三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側




 

司馬師の父である司馬懿(しばい)は曹爽(そうそう)と権力争いを行い、

政敵であった曹爽一派を誅殺。

曹爽一派を除いた司馬懿は魏王朝で絶大な権力を手にすることになるのですが、

病にかかってなくなってしまいます。

司馬懿は自らの息子である司馬師(しばし)に跡を引き継がせます。

司馬懿によって滅ぼされた曹爽一派ですが、

彼に関係していた人物達が全て滅ぼされたわけではありません。

彼ら曹爽一派に加担していた人物が、

司馬家に滅ぼされる前に司馬師を暗殺しようと企みます。

今回はあまり知られない

三国志マイナー事件簿:司馬師暗殺計画をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!




司馬師暗殺計画が動き出す

 

李豊(りほう)は曹爽に加担したことがありましたが、

曹爽一派が司馬懿との政争に敗北して彼らが処断された後、

司馬師に近づくことができたため彼の幕僚に加えられておりました。

そんな彼ですが過去曹爽一派と関係したことが原因で、

いつ司馬家に粛清されるか不安になっておりました。

そこで彼は息子である李韜(りとう)にこの不安を打ち明けるとともに

「司馬師に不満を抱いている人物はいっぱいいる。

夏侯玄(かこうげん)張緝(ちょうしゅう)らも司馬師に不満を持っている。

そこで夏侯玄を大将軍として司馬師一派を除いてしまおうと思うのだがどうであろう。」と

相談します。

李韜は父の意見に賛成。

李豊は息子が賛成してくれた為「まずは仲間集めからしなくてはならないな。

まず張緝の元に言って仲間になってくれるかどうか聞いてみてくれ」と李韜に張緝の元へ

行くように伝えます。




張緝を仲間に加える

 

李韜は張緝の元に行くと二人きりにしてもらい司馬師を除く計画を打ち明けます。

すると張緝は「うむ。俺も司馬師にいつ消されるかわからないからな。

その計画に参加することにしよう。

やるからには必ず勝たねば、一族郎党全滅することになるからな。」と李豊の計画に賛同。

こうして一人目の仲間を加えることに成功します。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

宦官を味方に付ける

 

李豊は李韜から張緝が計画に参加することを承諾してくれたことをきっかけに行動を開始。

彼は魏の皇帝に仕えている宦官へ

「司馬師暗殺を決行する。お前らは当然俺の仲間に加わるよな」と凄みを聞かせて説得。

すると彼らは「もちろんです」と脅迫に屈して李豊の仲間になります。

李豊は彼らへ「今度貴人が任命された時に宮殿を防衛する軍勢が宮門に駐屯するはずだ。

君達は陛下が外に出てきた際に司馬師討伐の号令をするように進言しろ。

そうすれば我らは宮門の兵を率いて司馬師を殺害する事ができる」と述べます。

しかし宦官達は李豊へ「陛下が司馬師討伐に難色を示されたら、

いかがすればいいでしょう」と質問します。

すると李豊は「陛下を脅して司馬師討伐を行うように宣言させろ」と答えます。

李豊の答えを聞いた宦官は「承知しました」と言って李豊と別れることになります。

こうして李豊達が考えた司馬師暗殺計画は着実に進行していき、

ついに暗殺決行の日を迎えることになります。

 

関連記事:【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

 

仲間が多すぎてバレてしまう

 

李豊の計画はここまで完璧でしたが司馬師に暗殺計画がバレてしまいます。

司馬師暗殺計画がバレた原因は不明ですが、

レンの予想では李豊が仲間を集めすぎていたのが原因ではないかと推測します。

李豊と誰かが二人きりで話していたとしても、

防音技術などはまだないため司馬師暗殺計画を誰かが聞いている可能性は、

ゼロではありません。

司馬師は李豊の暗殺計画を知ると彼を呼びつけて彼を厳しく糾弾して、

殺害してしまいます。

この計画に関与していた張緝・李韜、夏侯玄らは皆殺害されてしまい、

司馬師暗殺計画は実行に移る前におじゃんになってしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

李豊の暗殺計画の仲間であった夏侯玄は李韜からこの計画を知らされることになりますが、

彼はあまり司馬師暗殺計画に興味を持たなかったようです。

夏侯玄を大将軍にする計画であったにも関わらず彼は何で興味を持たなかったのでしょう。

これもレンの勝手な予想ですが、

夏侯玄はこの計画が成功しないと考えていたのではないのでしょうか。

証拠となる物が示せないですが、

レンの推測としてもし夏侯玄が司馬師暗殺計画が成功すると思っているのであれば、

李韜が計画を打ち明けた時に積極的に参加しているのではないのでしょうか。

成功する可能性がほとんどないため彼は積極的に参加しなかったと推測するのですが、

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

関連記事:知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した…
  2. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の…
  3. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  4. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  5. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽し…
  6. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  7. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  8. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 麴義はどんな人?アンビリバボー八百の兵で白馬義従1万を破った英傑
  2. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  3. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!
  4. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  5. キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ?
  6. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融

おすすめ記事

後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん) 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの? 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

おすすめ記事

  1. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  2. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿
  3. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?
  4. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!
  5. 【意外】戦国時代は城が玉砕するまで戦う事は少なかった 安土城 織田信長が作らせた城
  6. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  7. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  8. 徐晃は名将と呼べる将軍だったの??

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP