キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!

この記事の所要時間: 25




 

鍾繇(しょうよう)の部下として仕えることになった張既(ちょうき)

彼は鍾繇と一緒に涼州(りょうしゅう)・雍州(ようしゅう)で、

独立勢力として生きてきた荒くれ者達と交渉しながら統治。

 

 

しかし馬超韓遂(かんすい)曹操に対して反乱を起したことによって、

2州の統治が一時的に不可能な状態になってしまいます。

だが馬超韓遂連合軍の反乱は、

曹操軍の攻撃によって敗北した後、

夏侯淵(かこうえん)が涼州・雍州2州の反乱軍を討伐して鎮圧。

そして張既がこの涼州・雍州2州を再び治めていくことになります。

彼は逆らう者には容赦しないで軍を出して討伐していきますが、

民衆達や従順な豪族たちにはしっかりと恩恵をもって2州を治めていくと

すっかりと反乱もなくなり平和な2州を作り出すことに成功します。

張既がこのように2州の刺史として活躍する人物であると予見した人物がおりました。

その名を游殷(ゆういん)と言います。

彼は張既が幼い頃から将来長官になる人物であると予見した人物でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家




游殷からの誘い

 

張既は子供の頃から容姿に優れ一つ一つの動作に優れていた人物でした。

そんな彼を観察していた郡の功曹(こうそう=人事を司る役職)をしていた

游殷(ゆういん)という人物は張既を観察して、優れているものを持っている人物であると判断。

彼は張既へ「君を家に招きたいのだが、来てくれるかい」と誘います。

すると張既は「分かりました。今日伺いに行きます」と子供ながらしっかりとした返事をして、

游殷と分かれていきます。

游殷は家に帰ると奥さんへ「私にとって大事な客が来るからしっかりともてなしてくれ」と

伝えます。

奥さんは游殷の言葉を聞いて豪勢な料理を作って旦那の客を待ち受けます。




息子を預ける

 

游殷は張既がやってくると上席に据えて彼と歓談し始めます。

奥さんは游殷のお客を見て笑いをこらえて奥へ下がっていきます。

游殷は張既と宴会を行ないながら歓談を終えると真剣な眼差しで彼を見据えて

「張既殿私の息子はまだ幼い。

そこで私の息子を君にあずけたいと考えているのだがどうだろうか。」とお願いします。

張既は游殷のお願いにたじろいてしまいますが、

幾度も游殷が頭を下げてお願いをしてきたので「分かりました。お引き受けいたします」と

了解することにします。

こうして游殷は満足気に頷き彼を丁重に玄関まで送って宴会は終了することになります。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

長官になる器だ!!

 

游殷は張既が帰ると奥さんから「あなた。今日のお客様ってあの子のことだったの。」と

尋ねられます。

游殷は「そうだが」と返答します。

すると奥さんから「あなた。あの子はまだ子供ではありませんか。

どうしてお客さんと言えるの。」と質問します。

すると彼は「お前。あの子は将来長官となるべき人物だぞ。

だから私はあの子に自らの子をしっかりと教育してくれと託したのだ。」と

述べると奥さんは游殷の評価に驚いてしまいますが、

彼の評価が公正であることを知っていたので何も言わずに納得することになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

游殷の人物評価は当たることになります。

彼はその後涼州・雍州2州を数十年にわたって統治する人物へと成長することになります。

張既の将来の姿を予見した游殷の先見の明には、

恐ろしい程の能力があることがお分かりいただけると思います。

さて游殷が張既へ預けた息子はその後どのような人物へと成長するのでしょうか。

次回は游殷の息子にスポットライトを当ててみたいと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物…
  2. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  3. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛…
  4. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  5. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  6. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  7. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  8. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  2. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編
  3. 日本刀はどこがどう凄いの?【はじ三ヒストリア】
  4. 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!
  5. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  6. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  2. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  3. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました
  6. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  7. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?
  8. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP