三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての漢

【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人

この記事の所要時間: 220




 

建安七子(けんあんしちし)。

建安時代に登場した詩文学の中でも特に有名な七人を指します。

この中七人は全員かなりマイナーな人物ですが、

今回は建安七子のひとりからピックアップして

王粲(おうさん)をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?




長安へ移住

 

王粲の父・王謙(おうけん)は王粲が幼い頃に亡くなってしまいます。

王粲の父親が亡くなった後、董卓が後漢王朝の政権を牛耳っていき、

自らの本拠地である涼州(りょうしゅう)に近い長安へ後漢王朝の皇帝と一緒に遷都。

王粲も洛陽を捨てて長安に移住することになります。




儒学者・蔡邕に認められる

 

王粲は長安に移住した後ある人物に認められます。

その人物は後漢王朝の末期の儒学者(じゅがくしゃ)である蔡邕(さいよう)です。

彼は王粲と会った時にすぐに「こやつには才能がある」と感じ、

「今度私の家に遊びに来なさい」と言って分かれます。

当時蔡邕の家には多くの客が毎日ひっきりなしに彼の元を訪れており、

家の中はいつも誰かしらいる状態でした。

そんなある日蔡邕の家に幼い王粲が遊びにやってきます。

蔡邕は王粲がやってくると知らされると急いで彼を迎えに行き家の中に招きます。

蔡邕の家を訪れていた客達は蔡邕自ら迎えに行く人物が、

どのような人物であるのか楽しみしておりましたが、

皆の前に現れたのが青白い顔をした子供であったのでびっくりします。

彼は皆へ「この子は必ず大人物になるとわしは思っている。

そこでこの家の中にある書物すべてを彼に上げたいと思っている」と言ったので、

客達はもう一度驚き唖然としてしまいます。

こうして蔡邕に認められた彼は蔡邕の家にあった作品を貰い受けることになるのですが、

董卓呂布達の計画によって殺害されたことにより、

蔡邕も董卓の仲間だとみなされて殺害されてしまいます。

王粲は長安が戦乱に包まれることを予想してすぐに脱出して荊州へ逃れます。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

「君。貧弱そうだから」by劉表

 

王粲は長安の戦乱から逃れて荊州へ逃亡。

当時の荊州の主は劉表(りゅうひょう)で彼は早速劉表へ会いに行きます。

劉表は彼と会うと「君。随分顔色悪いし、貧弱そうな体してるけど大丈夫??」と聞かれます。

王粲は彼に「はい。大丈夫です。」と返答。

その後劉表は彼に二、三質問して王粲を採用しますが、

あまり要職につけることをしませんでした。

 

曹操に仕える

 

王粲は荊州であまり優遇されることなくダラダラと日を過ごしてきます。

しかし劉表が亡くなると状況が一変。

河北統一を果たした曹操軍が大軍で荊州へ南下してきます。

劉表の息子であった劉琮(りゅうそう)へ曹操に降伏するように進言した事がきっかけで、

彼は曹操に降伏。

王粲もこの時曹操に降伏して仕えることになります。

 

文才に優れた文官

 

王粲は曹操に仕えると侯の位を与えられることになります。

その後彼は曹操の息子である曹植と一緒に文学を通じて友人となり、

共に詩文を交換するほどの仲でした。

また詩や論など多くの著者を残しており歴史書を編集するほどの能力を持った人材でした。

さらに彼は魏の法律を新しく制定する際の会議では文官達の取りまとめ役をしており、

常に彼が主宰となって会議を行っていたそうです。

このように色々な才能を持っていた人物ですが、

病によって若いうちに亡くなってしまいその才能を惜しまれたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王粲の息子は曹操が鄴(ぎょう)を離れている際に

勃発した魏諷(ぎふう)の反乱に参加したため処刑されてしまい、彼の家は断絶してしまいます。

曹操は魏諷の反乱によって王粲の家系が途絶えてしまったことを悲しみ

「俺がいれば王粲の息子を助けてやったのに」と言ってため息をついたそうです。

マイナー文官列伝・王粲をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

関連記事:曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…
  2. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  3. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  4. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  5. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始ま…
  6. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  7. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  8. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融と禰衡

おすすめ記事

  1. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  2. 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ
  3. キングダム580話最新ネタバレ予想、飛信隊覚醒には理由がある!
  4. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  5. 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 挑発する諸葛亮孔明

おすすめ記事

第5話:袁術くん「先延ばしの癖をどうすれば直せるのか」を学ぶ 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった? 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった

おすすめ記事

  1. 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる!
  2. 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?
  3. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  4. 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?
  5. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  6. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  7. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP