広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!

この記事の所要時間: 327




 

陳泰(ちんたい)

彼は司馬懿の三男・司馬昭(しばしょう)の親友であり、

父は魏の重鎮としてその名を知られる陳羣(ちんぐん)です。

彼は父・陳羣とは違い文官にならずに武将として成長していき、

蜀軍と幾度も戦いを続けて勝利を収め「蜀軍キラー」としてその名を轟かせていきます。

今回は蜀軍キラーとなる前の彼と蜀軍の戦いをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言




奴隷を連れてきてくれと頼まれるが・・・・

 

陳泰は曹叡(そうえい)の時代に幷州(へいしゅう)の刺史に任命。

彼は曹叡が亡くなり曹芳(そうほう)が皇帝の位に就任すると

護匈奴中郎将(ごきょうどちゅうろうしょう)という官職に就任。

陳泰は対異民族に対して時に威厳を持って接し、

時に恩恵を持って彼らと接しておりました。

そのため彼が幷州にいる間に大規模な異民族の反乱が起きることはありませんでした。

当時魏の高官や貴族達の間で異民族を奴隷として働かせることが流行っており、

幷州の刺史で異民族と接していた陳泰へ

「異民族の奴隷を送ってくれ」と彼に莫大なお金を送ってお願いをします。

しかし陳泰は送ってきたお金に一切手をつけないで、

魏の朝廷がある中央に戻ってきた時にすべて返します。

この事を知った異民族達は陳泰を大いに慕ったそうです。




雍州刺史として赴く

 

陳泰は幷州の刺史としてしっかりとした実績を残すと

雍州(ようしゅう)の刺史であった郭淮(かくわい)が都督へ昇進するため、

雍州刺史へ異動。

彼が雍州刺史に異動するとすぐに蜀の大将軍である姜維が大軍を率いて進軍してきます。

姜維は麴山(きくざん)と呼ばれる山に砦を建築し、

羌族(きょぞく)からとった人質をこの砦へ入れ、

蜀の将軍である李歆(りきん)らに守備をさせます。

その間姜維は軍勢を率いて雍州各地へ侵入を繰り返しておりました。

 

北伐の真実に迫る

 

陳泰の進言

 

郭淮は陳泰へ「姜維に対してどのように対応するのが最善であろうか」と

アドバイスを求めます。

すると彼は郭淮へ「麴山は要害堅固ですが兵糧はあまりなく

遠い漢中から兵糧を輸送しなくてなりません。

我らがこの輸送路を押さえてしまえば麴山の蜀軍は兵糧が無くなり、

反撃することができなくなるでしょう。

麴山への兵糧輸送を我が軍が押さえれば必ず、

姜維が援軍としてやってきますが、

麴山周辺は蜀の大軍が展開できない土地でありますので、

撃退することは簡単であると思います。」と述べます。

郭淮は陳泰の進言を聞き入れて彼に鄧艾(とうがい)らの諸将を率いさせ、

蜀軍が駐屯している麴山を包囲させます。

彼は麴山を包囲すると同時に麴山の蜀軍へ兵糧輸送をしている経路を断ち切り、

麴山へ供給している水路も断ち切ることにします。

陳泰はこうして蜀軍の兵糧輸送経路と水の手を断ち切ることに成功。

そして彼は麴山周辺に砦を構築して姜維率いる蜀軍を待ち受けることにします。

 

姜維の帰路を断ち切れ

 

陳泰は姜維が蜀軍を率いて麴山に篭城している軍勢を救援しにやってくるとの

情報を得ると諸将へ「戦は戦わずして勝つことが一番いいとされている。

そこで諸君には姜維がやってきても砦から打って出ることをしないで欲しい。」と命令。

また彼は郭淮へ手紙を送り「姜維の帰路を断ち切れば、

蜀軍は恐れて撤退することになりましょう。

将軍はすぐに姜維の帰路を断つべく出陣していただけないでしょうか。」と提案。

郭淮は陳泰の提案を受け入れてすぐに姜維の背後に回って蜀軍の帰路を断つべく出陣。

陳泰も姜維が漢中へ帰れないようにするために出陣します。

姜維は麴山の蜀軍を救援するためにやってくるのですが、

麴山周辺に築かれた砦に攻撃しますが、

魏の諸将が力を合わせて砦を守っていたためすぐに陥落させることはできませんでした。

姜維はじっくりと魏軍の砦を攻めるために駐屯しようとしている最中、

驚くべき知らせが舞い込んできます。

 

姜維撤退

 

郭淮・陳泰の軍勢が蜀軍の拠点である漢中への帰路を塞ごうとしているとのことでした。

彼はこのまま麴山の蜀軍救援にこだわっていては帰路を塞がれてしまうと

砦に駐屯している魏軍と姜維率いる蜀軍の背後へ回っている魏軍に挟撃されることを恐れ、

麴山から撤退していくことになります。

そして麴山に篭城していた蜀軍は姜維が撤退する様子を見て魏軍に降伏。

こうして陳泰は蜀軍と本格的に戦うことなく、姜維を追い払うことに成功し

蜀軍を降伏させるのです。

ここから陳泰の蜀軍キラーとして活躍することになります。

 

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陳泰はこの戦い以降西方に駐屯することになり、

姜維が北伐を開始すると彼が必ず応戦することになります。

まさに姜維にとっては宿敵と言っていいほどの人物であり、

魏にとっては蜀軍に対して連戦連勝する守り神のような将軍となっていくのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」…
  3. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  4. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  5. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  6. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  7. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  8. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  3. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  4. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3
  5. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人
  6. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何? ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの? 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?
  2. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  3. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  4. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  5. 三国ベースボール攻略2 エースに邪馬台国女王・卑弥呼が加入!
  6. 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい?
  7. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  8. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP