架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての魏

陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将

この記事の所要時間: 312




 

陳泰(ちんたい)の父は魏の名臣陳羣(ちんぐん)

母親は荀彧(じゅんいく)の娘です。父親が亡くなると、その後を継いで魏に仕えます。

司令官の能力が非常に高く、政治家としての才能も優秀でした。

また司馬昭(しばしょう)と仲が良かった知勇兼備の将・陳泰(ちんたい)の活躍を紹介していきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの?




不正を許さない

 

父の跡を継いだ陳泰の初仕事は、魏との国境沿いに住む異民族を上手く手なずけ、

仲良くする仕事でした。

簡単そうな仕事ですが、異民族は国境を度々犯し、魏にとって厄介な民族でした。

陳泰は任地に赴き、ときに威厳をもって接し、あるいは恩恵をもって異民族に接します。

この陳泰の方針に異民族も彼になつき国境は平穏になりました。

そんな中、都の貴族は異民族を奴隷として働かせるために、陳泰に賄賂を贈ってきます。

しかし、正義感に溢れ、不正を許さない性格の陳泰は、

賄賂には一切手を付けず、任地から帰って来た時に、送られた賄賂をすべて送り主に返したそうです。




姜維から恐れられた名指揮官

姜維

 

その後、陳泰は蜀との国境に近い雍州に転勤します。

魏の国境を蜀軍から守ることが、今回の仕事内容です。

蜀の姜維(きょうい)が大軍を率いて国境に侵入してきたと急報が入ります。

上司で長年国境を守ってきた郭淮(かくわい)から「どうすればよいか」と相談されます。

陳泰は「蜀軍が築城している二つの城を包囲すれば、姜維が援軍にやってきます。

その後、姜維軍を包囲すれば、必ずや勝利できましょう。」と郭淮に進言します。

郭淮は陳泰の進言を取り入れた事で、簡単に蜀軍を蹴散らすことに成功します。

 

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

 

郭淮が亡き後、姜維は再び魏に侵攻

 

郭淮が亡くなると、姜維は再び魏に侵攻してきます。

陳泰は郭淮の跡を継ぎ、魏と蜀の国境を守備する総司令官に就任しました。

陳泰は、王経から蜀軍は兵を三つに分け、侵攻してきていると報告します。

陳泰は冷静に蜀軍の動きを見て、王経に「兵力は分散せず、

守備兵を一か所にまとめて、狄道城を守りなさい。」と命令を出し出陣します。

陳泰の考えは、王経軍と陳泰軍で包囲軍を挟撃し、蜀軍をコテンパンにする作戦でした。

しかし、狄道城に向かう王経は、途中で蜀軍に遭遇し惨敗し、狄道城は包囲されてしまいます。

狄道城が包囲されていることを知った陳泰は援軍にきた鄧艾軍などを率いて救援に向かいます。

狄道城の南にある山に陣を敷いた陳泰軍は、狄道城にのろしを上げ、援軍が来たことを伝えます。

その後、舗装された正規の道を通らず、悪路である間道を使って山を下ります。

陳泰は「姜維は通りやすい道を使ってわが軍が山を下りると予想している。

そのため、この道に伏兵を設けているはずだ。

だから姜維が予想しない悪路を選んで、

姜維の本陣に攻撃を仕掛ければ一気に勝負の決着が着くではないか。」

と諸将に説明し、進軍を開始します。

陳泰の予想は的中し、現れないと思っていた所から魏軍が攻撃をしてきたため、

蜀軍は大混乱し敗北します。

蜀軍を大いに破った陳泰はこの功績が認められて、累進します。

 

親友・司馬昭に憤慨し、自害

 

陳泰は軍事や政治における能力の高さを発揮し、魏国の代表的な人物になりました。

しかし陳泰の人生を揺るがす大事件が起きます。親友である司馬昭が皇帝を殺害してしまったのです。

当時、司馬氏が天下を運営しており、皇帝である曹氏には何の決定権もありませんでした。

そのため、皇帝は司馬氏を殺害しようとたくらんでおりました。

しかし、そのたくらみは司馬昭にばれてしまい、皇帝は殺害されてしまいました。

 

司馬昭は陳泰に皇帝を殺害したことを相談

 

皇帝殺害を行った司馬昭は「皇帝殺しちゃったよ。

玄伯(陳泰のあざな)どうすればいいか教えてくれない」

と親友である陳泰に相談を持ち掛けます。

陳泰は「皇帝殺害を考えた賈充を殺して、天下に謝罪しなよ」と答えます。

司馬昭は「それは無理だ。ほかの手段はないか」と再び陳泰に相談を持ち掛けます。

しかし陳泰は「もっと厳しい方法はあるけど、賈充を殺す以外の方法を私はしらない。」

と反論し、司馬昭の部屋から出ていきます。

その後自宅に帰った陳泰は自害してしまいます。

陳泰は、清廉潔白で、正義感の強い人物です。

司馬昭を救うためには、皇帝殺害を企てた賈充を殺すか、

司馬昭自ら死ぬかの二択しかないと陳泰は思っていたそうです。

しかし司馬昭は重臣である賈充を殺すことはできず、代わりに親友である陳泰を失ってしまうのです。

陳泰が、自害した事を知った司馬昭は悲しみました。

 

三国志ライター黒田廉の一言

黒田廉

 

陳泰は、親友・司馬昭が皇帝を暗殺した後の方針について相談を持ち掛けたとき

「もっと厳しい方法はあるけど、賈充を殺す以外の方法を私はしらない。」と提案します。

この時、司馬昭が自害して天下に謝りなさいと告げないところに陳泰の苦悩が現れています。

不正を許さない性格と親友を思う気持ちの間で揺れ動いた陳泰は、

悩み切った上で自害を選択したのでしょう。

陳泰の苦悩が表れた行動だと私は思います。

長いお話にお付き合いいただきありがとうございます。

次回も黒田廉の三国志話会にお付き合いください。それじゃまたにゃ

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  2. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  3. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキ…
  4. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  5. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  6. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  7. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあ…
  8. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 若かりし曹操は熱血漢
  2. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  3. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン
  4. 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介
  5. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  6. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族? 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介! 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

おすすめ記事

  1. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  2. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  3. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  4. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  5. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  6. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  7. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?
  8. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP