三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?




 

今週はキングダムがお休みなので、はじめての三国志では、

まだ詳しく紹介されていない趙峩龍(ちょう・がりゅう)について、

深掘り解説してみようと思っています。

渋い顔のナイスミドルながら、今回が初活躍という趙峩龍とは、

一体どのような人物なのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?




キングダム 趙峩龍は藺相如の部下だった、、では藺相如とは?

 

少し前に馬南慈(ばなんじ)師匠が解説していましたが、趙峩龍は亡くなった

趙三大天の一人藺相如(りんしょうじょ)の部下だった人物です。

しかし、存命中で今でも大活躍をしている廉頗(れんぱ)と違い

すでに故人の藺相如ってどんな人かイマイチ、分りませんよね?

そこで、今回は藺相如の凄さを簡単に解説しておきましょう。




キングダム スーパー宝物 和氏の璧を秦王から守る藺相如

 

秦の昭襄(しょうじょう)王は、趙にあるスーパー宝物

和(か)氏の璧(へき)と秦の領地十五城を交換したいと持ちかけてきます。

悪くない条件ですが、秦は強く、さらに秦王は約束を守った試しがないので、

趙からは璧を奪われて帰される不名誉を恐れて、誰も使者になろうとしません。

そこで、繆賢(びゅうけん)という人の食客だった藺相如が登場、

趙王からの使命を引き受けて和氏の璧を胸に秦に向かう事になります。

 

懸念の通り、昭襄王は、和氏の璧を手に取ると城の話は一切せずに、

群臣や寵姫に見せびらかし、そのままパクろうとしました、すると、藺相如は

「実はその璧には細かい傷があります、場所を教えましょう」と言いつつ

昭襄王に近づき、璧を奪い取ると、急に恐ろしい形相になり

 

「なぁ秦王様、、趙じゃあよぉ、庶民から貴族までみーんな、

和氏の璧は貪欲な秦王に奪われるからやめた方がいいッて言ったんだよ、、

だけどオラぁ、幾らなんでも天下の大国の秦王が強盗の真似はすまい

私が請負いますと五日間も身を清め、遥々来たんだぜ。

そしたらどうだ?秦王、あんた俺の面子を潰すってのかぃ?

こんな恥をかかされるなら、こんな璧は打ち砕いて、俺はそこの柱に

頭を叩きつけて死ぬが、、それでもいいかィ?」

 

藺相如の迫力にビビった昭襄王は、慌てて、地図を持ってきて

交換する城の話をしますが、どうも口先だけで城を渡す様子が見えません。

藺相如は「沐浴をして身を清めたいので五日間下さい」と願い出て

その間に部下に和氏の璧を持たして趙に帰らせました。

 

そして五日後、和氏の璧はどうした?と詰め寄る昭襄王に藺相如は

 

「畏れながら歴代の秦王で約束を守った人間はおりません。

そこで、和氏の璧は部下に持たせて趙に帰しました、ここにはないのです

しかし、秦王が先に城を十五城渡すなら、いつでも和氏の璧は持ってきます。

もちろん、秦王に恥をかかせた私も生きているつもりはありません。

ここで首を刎ねていただいて結構で御座います」

 

秦の群臣は、無礼者の首を刎ねるべきですと主張しますが、

昭襄王は藺相如の侠気に感動し、藺相如を無事に帰しました。

和氏の璧を守り、趙の名誉も傷つけず自身の命まで守った藺相如は

璧を完(まっと)うするという意味で完璧と呼ばれたのです。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 

キングダム Mrパーフェクト藺相如は廉頗に土下座までさせた

 

さらに、藺相如は、あの傲岸不遜が鎧を着ているような男、廉頗

土下座謝罪をさせた男でもあります。

藺相如が外交で活躍し、地位が上がって廉頗を追い抜くと、

廉頗は面白くなく、藺相如への不平不満を周囲にぶちまけます。

 

「俺は命がけで戦場を駆け巡り、今の地位を掴んだのだ、

それを藺相如は口先だけで俺より上役に就きおった。

あんなヤツが俺より上であるなど絶対に許せん!!

道で出会ったらギッタンギッタンのメッタメタにしてやる」

 

それを聞いた藺相如は廉頗と顔を合せるのを避けるようになります。

しかし、ある時、道の向こうから廉頗が来るのを見た藺相如は、

馬車を細い路地に飛びこませてやり過ごそうとします。

あまりのみっともなさに、藺相如の従者達も呆れて文句を言います。

 

「あなたはそんなに廉頗将軍が怖いのですか・・

今度という今度は呆れました、故郷に帰らせて頂きます」

 

すると藺相如は静かにこう言ったのです。

 

「私は廉頗将軍を恐れるのではない、

私と廉頗将軍の関係に隙がある事を他国に知られ

趙が侵略を受ける事を恐れているだけだ」

 

自分のちっぽけなプライドより、趙の将来を考えた発言は、

従者から広まり、やがて廉頗の耳にも入りました。

廉頗は、自分が趙国の将来も考えず、プライドに凝り固まり

藺相如を嫌っていた事を激しく後悔し、

上半身裸になって、茨の鞭を背負い藺相如の屋敷まで行って土下座し

これまでの数々の無礼を詫びました。

 

藺相如は謝罪を受け入れ、二人はお互いの為に首を刎ねられても

恨まないと言う程の熱い友情、刎頸(ふんけい)の交わりを結んだのです。

 

Mrパーフェクト藺相如の部下なら強くない筈がない

 

このような藺相如の部下である趙峩龍なら強くない筈はありません。

廉頗の四天王、介子坊(かいしぼう)や輪虎(りんこ)くらいの働きなら

達成するのではないでしょうか?

漫画的な事情から考えても、廉頗の四天王は4名で力を分散しないと、

バランスが崩れてしまいますが、藺相如の部下は趙峩龍一人ですから、

既に亡き、藺相如に迫る働きが出来ても不思議はありません。

 

あの戦神昭襄王を圧倒した藺相如の部下ですから、

あっと驚く奇策を繰り出して、秦軍を苦しめるでしょう。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

今回は趙峩龍について、考えてみました。

燕のレジェンド武将の楽毅(がっき)同様に陰の薄い藺相如ですが、

実は、廉頗を上回るような活躍を外交上で達成していた事実があります。

事実、現実世界でも、どんな戦勝より外交上の成果の方が、

永続性と影響力において何倍も価値があります。

趙峩龍がどんな活躍をするのか今から楽しみです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  2. 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  3. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  4. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  5. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解…
  6. 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  7. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  8. 李斯 ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦
  2. 若かりし劉備 チャライ★
  3. 病に倒れる始皇帝

おすすめ記事

  1. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス
  2. 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 魏の曹操孟徳
  3. 袁紹の敗北は関羽のせいだった?
  4. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  5. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?
  6. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 孔明 東南の風

三國志雑学

  1. 環夫人
  2. 最弱武将 張飛
  3. 鍾会を説得する姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. スピリチュアルにハマる光武帝

おすすめ記事

【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 蒼天航路 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

おすすめ記事

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  2. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  3. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  4. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  5. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  6. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 亡くなる卑弥呼
  7. 【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあった人
  8. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP