はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての漢

王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト




 

袁紹(えんしょう)が亡くなると袁紹の後継者の座を巡って

袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう)の兄弟が争いを始めます。

両者は結局曹操に滅ぼされてしまうのですが、

袁尚袁譚には忠臣と呼ばれる人物がおりました。

袁尚には審配(しんぱい)と呼ばれる忠臣がおり、

彼は袁尚曹操軍に敗北して北方へ逃亡した後も鄴城を守り続けた忠臣です。

袁譚にも審配のような忠臣がおり

今回はこの忠臣・王修(おうしゅう)をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?




嫌がらせを受けるも・・・・

 

袁譚は青州(せいしゅう)を父袁紹から任されることになると一人の人物を召し出して、

配下に加えます。

その人物の名は王修(おうしゅう)と言います。

彼は袁譚に仕えると同僚であった人物から度々嫌がらせを受けておりましたが、

彼は激怒してその人物にやり返すことなく、黙ってやり過ごしておりました。

そんな中、王修に嫌がらせをしていた人物が死刑を宣告されることになります。

この時王修は自分に嫌がらせをしてきた人物の裁判を受け持つことになるのですが、

彼の刑罰である死刑を免じて許してやります。

この結果袁譚の配下や民衆達はおおいに彼を褒め称えたそうです。

この事件を聞いた袁紹は彼を自らの配下として迎え入れ、

数年間袁紹の元で仕えた後再び袁譚の配下として帰ってくることになります。




部下と民衆を連れて救援に向かう

 

袁紹が官渡の戦いで曹操軍に敗北。

この敗北が原因で袁紹が亡くなると袁譚と袁尚は袁紹の後継者の座を巡って、

争い始めます。

袁尚は兄である袁譚を滅ぼすために攻撃を開始。

袁譚も袁尚軍を迎撃するために出陣するのですがこてんぱんにやられてしまいます。

王修は袁譚が敗北したことを知ると部下と民衆を集めて袁譚を助けに行きます。

袁譚は王修が救援しに来たことを大いに喜び「我が軍が敗北してなお、

散りぢりにならないのは王修のおかげである」と彼を褒めまくったそうです。

しかし袁譚の敗北が青州各地に広まると一斉に袁譚へ反乱を起こして、

領土内はガタガタになってしまいます。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

再び袁尚攻撃を行おうとする

 

袁譚は領内で反乱を鎮圧して再度袁尚へ攻撃を仕掛けるべく準備を行います。

王修は袁譚が再び袁尚へ攻撃しようとしていることを知ると彼に

「ご兄弟が争っている状態が続けば必ず滅亡します」と忠告。

袁譚は彼に「どうすればいいのだ」と相談します。

すると王修は彼に「兄弟を例えるならば左右の手です。

戦に望む際に右手をぶった斬って「俺は負けない!!」というバカはいないでしょう。

また殿の配下には色々と袁尚様の悪口を言って戦わせようとする奴らがおり、

奴らを追放して、袁尚様と語り合うことが最良の道であると考えます。」と進言します。

しかし袁譚は彼の言葉を聞かないで袁尚へ攻撃を仕掛けるも再びボコボコにされます。

この時袁譚は敵である曹操と同盟を結んで助けてもらい、

なんとか領土へ撤退することになります。

 

急いで救援に向かうも・・・・

 

その後袁譚は袁尚が曹操軍に敗北して北へ逃走すると袁尚の領土を奪っていき、

曹操との同盟を破棄して決戦を行います。

王修はこの時兵糧輸送を行っていたのですが、袁譚が南皮(なんぴ)城に篭城し、

いつ陥落してもおかしくない状態に追い込まれていることを知ります。

彼は兵糧輸送を部下に任せ、数十人を率いて南皮城へ救援しに行くのですが、

南皮城へ到着する前に袁譚は討ち取られておりました。

王修は南皮城へ行き曹操へ「我が主君の遺体を埋葬したい」と伝えますが、

曹操は一切彼の言葉に返事をしませんでした。

そこで彼は再び口を開いて「私は袁譚様から多大な恩を頂戴しており、

彼の遺体を埋葬し終えたならいつ処刑しても結構です」と

袁譚の遺体をどうしても埋葬する強い意志を見せます。

曹操は彼の強固な意志を見たことに気をよくして袁譚の遺体を王修へ渡してやることにします。

王修は袁譚の遺体を引き取ると手厚く彼を埋葬したそうです。

 

関連記事:董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!

関連記事:袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王修は袁尚における審配のような忠臣と言っていいのではないのでしょうか。

彼が少ない軍勢でありながら君主を救援しに行く姿はまさに忠臣と言えるでしょう。

しかし仕える君主がポンコツ過ぎたため、

彼のまっとうな意見も採用されることなく滅びてしまいます。

もし彼の意見を袁譚が採用して袁尚と仲直りするよう努力していれば、

歴史は変わることになります。

そして袁譚と袁尚が仲直りをした場合、

曹操の河北統一事業はかなりの時間を要していたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  2. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  3. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  4. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰)  【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  5. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜…
  6. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政 キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  7. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  8. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄月英
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 上杉謙信
  4. 曹操軍
  5. 甘寧 裏切る ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情
  2. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 孔子と儒教
  3. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 曹宇
  4. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった 孟嘗君
  5. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  6. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 近藤勇 新選組
  2. 殺害される姜維と鍾会
  3. 織田信長

おすすめ記事

幕末 魏呉蜀 書物 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!? 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった? 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの? キングダムネタバレ570話「バジオウ死す」レビュー解説 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの? 織田信長 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 周瑜に憧れる袁術 第18話:袁術くん「集中力の高め方」を周瑜から学ぶ 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP