編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?

この記事の所要時間: 216




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・リーダーの決断」のコーナーです。

 

 

後漢最後の皇帝となる献帝・劉協は、196年にかつての都であった洛陽に辿り着きます。

献帝はわずかな供を連れて、李傕や郭汜ら董卓の残党が支配する長安を脱出していたのです。

このときの皇帝には賊徒を倒す軍事力もなければ、群雄らに指示するような統率力もありませんでした。

途方に暮れる献帝を救えるのは、冀州の袁紹か、兗州を呂布から奪還した曹操か、

やや距離があるものの揚州の袁術か、荊州の劉表のいずれかということになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活




項羽(こうう)の失敗から学ぶ

 

「西楚の覇王」こと項羽(こうう)はかつて絶大な力を手にしながら、

最終的に劉邦(りゅうほう)に敗れて自害しています。

項羽が劉邦に敗れるきっかけになったのが楚王の扱いです。

項羽は楚の懐王を傀儡とし、秦を滅ぼした後の皇帝としました。義帝の誕生です。

しかし義帝は次第に自立を目指すようになります。

邪魔になった項羽は義帝を暗殺することにしたのですが、これによって項羽は人望を失ったのです。

そして劉邦に逆転の機会を与えることになりました。

帝を推戴するということは、メリットもあればデメリットもあるのです。

特に後漢皇帝に代わって天下に号令をしたい、

という野心を持っていればデメリットの方が大きくなります。

この事例があり、献帝を保護すべきかどうかで袁紹や曹操は悩むのです。




リーダーの決断

 

献帝の保護について、劉表はアクションを起こしておらず、

袁紹に従うような方向性だったと思われます。

袁紹は沮授や田豊の進言もあり、かなり悩んだようです。

しかし、献帝に指示を受けるようになり、それに従わないと名声を失う危険性があることと、

いずれは漢王朝に替わって天下を支配する野心から、献帝の保護を取りやめたようです。

献帝自体が董卓の擁立した皇帝であり、

万民に認められているわけではなかったという背景もあったのではないでしょうか。

袁術は献帝の保護に動いています。

しかし曹操に先を越されました。

曹操もやはり献帝の保護には悩んだようです。

反対した家臣も多くいました。

最終的には荀彧の進言を受け入れて献帝を保護しています。

曹操には献帝を保護した場合のメリットの方が大きかったということでしょう。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

献帝保護のメリット

 

193年に曹操は徐州に攻め込み大虐殺を行っています。

そのため人心が曹操から離れていきました。

特に徐州に縁の有る名士たちから恨まれる結果になったのです。

この状況を挽回し、名声を高め、名士たちの力を利用するためには漢室復興のスローガンは重要でした。

河北の雄・袁紹をしのぐ勢力を築くためには、献帝の持つ権威が必要だったというわけです。

曹操は袁紹に遠慮して大将軍の位を譲っていますが、

実はこうして着実に袁紹に迫る力をつけていったのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

もし曹操が献帝を保護しなければ、

名士はおろか武将や兵卒に至るまで曹操陣営の多くが袁紹になびくことになったでしょう。

官渡の戦いの際の曹操軍・袁紹軍の勢力差は歴然としていましたが、

これも献帝を保護していたからこの差で済んだと考えたほうがいいかもしれません。

つまり献帝を保護していなければ、

「曹操は官渡の戦いで袁紹に敗れていた」のではないでしょうか。

というか袁紹の圧勝ですね。

問題はそうなると袁術が献帝を保護していたことになり、

曹操をしのぐ勢力になっていた可能性があります。

歴史が大きく変わり、「官渡の戦いは袁紹VS袁術」になっていたかもしれません。

献帝の保護という決断が、曹操にとって将来を左右する重要なものだったわけです。

しかし、項羽の前例があり、

曹操が皇帝になる道も閉ざされたという側面もあるのではないでしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  2. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  3. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  6. 陳寿が語る孫権像
  7. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  8. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  2. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  3. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  5. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  6. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの? 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る! 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

おすすめ記事

  1. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  2. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  5. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  6. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  7. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?
  8. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP