三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

この記事の所要時間: 236




 

江東の小覇王として君臨していた孫策(そんさく)

袁術の元から兵を分けてもらうと江東へ進出して一気に江東の軍閥を討伐して制圧。

その名を天下に届かせます。

 

 

そんな彼が徐州の名士である姓は陳、字は元龍(げんりゅう=陳登の字)に

コテンパンにされることがあったそうです。

徐州の名士である陳登(ちんとう)はどのようにして江東の小覇王をコテンパンにしたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!




小覇王の軍勢がやってくる

 

陳登呂布(りょふ)が徐州を占有していた頃、呂布の使者として曹操と会見したことがありました。

この時に彼は広陵(こうりょう)の太守に任命されます。

その後呂布曹操に討伐されるとそのまま曹操の家臣となり、

伏波将軍(ふくはしょうぐん)の位を与えられ引き続き広陵を治めることになります。

そんな中、江東の孫策が陳登の居城としている城へ攻撃を仕掛けてきます。

孫策の軍勢は河が全て軍勢で覆い尽くすほどの大軍であったそうです。




部下の進言

 

陳登の部下は陳登へ「孫策軍は大軍で我が軍では少数しかいません。

この城で大軍を防ぎ切ることはできないでしょう。

そこで一旦この城を孫策軍に与えてから逆襲するのがいいのではないのでしょうか。

水戦を得意とする奴らが陸に上がれば我らとまともに戦うことはできないと考えます」と

進言します。

陳登はこの進言を聞くと激怒して反論します。

 

「伏波将軍の名にかけて逃げ出すことはできない」by陳登

 

陳登は部下の進言を聞くと彼に「バカ野郎!!逃げ出せることなんてできるか。

俺は伏波将軍だ!!昔この将軍の位に就いていた馬援(ばえん)は

南方討伐に向かった際大いに蛮族を蹴散らし、

北方に赴いた時にも異民族達にひるむことなく討ち滅ぼした。

そんな重い将軍の位を持っている私が一戦もしないで逃げることなんてできるか。

私は国家の正義に従って向かってくる賊軍を打ち払うのみである」と反論。

この陳登の反論を聞いた部下は陳登の指示に従って城門を閉ざして、

一切の音を立てることをやめさせるように命令を伝達します。

 

一気に孫策軍へ突撃を行う

 

陳登は城壁に上って孫策軍の様子を見ると明らかに油断している様子が伺えます。

そして彼は兵士達へ「明朝。城門を開いて孫策軍に突撃を行う。

夜のうちにしっかりと武器を整えておくように」と命令を下します。

そして陳登率いる軍勢はしっかりと武器を点検して夜明けを待ちます。

夜が明けると陳登は孫策軍が駐屯している城門と反対の城門を開いて、

孫策軍へ突撃を開始。

油断して切っていた孫策軍は陳登軍の突撃を受けてしまい大混乱に陥り、

船に乗ることもできずに陳登軍の攻撃を受けてい片っ端から討ち取られてしまい、

死傷者は数万人に登ったそうです。

その後孫策軍は再び陳登軍へ攻撃を仕掛けるため進軍を開始。

孫策軍の再攻撃を受けた陳登は部下である陳矯(ちんきょう)を曹操の元へ派遣して、

援軍を送ってもらうように要請を行います。

 

作戦が大成功

 

 

陳登は孫策軍が再度攻撃を仕掛けてくる意志を見せると

孫策軍にバレないよう薪を持ってこさせて城の後方へ陣営をいっぱい作らせます。

そして夜中この陣営に火をかけて曹操の大軍が来たように見せかけます。

この火は後方の山にまで飛びして山火事となり盛大な炎を挙げることになるのですが、

この炎を見た孫策軍は曹操軍の大軍が来たと勘違いして一斉に退却。

こうして陳登は自らの知略と勇気で孫策軍の大軍をコテンパンにするのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

陳登は上記の作戦によって孫策軍をコテンパンにすることに成功。

江東の小覇王としてほとんど負けなしで勝ち続けていた孫策軍に

負けの味を味あわせたのは陳登が初めてではないのでしょうか。

そんな彼は非常に民衆から慕われておりこの戦の後異動することになるのですが、

広陵の民衆は陳登の後を追っていったそうです。

しかし彼は民衆へ「俺はダメな太守だ。君たちを戦に巻き込んでしまったからだ。

次に来る太守は俺よりしっかりとしているはずだから心配はいらないよ」と

言って諭して広陵へ帰したそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  2. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  4. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  5. 龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?
  6. 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい…
  7. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  8. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  2. 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?
  3. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労
  4. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  5. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?
  6. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜

おすすめ記事

劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの? キングダム ネタバレ予想536話「右翼で大戦争勃発」 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人? 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?

おすすめ記事

  1. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  2. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  3. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  4. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  5. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  6. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  7. 第4話:袁術くん、時間の使い方を上手くなるため「タイムマネジメント」を学ぶ
  8. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP