広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

この記事の所要時間: 236




 

江東の小覇王として君臨していた孫策(そんさく)

袁術の元から兵を分けてもらうと江東へ進出して一気に江東の軍閥を討伐して制圧。

その名を天下に届かせます。

 

 

そんな彼が徐州の名士である姓は陳、字は元龍(げんりゅう=陳登の字)に

コテンパンにされることがあったそうです。

徐州の名士である陳登(ちんとう)はどのようにして江東の小覇王をコテンパンにしたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!




小覇王の軍勢がやってくる

 

陳登は呂布(りょふ)が徐州を占有していた頃、呂布の使者として曹操と会見したことがありました。

この時に彼は広陵(こうりょう)の太守に任命されます。

その後呂布が曹操に討伐されるとそのまま曹操の家臣となり、

伏波将軍(ふくはしょうぐん)の位を与えられ引き続き広陵を治めることになります。

そんな中、江東の孫策が陳登の居城としている城へ攻撃を仕掛けてきます。

孫策の軍勢は河が全て軍勢で覆い尽くすほどの大軍であったそうです。




部下の進言

 

陳登の部下は陳登へ「孫策軍は大軍で我が軍では少数しかいません。

この城で大軍を防ぎ切ることはできないでしょう。

そこで一旦この城を孫策軍に与えてから逆襲するのがいいのではないのでしょうか。

水戦を得意とする奴らが陸に上がれば我らとまともに戦うことはできないと考えます」と

進言します。

陳登はこの進言を聞くと激怒して反論します。

 

「伏波将軍の名にかけて逃げ出すことはできない」by陳登

 

陳登は部下の進言を聞くと彼に「バカ野郎!!逃げ出せることなんてできるか。

俺は伏波将軍だ!!昔この将軍の位に就いていた馬援(ばえん)は

南方討伐に向かった際大いに蛮族を蹴散らし、

北方に赴いた時にも異民族達にひるむことなく討ち滅ぼした。

そんな重い将軍の位を持っている私が一戦もしないで逃げることなんてできるか。

私は国家の正義に従って向かってくる賊軍を打ち払うのみである」と反論。

この陳登の反論を聞いた部下は陳登の指示に従って城門を閉ざして、

一切の音を立てることをやめさせるように命令を伝達します。

 

一気に孫策軍へ突撃を行う

 

陳登は城壁に上って孫策軍の様子を見ると明らかに油断している様子が伺えます。

そして彼は兵士達へ「明朝。城門を開いて孫策軍に突撃を行う。

夜のうちにしっかりと武器を整えておくように」と命令を下します。

そして陳登率いる軍勢はしっかりと武器を点検して夜明けを待ちます。

夜が明けると陳登は孫策軍が駐屯している城門と反対の城門を開いて、

孫策軍へ突撃を開始。

油断して切っていた孫策軍は陳登軍の突撃を受けてしまい大混乱に陥り、

船に乗ることもできずに陳登軍の攻撃を受けてい片っ端から討ち取られてしまい、

死傷者は数万人に登ったそうです。

その後孫策軍は再び陳登軍へ攻撃を仕掛けるため進軍を開始。

孫策軍の再攻撃を受けた陳登は部下である陳矯(ちんきょう)を曹操の元へ派遣して、

援軍を送ってもらうように要請を行います。

 

作戦が大成功

 

 

陳登は孫策軍が再度攻撃を仕掛けてくる意志を見せると

孫策軍にバレないよう薪を持ってこさせて城の後方へ陣営をいっぱい作らせます。

そして夜中この陣営に火をかけて曹操の大軍が来たように見せかけます。

この火は後方の山にまで飛びして山火事となり盛大な炎を挙げることになるのですが、

この炎を見た孫策軍は曹操軍の大軍が来たと勘違いして一斉に退却。

こうして陳登は自らの知略と勇気で孫策軍の大軍をコテンパンにするのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陳登は上記の作戦によって孫策軍をコテンパンにすることに成功。

江東の小覇王としてほとんど負けなしで勝ち続けていた孫策軍に

負けの味を味あわせたのは陳登が初めてではないのでしょうか。

そんな彼は非常に民衆から慕われておりこの戦の後異動することになるのですが、

広陵の民衆は陳登の後を追っていったそうです。

しかし彼は民衆へ「俺はダメな太守だ。君たちを戦に巻き込んでしまったからだ。

次に来る太守は俺よりしっかりとしているはずだから心配はいらないよ」と

言って諭して広陵へ帰したそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  2. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  3. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  4. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  5. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  6. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島…
  7. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  8. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とお…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  2. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】
  4. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?
  5. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  6. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった? 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの? 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る! どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

おすすめ記事

  1. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  2. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  3. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  4. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  5. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?
  6. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  7. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  8. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP