よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・意外な真実」のコーナーです。

 

 

劉備といえば三国志の善玉、正義のヒーローです。

仁君であり、仕えるのであればできれば劉備に仕えたいなと思わせる人徳の士です。

 

悪との戦いの場には常に登場し、活躍します。

 

 

黄巾の反乱には義勇軍を率いて参戦。

暴君・董卓との戦いでは兄貴分である公孫瓚の客将として参加しました。

呂布袁術の討伐、曹操への反乱、そして赤壁の戦い。

劉備は何度倒れても、その都度立ち上がり、志を遂げるために立ち向かい続けるのです。

 

これって劉備に対する常識的な見解ですよね。

でも「三国志正史」では違うのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?




公孫瓚は反董卓連合に参加していたのか

 

北の豪族・公孫瓚は「三国志演義」では、

北平の太守として反董卓連合に参加した十七諸侯の一角を担っています。

客将の劉備も同伴しており、董卓軍の猛将・華雄の快進撃を劉備の義弟・関羽が止めました。

出陣前に曹操に勧められた熱い酒が冷え切る前に華雄の首を討ってきたのは有名な話です。

 

しかし、公孫瓚が反董卓連合に参戦したのは三国志演義の創作です。

河北では袁紹韓馥が立ち上がっていますが、

公孫瓚はそこに加わると見せかけて韓馥を攻撃しています。

つまり公孫瓚は董卓とはまったく敵対していないのです。

董卓の推挙で奮武将軍に出世しているぐらいです。




なぜ三国志演義では反董卓連合に参加しているのか

 

理由は至って簡単です。劉備をより善玉にするためです。

公孫瓚が反董卓連合に加わっていないということは、

劉備もその場にいなかったことになります。

最悪のアンチヒーローである董卓との戦いに劉備が参加していないと話が盛り上がらないのです。

劉備が参加していたことにするために公孫瓚も無理やり参加している設定になっているのでしょう。

 

 

これに関しては北海の太守・孔融、徐州刺史・陶謙、西涼の太守・馬騰にも当てはまることです。

全員が劉備と係わりをもつ人物たちですので、

劉備と同じ善玉として描くために反董卓連合に参加させられています。

三国志正史では名前はありません。

特に西の馬騰が董卓に反して関東の名士たちに与することはないでしょう。

 

すべては劉備のキャラ設定のためのフィクションなのです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

あの虎牢関の激突は?

 

三国志の一騎打ちの中でも有名な激闘が、

劉備三兄弟VS飛将・呂布の戦いです。

関羽張飛を敵にしても互角以上に戦える呂布の武勇に驚きます。

ここから呂布は最強の称号を得ることになりますが、

実際は戦ってもいないということですね。

ここもフィクションというのはかなりガッカリな話ですが、それが真実なのであれば仕方がありません。

 

 

そもそも華雄を討ったのも関羽ではなく、孫堅軍ですしね。

どうも三国志演義は劉備たちを光らせ、

話を盛り上げるために他人の手柄を横取りする傾向があります。

フェアじゃないですよね。

本人たちが生きていたら物凄いクレームになったでしょう。

名誉棄損で訴えられても文句言えないのではないでしょうか。

 

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そう考えてみると、劉備は実際よりも評価が高すぎるのではないでしょうか。

でもそれだと曹操と格差がありすぎですね。

曹操は才能ありすぎですし、実績もあるので、

劉備のライバルとしては完全に似つかわしくなくなってしまいます。

 

劉備らを脚色しないとバランスが悪いのでしょうかね。

でもなんか嘘っぽくて逆に盛り下るのですが…。

様々な作品で劉備の描かれ方は異なりますが、どれが一番真実に近いのでしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?

関連記事:反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  2. 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れま…
  3. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  4. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする…
  5. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  6. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  7. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  8. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 【はじさん編集部】第3話 大三国志スキルカイトルで一攫千金の巻!
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる
  3. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  5. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  6. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?

三國志雑学

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. 挑発する諸葛亮孔明

おすすめ記事

【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当? 三國志戦記とはどんなアプリゲーム? ペリーと黒船常識。ウソ?ホント? 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】

おすすめ記事

  1. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  2. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  3. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  4. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」
  5. アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー
  6. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  7. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  8. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP