朝まで三国志悪
キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

この記事の所要時間: 219




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志といえば魏の「曹操」、蜀の「劉備」、

呉の「孫権」が覇権を巡って争ったことで有名ですが、

実はこの中で曹操だけが仲間はずれなのです。

理由は、「曹操だけは皇帝に即位していない」からです。

 

 

劉備や孫権とは比べものにならないくらいの勢力を築いた曹操ですが、

自分自身が皇帝になろうとはしなかったと伝わっています。

むしろ重臣の夏候惇や陳羣などが皇帝に即位するように決断を迫ったくらいです。

曹操が皇帝に即位していたら何が変わったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】




実は呉の孫権も勧めている

孫権は関羽を討つために曹操に書面を送り、臣従を誓っています。

曹操はこのとき「魏王」でした。

孫権は対等の同盟を結ぶ資格を有していませんでした。

さらに孫権は曹操に媚びへつらうかのように、

曹操には天命があると説いています。

孫権としてもなぜ曹操が皇帝に即位しないのか理解に苦しんでいたのかもしれません。

漢王朝の臣下である曹操に臣従するということにも、孫権は納得がいかなかったのでしょう。

曹操ほどのカリスマと実力があるのであれば、

孫権は曹操が皇帝に即位したら本気で全面降伏していたかもしれません。

そのような書面を堂々と送り付けていることから、

孫権が漢王朝に見切りをつけていたのは間違いない事でしょう。




曹操のためらい

 

孫権の書面を受けて曹操は「このガキは俺を炉火の上に着せしめんと欲しているな」と笑いました。

意味は火徳をして王朝を開いた漢の上に座る。つまり王朝を簒奪するということと併せて、

火の上ですからやけどする可能性を語っているのです。

曹操は皇帝に即位した後のこともしっかり考えていたということでしょう。

この後、曹操はもし自分に天命があるのであれば、

「周の文王」となろうと答えています。

子の代で王朝を開くという意味です。

曹操はやけどを恐れて皇帝即位をためらっていたのでしょうか。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

曹操が皇帝即位

 

息子の曹丕が魏王となり、丞相となってから禅譲を受けているのですから、

それ以前に曹操が禅譲を受けていても何ら不思議なことではありません。

曹丕が皇帝として即位したら劉備も皇帝を自称するでしょうし、

他国が独立するきっかけを与えることに違いはありません。

状況は大きく変わったとは考えにくい話です。

曹操が禅譲を受けたら、儒家の名士たちがこぞって反対し、反乱を起こすでしょうか?

起こすのであれば曹丕が皇帝に即位したときにも起こしていたはずですね。

正面切って反論できるのは荀彧くらいですが、すでに自害してこの世にはいません。

曹操が皇帝に即位しても特に支障はないのです。

問題はただ一つ、曹操の寿命が尽きようとしていたことだけでしょう。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

217年、218年あたりが曹操の皇帝即位のチャンスだったでしょうか。

219年になると劉備と漢中を巡って戦ったり、

関羽が攻め込んでくるので忙しくなりそうです。

220年1月には曹操は死去してしまいます。

そう考えると、曹操の皇帝として君臨できる期間はわずかに2年か3年ですね。

魏王朝が成立してあっという間に初代皇帝は崩御し、

2代目の曹丕が皇帝に即位することになります。

混乱が起き、隙もできるでしょう。

クーデターも各地で発生するかもしれません。

自分の余命を考慮したとき、曹丕の代でしっかり建国した方が混乱は少ないように思えます。

しかも父親の曹操も果たせなかった皇帝即位を成し遂げたことで曹丕の株は上がるでしょう。

その方が、より安定した王朝を築けるかもしれません。

曹操としてはすべての選択肢の中で、

周の文王と同じような立場で死去することがベストだと考えたのでしょう。

確かにそれは正解だったかもしれませんね。

ただし、息子の曹丕は自分を文帝としましたが・・・。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  2. よりぶりんって、何者?
  3. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5…
  5. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  6. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  7. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だっ…
  8. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  2. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  3. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活
  4. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  6. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国時代】英雄の地位はどの位? 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました
  2. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?
  3. 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中
  4. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  5. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)
  6. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  7. 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。演義編に新シナリオ「徐庶伝」を追加。お得なパッケージの限定販売も
  8. 総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP