜀の最強軍師を決めてみた!? 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 張良と劉邦 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの? 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 夏侯惇 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP