ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?




 

今週はキングダムがお休みなので、はじめての三国志では、

まだ詳しく紹介されていない趙峩龍(ちょう・がりゅう)について、

深掘り解説してみようと思っています。

渋い顔のナイスミドルながら、今回が初活躍という趙峩龍とは、

一体どのような人物なのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?




キングダム 趙峩龍藺相如の部下だった、、では藺相如とは?

 

少し前に馬南慈(ばなんじ)師匠が解説していましたが、趙峩龍は亡くなった

趙三大天の一人藺相如(りんしょうじょ)の部下だった人物です。

しかし、存命中で今でも大活躍をしている廉頗(れんぱ)と違い

すでに故人の藺相如ってどんな人かイマイチ、分りませんよね?

そこで、今回は藺相如の凄さを簡単に解説しておきましょう。




キングダム スーパー宝物 和氏の璧を秦王から守る藺相如

 

秦の昭襄(しょうじょう)王は、趙にあるスーパー宝物

和(か)氏の璧(へき)と秦の領地十五城を交換したいと持ちかけてきます。

悪くない条件ですが、秦は強く、さらに秦王は約束を守った試しがないので、

趙からは璧を奪われて帰される不名誉を恐れて、誰も使者になろうとしません。

そこで、繆賢(びゅうけん)という人の食客だった藺相如が登場、

趙王からの使命を引き受けて和氏の璧を胸に秦に向かう事になります。

 

懸念の通り、昭襄王は、和氏の璧を手に取ると城の話は一切せずに、

群臣や寵姫に見せびらかし、そのままパクろうとしました、すると、藺相如は

「実はその璧には細かい傷があります、場所を教えましょう」と言いつつ

昭襄王に近づき、璧を奪い取ると、急に恐ろしい形相になり

 

「なぁ秦王様、、趙じゃあよぉ、庶民から貴族までみーんな、

和氏の璧は貪欲な秦王に奪われるからやめた方がいいッて言ったんだよ、、

だけどオラぁ、幾らなんでも天下の大国の秦王が強盗の真似はすまい

私が請負いますと五日間も身を清め、遥々来たんだぜ。

そしたらどうだ?秦王、あんた俺の面子を潰すってのかぃ?

こんな恥をかかされるなら、こんな璧は打ち砕いて、俺はそこの柱に

頭を叩きつけて死ぬが、、それでもいいかィ?」

 

藺相如の迫力にビビった昭襄王は、慌てて、地図を持ってきて

交換する城の話をしますが、どうも口先だけで城を渡す様子が見えません。

藺相如は「沐浴をして身を清めたいので五日間下さい」と願い出て

その間に部下に和氏の璧を持たして趙に帰らせました。

 

そして五日後、和氏の璧はどうした?と詰め寄る昭襄王に藺相如は

 

「畏れながら歴代の秦王で約束を守った人間はおりません。

そこで、和氏の璧は部下に持たせて趙に帰しました、ここにはないのです

しかし、秦王が先に城を十五城渡すなら、いつでも和氏の璧は持ってきます。

もちろん、秦王に恥をかかせた私も生きているつもりはありません。

ここで首を刎ねていただいて結構で御座います」

 

秦の群臣は、無礼者の首を刎ねるべきですと主張しますが、

昭襄王は藺相如の侠気に感動し、藺相如を無事に帰しました。

和氏の璧を守り、趙の名誉も傷つけず自身の命まで守った藺相如は

璧を完(まっと)うするという意味で完璧と呼ばれたのです。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 

キングダム Mrパーフェクト藺相如は廉頗に土下座までさせた

 

さらに、藺相如は、あの傲岸不遜が鎧を着ているような男、廉頗

土下座謝罪をさせた男でもあります。

藺相如が外交で活躍し、地位が上がって廉頗を追い抜くと、

廉頗は面白くなく、藺相如への不平不満を周囲にぶちまけます。

 

「俺は命がけで戦場を駆け巡り、今の地位を掴んだのだ、

それを藺相如は口先だけで俺より上役に就きおった。

あんなヤツが俺より上であるなど絶対に許せん!!

道で出会ったらギッタンギッタンのメッタメタにしてやる」

 

それを聞いた藺相如は廉頗と顔を合せるのを避けるようになります。

しかし、ある時、道の向こうから廉頗が来るのを見た藺相如は、

馬車を細い路地に飛びこませてやり過ごそうとします。

あまりのみっともなさに、藺相如の従者達も呆れて文句を言います。

 

「あなたはそんなに廉頗将軍が怖いのですか・・

今度という今度は呆れました、故郷に帰らせて頂きます」

 

すると藺相如は静かにこう言ったのです。

 

「私は廉頗将軍を恐れるのではない、

私と廉頗将軍の関係に隙がある事を他国に知られ

趙が侵略を受ける事を恐れているだけだ」

 

自分のちっぽけなプライドより、趙の将来を考えた発言は、

従者から広まり、やがて廉頗の耳にも入りました。

廉頗は、自分が趙国の将来も考えず、プライドに凝り固まり

藺相如を嫌っていた事を激しく後悔し、

上半身裸になって、茨の鞭を背負い藺相如の屋敷まで行って土下座し

これまでの数々の無礼を詫びました。

 

藺相如は謝罪を受け入れ、二人はお互いの為に首を刎ねられても

恨まないと言う程の熱い友情、刎頸(ふんけい)の交わりを結んだのです。

 

Mrパーフェクト藺相如の部下なら強くない筈がない

 

このような藺相如の部下である趙峩龍なら強くない筈はありません。

廉頗の四天王、介子坊(かいしぼう)や輪虎(りんこ)くらいの働きなら

達成するのではないでしょうか?

漫画的な事情から考えても、廉頗の四天王は4名で力を分散しないと、

バランスが崩れてしまいますが、藺相如の部下は趙峩龍一人ですから、

既に亡き、藺相如に迫る働きが出来ても不思議はありません。

 

あの戦神昭襄王を圧倒した藺相如の部下ですから、

あっと驚く奇策を繰り出して、秦軍を苦しめるでしょう。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

今回は趙峩龍について、考えてみました。

燕のレジェンド武将の楽毅(がっき)同様に陰の薄い藺相如ですが、

実は、廉頗を上回るような活躍を外交上で達成していた事実があります。

事実、現実世界でも、どんな戦勝より外交上の成果の方が、

永続性と影響力において何倍も価値があります。

趙峩龍がどんな活躍をするのか今から楽しみです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  2. 陸遜 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編…
  3. 陳平 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  4. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  5. 敗北する桓騎 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  6. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文…
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  8. 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  2. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  3. 李牧
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍
  5. イナゴに畑を荒らされ食料不足
  6. 孔明のテントがある野外のシーン

おすすめ記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性 陸遜
  3. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 曹操軍
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  5. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  6. 岳飛の時代に『水滸伝』の豪傑が存命していた!? 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

三國志雑学

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 竹林の七賢
  3. 曹操 五胡十六国
  4. 司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 曹仁と曹操
  3. キングダム
  4. キングダム53巻
  5. 陳蘭
  6. 敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)

おすすめ記事

袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 キレる劉備になだめる黄権 夷陵の戦いの最大の敗因はどこにあった?もう一度夷陵の戦いを振り返る 張飛VS馬超 95話:馬超と張飛の一騎打ち あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた? 野球をする曹操と関羽と呂布 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる? 後藤象二郎 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP