架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 517




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

新キャラ龍雲丸とその一行を井伊家の木材を伐採する仕事を依頼したことで、

協力関係を築くことになります。

こうして龍雲丸とその一行は井伊家に馴染んでいたと判断した直虎は、

中野直之(なかのなおゆき)、六左衛門(ろくざえもん)、小野政次(おのまさつぐ)らの総意の

元で龍雲丸とその一行を井伊家へ召し抱えようとしますが断れれてしまうのでした。

直虎は龍雲丸を召し抱えることができなくて残念そうにするのでした。

さて今回は井伊家のみならず遠江(とおとうみ)・駿河(するが)を領有する今川家、

三河を拠点とする徳川家康、そして戦国の風雲児であるあの人物が登場します。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介




おんな城主・井伊直虎第24話の見どころその1:縁談話が持ちかけられる

 

今川家は甲斐(かい)の虎・武田信玄(たけだしんげん)との同盟が切れたことに激怒して、

ある政策を推し進めていくことにします。

今川家の当主・氏真(うじざね)は甲斐地方へ塩やその他の日常品を販売することを禁止。

井伊直虎は塩売買の禁止を知る前に瀬田の方久と木材売買の方針について、

語り合っておりました。

その結果直虎は今川家に木材売買をするのではなく気賀(きが)の中村屋に任せることに。

この晩直虎の元へ駿府(すんぷ)から帰ってきた小野政次がやってきます。

政次は直虎へ「駿府から新野さんところの桜様を今川の重臣で

今川義元(いまがわよしもと)の軍師役であった太原雪斎(たいげんせっさい)の本家である

庵原(いはら)家へ嫁に出すようにと仰せ付けられた。

もし桜様を嫁に出すことを渋るようであったら、

徳政令を出すとプレッシャーをかけてきました」と述べます。

直虎は高瀬(たかせ)を嫁に出せと言われたわけではないので、

一応安堵をします。

しかし庵原家がどのような家なのかわからないため不安でもありました。

そして直虎と政次が氏真から提案された婚姻話について話している最中、

徳川家ではあの人物が岡崎にやってきていたのです…。




おんな城主・井伊直虎第24話の見どころその2:家康と信長の密談

 

直虎と政次が新野家の娘・桜と庵原家との婚姻話について検討していた頃、

岡崎(おかざき)城に戦国の風雲児・織田信長(おだのぶなが)が徳川家康と会談。

信長は家康へ「武田と結ぶつもりではなかろな」と釘を刺しておりました。

この言葉を聞いた家康はびっくりして「そんなことはありません」と

ビクビクしながら述べていました。

信長は家康へ「そうか。ともかく俺を裏切ることなく、

言う通りにやっていれば必ず駿府はお主の手に落ちるであろうよ」と

言って去っていくのでした。

さて家康は信長が去った後、

奥さんである瀬名へ信長の愚痴をしこたま言って憂さを晴らしたそうです。

そして家康は信長の予想通り武田の姫を迎えて手を組む用意をしていたそうです。

はたして家康は信長と手を切って武田と同盟を結ぶことになるのでしょうか。

それとも今までどおり信長との同盟を維持していくのでしょうか。

 

おんな城主・井伊直虎第24話の見どころその3:あの人が去っていく

 

直虎は桜の旦那となる庵原朝昌(いはらともまさ)と会って、

どのような人物なのかを確かめます。

朝昌と対面した井伊直虎は桜へ「あなたの旦那は気骨があってまっすぐな人物だった。」と

感想を述べます。

直虎の感想を知った桜は庵原家に嫁ぐ決意を固め駿府へ向かっていくのでした。

直虎は井伊谷の館に帰ってくると乳母のたけがいなくなっていることを母親である

裕椿尼(ゆうちんに)から教えられることになります。

直虎は幼少期の直虎を小さい頃から支えてきたたけが居なくなっていることを知ると、

急いで馬に乗って追っていきます。

たけに追いついた直虎は「井伊を去ることは私が許さん」と激怒。

しかしたけは「乳母といえどもしっかりとした人物をお抱えにならなくてはなりません。」と

キッパリと諫言。

そしてたけは「最後の最後ぐらいは私の言うことを聞いてくださってもいいでしょう。姫様」

と涙を流しながら笑顔で直虎へ進言するのでした。

直虎はたけの涙を見て幼少期から今までのたけとの思い出を浮かべて涙し、

たけを馬の背に乗せて里まで見送って行くのでした。

この場面は井伊直虎を初めから見ている人にはかなり感動的な別れのシーンといえ、

今回最大の見どころでもあるので、是非ご覧あれ。

 

おんな城主・井伊直虎第24話の見どころその4:直虎の外交政策

 

直虎は井伊谷(いいのや)へ帰ると小野政次と碁を打ちながら語っておりました。

直虎は政次へ「私を支えるために身命を賭してくれる者ばかりが、

井伊家にはいっぱいおる。たけも私をしっかりと支えてくれた一人だ。

私も井伊家当主としてしっかりしなくてはならないな」と述べます。

すると政次も「左様ですか。たけが里へ帰りましたか。」と感慨深けに言いながら、

パチリと碁石を打ち込むのでした。

そして直虎は「そこでじゃ政次。

桔梗(ききょう)と北条家との縁談を行いたいと思っているゆえ、

この手紙を北条へ送ってもらいたいのじゃ」と井伊家の当主らしい面持ちで、

井伊家の今後の外交展開を披露。

政次は破顔して「直虎様。中々いい手をおうちになさる。早速手配しましょう」と

直虎の外交政策に賛成します。

こうして直虎は今までのように井伊谷のことだけを考えているのではなく、

他国にも接近していくための布石を打っていくことになるのです。

直虎が北条家に対して外交の布石を打っていた頃、

徳川家では家康と瀬名姫の息子である竹千代(たけちよ)と

信長の娘である徳姫(とくひめ)との婚姻が成立。

この竹千代と徳姫との縁談が、後年徳川家に対して怨恨を残すことになるのですが、

このお話は大河ドラマで描かれることでしょう。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

今回は井伊家、徳川家、織田家、今川家の四家にとって非常に重要な話となっております。

まず徳川家と織田家ですが家康の嫡男・竹千代と信長の娘・徳姫(とくひめ)が、

婚姻したことによって織田家と徳川家の同盟関係は以前より強固なものになります。

そして井伊家も新野の桜を庵原家と婚姻させたことによって、

今川家との従属関係が強固なモノになっていくことになります。

徳川は信長と同盟を強固にしたことによって東から攻撃をされることがなくなり、

遠江・駿河地方へ全力を注ぐことが出来る状態となり有利な同盟と言えるでしょう。

しかし今川と井伊の従属関係が強固になったことは、

井伊家とってメリットばかりではありません。

今川家との同盟関係を破棄した武田家が駿河へ侵攻してきた際、

井伊家=今川の味方と見られてしまい、

武田家から敵とみなされることになり井伊家の立場が危うくなります。

また遠江攻撃を目論んでいる徳川家からも井伊家は今川に味方していると認識され、

有利となる点は少ない縁組をすることになってしまうのでした。

今川は風前の灯火に近い状態ですので井伊家が早々に徳川、

もしくは武田と手を組んで家名維持を図るのか。

それとも庵原朝昌に「沈む寸前の泥船(今川家)を見捨てるのではなく、

泥船を強固な物にすることも必要なのではないのでしょうか」と提案されたように

今川家との主従関係を継続して今川の味方を続けていくのか。

はたして井伊家はどのような外交を展開していくのか。

今後の大河ドラマおんな城主・井伊直虎から目が離せなくなってきますね。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  2. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  3. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最…
  4. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  5. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  6. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  7. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  8. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?
  2. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?
  3. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  4. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  5. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  6. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! インスタグラムはじめました。 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・ 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです

おすすめ記事

  1. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  2. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  3. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  4. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  5. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  6. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  7. 呂布の裏切りについて考察してみた
  8. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP