架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての漢

【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人

この記事の所要時間: 220




 

建安七子(けんあんしちし)。

建安時代に登場した詩文学の中でも特に有名な七人を指します。

この中七人は全員かなりマイナーな人物ですが、

今回は建安七子のひとりからピックアップして

王粲(おうさん)をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?




長安へ移住

 

王粲の父・王謙(おうけん)は王粲が幼い頃に亡くなってしまいます。

王粲の父親が亡くなった後、董卓が後漢王朝の政権を牛耳っていき、

自らの本拠地である涼州(りょうしゅう)に近い長安へ後漢王朝の皇帝と一緒に遷都。

王粲も洛陽を捨てて長安に移住することになります。




儒学者・蔡邕に認められる

 

王粲は長安に移住した後ある人物に認められます。

その人物は後漢王朝の末期の儒学者(じゅがくしゃ)である蔡邕(さいよう)です。

彼は王粲と会った時にすぐに「こやつには才能がある」と感じ、

「今度私の家に遊びに来なさい」と言って分かれます。

当時蔡邕の家には多くの客が毎日ひっきりなしに彼の元を訪れており、

家の中はいつも誰かしらいる状態でした。

そんなある日蔡邕の家に幼い王粲が遊びにやってきます。

蔡邕は王粲がやってくると知らされると急いで彼を迎えに行き家の中に招きます。

蔡邕の家を訪れていた客達は蔡邕自ら迎えに行く人物が、

どのような人物であるのか楽しみしておりましたが、

皆の前に現れたのが青白い顔をした子供であったのでびっくりします。

彼は皆へ「この子は必ず大人物になるとわしは思っている。

そこでこの家の中にある書物すべてを彼に上げたいと思っている」と言ったので、

客達はもう一度驚き唖然としてしまいます。

こうして蔡邕に認められた彼は蔡邕の家にあった作品を貰い受けることになるのですが、

董卓が呂布達の計画によって殺害されたことにより、

蔡邕も董卓の仲間だとみなされて殺害されてしまいます。

王粲は長安が戦乱に包まれることを予想してすぐに脱出して荊州へ逃れます。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

「君。貧弱そうだから」by劉表

 

王粲は長安の戦乱から逃れて荊州へ逃亡。

当時の荊州の主は劉表(りゅうひょう)で彼は早速劉表へ会いに行きます。

劉表は彼と会うと「君。随分顔色悪いし、貧弱そうな体してるけど大丈夫??」と聞かれます。

王粲は彼に「はい。大丈夫です。」と返答。

その後劉表は彼に二、三質問して王粲を採用しますが、

あまり要職につけることをしませんでした。

 

曹操に仕える

 

王粲は荊州であまり優遇されることなくダラダラと日を過ごしてきます。

しかし劉表が亡くなると状況が一変。

河北統一を果たした曹操軍が大軍で荊州へ南下してきます。

劉表の息子であった劉琮(りゅうそう)へ曹操に降伏するように進言した事がきっかけで、

彼は曹操に降伏。

王粲もこの時曹操に降伏して仕えることになります。

 

文才に優れた文官

 

王粲は曹操に仕えると侯の位を与えられることになります。

その後彼は曹操の息子である曹植と一緒に文学を通じて友人となり、

共に詩文を交換するほどの仲でした。

また詩や論など多くの著者を残しており歴史書を編集するほどの能力を持った人材でした。

さらに彼は魏の法律を新しく制定する際の会議では文官達の取りまとめ役をしており、

常に彼が主宰となって会議を行っていたそうです。

このように色々な才能を持っていた人物ですが、

病によって若いうちに亡くなってしまいその才能を惜しまれたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王粲の息子は曹操が鄴(ぎょう)を離れている際に

勃発した魏諷(ぎふう)の反乱に参加したため処刑されてしまい、彼の家は断絶してしまいます。

曹操は魏諷の反乱によって王粲の家系が途絶えてしまったことを悲しみ

「俺がいれば王粲の息子を助けてやったのに」と言ってため息をついたそうです。

マイナー文官列伝・王粲をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

関連記事:曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう…
  2. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソ…
  3. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  4. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  5. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  6. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  7. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出…
  8. 9話:張角が太平道信者を増やした方法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  2. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  3. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  4. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  5. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  6. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑) 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何? 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

おすすめ記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編
  3. 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  4. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  6. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  7. 興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!
  8. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP