キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 530




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

今川家は井伊家から取り上げた木材を利用して気賀(きが)の町に城を築城することに。

龍雲丸(りゅううんまる)は今川が気賀に城を築城しようとしている事に激怒して、

築城に利用する木材を焼き払って妨害工作を開始。

龍雲丸の妨害工作によって一時的に気賀の町に城を建築する工事が遅延し、

築城賛成派と反対派によって気賀の町が大混乱になってしまいます。

直虎は気賀の町の混乱状態を回復するために賛成派と反対派の両者を説得し、

和解させることに成功します。

だが龍雲丸は気賀の町に城が築城されることに我慢ならず、

直虎と激論を交わした後喧嘩別れしてしまいます。

井伊直虎と龍雲丸はその後一体どのようになるのか。

今回もおんな城主・井伊直虎の見どころをご紹介していきましょう。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介




「気賀を我が手に」の見どころ紹介その1:軍師・方久の秘策発動

 

井伊直虎は井伊谷(いいのや)を訪れた来客達の返答に困っておりました。

井伊谷を訪れていたのは気賀の町の商人です。

気賀の町の商人達は直虎へ「井伊家が気賀の町を治めてくれるのが一番いい」や

「今川家より井伊家の方が頼りになる。どうか気賀を治めてくれないでしょうか。」などの

意見を懇願してきます。

井伊直虎は「いや。私の一存でどうにかなる問題ではないから」と言葉を濁して、

返答を渋ってしまいます。

この直虎の意見をきいた直虎の側近でありいつの間にか直虎の軍師的な役割を行っている

瀬田の方久(せたのほうきゅう)は

「今川家の許可が下りれば直虎様は気賀を治めるのですね。」と提案。

直虎は方久の意見に唖然としてしまいますが、

方久は直虎を無視して「私が今川家を説得してきましょう。簡単ですよ」と

軽々言ってのけます。

井伊家の家老である小野政次(おのまさつぐ)も直虎へ

「戦をしないで気賀の町が手に入るならいい事だと思う」と

方久の意見に賛成。

直虎はふたりの意見に反対する理由も見当たらないため方久に任せることに。

果たして方久の作戦は一体どの様な物なのでしょうか。




「気賀を我が手に」の見どころ紹介その2:武田のせいで秘策が・・・・

 

瀬田の方久は駿府館(すんぷやかた)に到着すると

今川家の重臣・関口氏経(せきぐちうじつね)と会見。

方久は氏経へ「井伊家に気賀をまかしてくれるならば、

気賀で売り上げた儲けを差し上げます。」と大胆な提案を行います。

氏経は方久の話に飛び乗って気賀を井伊家に任せることを承認。

そして氏経は「今川氏真(いまがわうじざね)様に目通りして、

許可を貰う事になるから少し待っててくれ」と方久に伝えます。

方久の大胆な提案によって気賀は井伊家が治めることになろうとしておりましたが、

失敗に終わってしまうのでした。

その原因を作ったのは今川家と同盟していた武田家のせいでした。

武田信玄(たけだしんげん)は今川との同盟を破棄して、

海を領有する駿河地方へ侵攻するため、

今川の娘を嫁にしていた信玄の嫡男・武田義信(たけだよしのぶ)を自害させ、

今川との同盟破棄する方針を明らかにします。

今川氏真は武田との同盟が破綻したことによって慌てふためいてしまい、

気賀を見ているゆとりが無くなり、

井伊家の家臣である方久と会見する暇がなくなってしまうのでした。

氏真から許可をもらうことができなくなった方久は成果を上げることができず、

ショボーンとしながら井伊谷へ帰還するのでした。

こうして方久の秘策は失敗に終わるかに見えましたが、

意外なところから突破口が見つかることになるんです。

 

「気賀を我が手に」の見どころ紹介その3:龍雲丸がなんと・・・・

 

井伊直虎は方久から作戦が失敗した報告を受けると残念そうにしますが、

気を取り直して政務に励んでいきます。

そんな中気賀の商人である中村屋が直虎の元へやってきて「龍雲丸の一党が、

気賀の城の建築工事を手伝っているそうですよ」と伝えてきます。

直虎は龍雲丸の一党が築城工事に協力している事に驚いて、

すぐに気賀へ向かっていくのでした。

こうして気賀に到着した直虎は龍雲丸を見つけると「どうして築城に協力しているのか」と

質問します。

龍雲丸は直虎の質問に答える代わりに「築城現場を見てきませんか。」と提案。

直虎は龍雲丸の提案に乗って一緒に築城現場へと向かっていきます。

龍雲丸は小舟に乗って湖の真ん中にある築城現場へ直虎と一緒に向かいます。

直虎は湖の真ん中で行われている築城現場に到着すると龍雲丸から

「ここに城を築城すれば、敵から攻めにくく守りやすい場所と思っておりまさぁ」と

湖の真ん中に城を築城する理由を述べます。

そして龍雲丸は「もし敵から攻撃を受けて城を守りきれなくなっても、

城の裏手から住民や城主を逃すことで

被害を最小限に抑えることのできる城となっておりまさぁ。」と

湖の上に築城する理由を再度述べます。

直虎は龍雲丸の知恵が詰まったこの城の築城理由を聞いて納得して、

大いに喜ぶのでした。

そして直虎は龍雲丸へ

「そういえばいつまでにこの場所に城を建築すればいいとか言われているのか」と

訪ねます。

すると龍雲丸は「いや。なんにも言われてませんや。

ここの城主となる方はいくつも城を統治しているから忙しいそうですわぁ」と述べます。

この言葉をきいた直虎は再度ニュータイプばりの閃きを思いつくことに。

そして直虎はある行動に出るのですが、

直虎のこの閃きの行動によって方久が提案した気賀を井伊家が統治する秘策が、

再び動き出すことになるのです。

 

「気賀を我が手に」の見どころ紹介その4:ついに気賀を手にすると気が

 

井伊直虎は気賀の城主となる今川家の家臣・大沢の元へ方久を向かわせます。

方久は大沢と会見すると「気賀の町は統治困難な場所であり、

先日起きた築城反対デモが起きております。

また我が当主である井伊直虎の頑張りによって、

なんとかデモ集団を説得したことで事態は収束しましたが、

また気賀の町で何が起きるか予想がつかない状態です。

そこで提案なのですが、

この気賀の地を大沢様の代わりに井伊直虎へ統治させてみてはいかがでしょう。

もちろん井伊家が気賀を統治した際には、

港で上がった利益は今川家へ献上したいと当主直虎の意向でございます。」と提案。

大沢は方久の提案に賛成して方久と一緒に駿府館へ向かいます。

大沢・関口氏経、そして方久の三人は今川氏真と会見することに。

大沢と氏経は氏真へ「気賀を井伊家に任せるのが一番最良である」と進言。

しかし氏真はお菓子をボリボリ食ってふたりの意見に耳を傾けているのか微妙でした。

こんな氏真が果たして井伊家に気賀を任せることになるのでしょうか。

 

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

井伊家は今川の重臣や家臣を説得してなんとか気賀を手に入れるために奔走しますが、

今川家の当主である氏真がうんと承諾するのでしょうか。

そしてこの気賀の町をもし井伊家が手に入れることになれば、

破綻寸前であった井伊家の経済状況が一気に改善することになるばかりか、

井伊家の台所に潤いをもたらすことになるでしょう。

更にこの気賀は三河の徳川とも近い位置に存在しているため、

もし今川家が北の武田と東の徳川から攻撃を受けて危機的状況になっても、

井伊家としては徳川と繋がる事で今川から寝返ることも可能となります。

このように非常に重要な拠点・気賀ですが、

果たして井伊家は手に入れることができたのでしょうか。

気になる方は是非ご覧あれ!!

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  2. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  3. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  4. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  5. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  6. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  7. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  8. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  2. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  3. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう
  5. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀? 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった? 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの? 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ? 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

おすすめ記事

  1. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  2. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー
  3. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?
  4. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  5. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  6. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  7. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  8. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP