キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子

この記事の所要時間: 342




雍州・涼州の反乱勢力や異民族を討伐したことで、

数十年間安定した雍州・涼州二州の統治を行ってきた張既(ちょうき)。

彼が亡くなると息子である張緝(ちょうしゅう)が彼の跡を継ぐことになるのですが、

一体どのような人物であるか知っている人はほとんどいないのではないのでしょうか。

今回ははじさんおなじみの【マイナー文官列伝】として、

張緝をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww




適切な意見を述べたことで中央政界へ進出

 

張緝張既が亡くなると彼の跡を継ぐことになります。

彼は温という町の役人をしていたのですが、

諸葛孔明が漢中から出撃して魏軍の領土に侵入した際、

状況に適した助言を政府の高官へ行ったことがありました。

曹叡(そうえい)の側近である孫資(そんし)は張緝の助言を聞いて、

計略に優れた人材であると判断し曹叡に進言したことにより、

張緝は騎都尉(きとい)の位が与えれることになります。

張緝は騎都尉の位を与えれると曹真が行った蜀軍討伐戦に参加。

魏軍はこの戦いで戦果を挙げることはできませんでしたが、

張緝はこの戦いが終わると尚書郎の位を下賜されて中央政界へ進出することになります。




占い師に占わせる

 

曹叡は張緝に優れた才能があると考えてとりあえず占い師に彼を占わせることにします。

すると占い師のから驚くべきことを聞きます。

占い師は曹叡へ「二千石の官職でしょう」と占い結果を述べます。

曹叡は彼の才能が優れていると信じていたので「バカ野郎。おまえの目は節穴か!!」と

激怒して追い払ってしまいます。

そして彼は才能ある張緝を引き立てるために彼の娘を側室として、

後宮に入れることにします。

 

権力を手にれてドケチ化する

photo credit: B&W Maroon 1 via photopin (license)

 

張緝は娘が後宮へ入ったことによってガンガン官職が上がって行きます。

そのため収入も倍増することになるのですが、

彼はその収入を一切親戚や友人に分け与えることをしませんでした。

また権力が増したことによって傲慢になっていったそうです。

 

諸葛恪の死を予言する

photo credit: Dandelion via photopin (license)

 

呉の孫権が亡くなると孫亮(そんりょう)が二代目皇帝として君臨。

彼はまだ幼かったために諸葛瑾(しょかつきん)の息子である諸葛恪(しょかつかく)が、

政権を運営していくことになります。

彼が呉の丞相として君臨すると魏へ攻撃を仕掛けて大勝利を飾ることになります。

このことを知った張緝は魏の政権を握っていた司馬師(しばし)へ

「彼は遠からず亡くなると思います。」と予言。

司馬師は張緝へ「なぜそんなことを断定できるのかね」と質問します。

すると張緝は司馬師へ「彼の功績は皇帝を凌駕しており、

彼の評判は呉の民衆達全てが知っております。

このような状態の彼が死なずに済むわけがないでしょう。」と諸葛恪の死ぬ原因を述べます。

この結果、張緝の予言通り諸葛恪は暗殺されて亡くなってしまいます。

司馬師は彼の予言が当たったことを喜び側近たちへ

「張緝は遠くに居ながら諸葛恪の死を予言して彼の言うとおりになった。

やつは諸葛恪を超える人材じゃ」と張緝を褒めまくったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

張緝は曹叡や司馬師にも認められるほどの才能を持っておりましたが、

友人の計画のずさんさを指摘することができませんでした。

張緝の友人である李豊(りほう)は司馬師を排斥して、

夏侯玄(かこうげん)を大将軍にしようとする計画を立てます。

しかし司馬師にこの計画がバレて処刑されてしまいます。

そして彼と仲のよかった張緝も協力していたため、

罪に連座することになり一族郎党殺害されてしまうのです。

張緝は非常に才能豊かな人物でしたが、

性格が良くなかった為に友人の計画のずさんさを指摘することができずに

巻き込まれてしまいあっけない最後を遂げるのでした。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  4. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  5. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  6. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  7. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  8. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  2. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  3. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  4. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  5. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】

おすすめ記事

  1. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  2. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  3. 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○!
  4. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】
  6. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  7. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部
  8. 徳川家定はどんな人?障害を乗り越え必死に頑張った13代将軍の素顔

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP