はじめての三国志コミュニティ
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?

この記事の所要時間: 213




 

曹操(そうそう)の軍師としてその名を歴史にとどめることになった程昱(ていいく)

三国志演義の程昱袁紹軍を仕留めるために十面埋伏の計を曹操に提案。

この程昱の提案に賛成した曹操袁紹軍に対して、

十面埋伏の計を使ってフルボッコにします。

この他にも様々な献策を行い曹操軍の軍師としての地位を確立した彼ですが、

曹操に仕える前は何をしていたのでしょうか。

今回は曹操に仕える前の程昱のお話をしていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?




髭づらの若者

 

程昱は身長190センチという超長身のスレンダーボディをした人物で、

また彼は関羽には劣るものの見事なヒゲを蓄えていたそうです。

このような風貌で生まれ故郷である東阿(とうあ)の街中を歩き回っていたそうです。

そんな彼の運命を変える出来事がおきます。

それは黄巾の乱です。

曹操や孫堅劉備の運命を変えたこの反乱は程昱の運命も変えてしまうのです。

黄巾の乱が勃発すると県令を補佐する役人である王度(おうたく)が黄巾の乱に呼応して、

反乱を起こし県の中にある食料庫などを燃やしてしまいます。

東阿の県令は王度が反乱を起こしたことを知るといち早く城から逃れて逃亡し、

民衆達も被害に遭わないうちに逃亡。

程昱もこの逃亡民達と一緒に城外へ出るのですが、

城からある程度離れると使用人を使って城がどのようになっているのか調査させます。

東阿の城を急襲して火をつけまくって暴れていた王度はそのまま城にこもることなく、

城外に出て駐屯していることを知ります。

すると彼は行動を開始します。




県の豪族達へ提案

 

東阿には多くの部下を持っている豪族・薛房(せつぼう)がおりました。

彼は王度が東阿の城を攻撃した際に反撃する事ができず城外へ落ち延びておりました。

程昱は彼が城外に落ち延びている事を知ると彼と会見。

彼は薛房へ「王度らは少数の兵士か連れていないのであろう。

理由は東阿の城を維持できなかったことで明らかである。

そこで私はあなたに提案するのだが、

今すぐに東阿の城へ県令を探し出して駆け込み城門を固く閉ざし、

民衆と一緒に攻撃を防げれば奴らは東阿城へ攻撃を仕掛けてきても返り討ちにすることができる」と

アドバイスを行います。

程昱のアドバイスを聞いた薛房ですがひとつ困ったことが発生。

それは民衆達が東阿の城の東にある山に登って彼の後に続こうとしていないことです。

程昱は薛房へ「民衆達が山にこもっているのは賊徒が怖いからです。

そこで民衆達へ賊徒が西から迫ってきているぞと叫んでやれば、

彼らは賊徒達が怖いため一斉に東阿城へ逃げ込んでくるでしょう」と提案。

この提案を受けれた薛房は民衆達へ大声で「西から賊徒がやってきている」と叫びます。

民衆達は薛房の言葉を信じて急いで山を降りて、薛房や程昱達と一緒に東阿城へ移っていきます。

東阿城に入城した程昱と薛房は県令を見つけ出すと彼を総大将として仰いで賊軍に抵抗をします。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

城門を開いて賊軍へ突撃

 

程昱は賊軍が城へ攻撃を仕掛けてくると薛房や民衆を指揮して敵軍へ弓矢や石を落とし、

賊軍の攻撃を防がせます。

王度は東阿城の防御が思いのほか固い事を知り攻撃を中止して撤退をしていきます。

程昱は薛房と一緒に急いで民衆と薛房の部下を集めて城門を開かせ、

敵軍へ突撃を行い見事に賊軍を打ち破ることに成功します。

こうして東阿の城は賊徒の手に落ちることなく堅守することに成功するのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

程昱はその後どうしたのでしょうか。

彼は東阿県から出て兗州の刺史である劉岱(りゅうたい)がいる場所へ流れていきます。

劉岱のところでは目立った活躍をしなかった・・・・のではありません。

劉岱のところでもしっかりと目立つ働きをした後、曹操へ仕えることになります。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

関連記事:軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  2. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?
  3. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  4. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  5. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  6. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  7. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  8. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  3. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  4. 三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは
  5. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

おすすめ記事

  1. 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人
  2. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」
  3. 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  5. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  6. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  7. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  8. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP