三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

井伊直虎は井伊の領地に近い気賀(きが)を手にいれるための策を

瀬田の方久(せたのほうきゅう)から進言されます。

直虎は今川を動かすための策を閃くとすぐに方久に命じて行動を起こさせます。

その結果今川は気賀を井伊に任せることに。

こうして直虎は合戦することなく領土を手に入れることに成功します。

井伊が気賀を任せられることになって喜んでいた頃、

今川は危機的状況に追い込まれているのでした。

今川が危機的状況に追い込まれた事によって井伊にも危険が迫った今回の大河ドラマ・

井伊直虎の見どころをご紹介していきましょう。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介




「死の帳面」の見どころ紹介その1:方久が城主へ

 

井伊直虎は気賀を今川から任せられ気賀で築城していた城が完成したことで、

井伊家の家中は大いに喜んでおりました。

そして直虎は城が完成した事と井伊家が気賀を任されることになった事、

二つをお祝いする為気賀でパーティを開催することに。

このお祝いの席には気賀の商人達や井伊家家中の者などが集まって、

ドンチャン騒ぎをしておりました。

そんな中、井伊直虎は瀬田の方久を呼び寄せて

「方久。お主にこの気賀の城主を任せることにするから。」と命令を出します。

方久は驚いておりましたが気賀の商人達も賛成していることから、

直虎の命令をかしこまって受けるのでした。

そしてこの宴会の席には龍雲丸一行も訪れており、

終始ドンチャン騒ぎを繰り広げるのでした。

井伊家は気賀を手に入れて大喜びしておりましたが、

今川家では大変なことが起きておりました。




「死の帳面」の見どころ紹介その2:寿桂尼の奔走

 

今川家では長年の同盟者であった武田信玄(たけだしんげん)がある行動に出たせいで、

大変なことが起きておりました。

信玄は今川の娘と結婚した嫡男・武田義信を謀反の罪によって処刑。

この知らせをきいた今川氏真(いまがわうじざね)はイライラして当たり散らしておりました。

寿桂尼(じゅけいに)はそんな氏真へ

「武田に残っている私の孫娘を取り返しに行ってきます」と言い残して信玄の元へ。

信玄は今川の使者である寿桂尼から「孫娘を返してくだされ」とお願いします。

しかし信玄は「返したいんだが。あの子が今川へ帰りとうないと言うからのう」と

誰にでもわかるような嘘をついて返還することを拒否。

この言葉をきいた寿桂尼は激怒して信玄の元を去り、

武田・今川の同盟国である北条家(ほうじょうけ)に

外交的圧力を武田家にかけてくれるように協力を要請。

北条家は寿桂尼の要請を快く受けて、

武田家へ今川の娘を返還するように要請を出します。

武田信玄は北条家からの要請を断る事をせずにすんなりと受けて、

今川の娘を返還することに同意。

こうして今川の娘は駿府館(すんぷやかた)へ帰ってくることになります。

しかし寿桂尼は孫娘が帰ってきたことによって今川と武田の関係が改善されないと考え、

武田の宿敵である越後の龍・上杉家と同盟を結ぶ為、越後(えちご)へ向かいます。

こうして寿桂尼の奔走によって今川家と上杉家の同盟は成立することになりますが、

寿桂尼が患っていた心臓病が再発してしまうのでした。

今川家は寿桂尼がいたからこそボンクラ当主と言われている今川氏真でもなんとか持っておりましたが、

寿桂尼が居なくなってしまえば今川家を支えることのできる人物がいなくなり、

家臣や今川家に従属していた豪族達があいつで離反し、

危機的状況に追い詰められるのは目に見えておりました。

寿桂尼は今川の危機を回避するため各地の豪族達と会見していきますが、

その一方でデスノートを作成していたのでした。

その頃井伊家でもある決断がされておりました。

 

「死の帳面」の見どころ紹介その3:直虎と政次の決断

 

井伊直虎はパーティを終えて井伊谷(いいのや)に帰還。

井伊家の初代が生まれた井戸へ向かって気賀築城の報告をするべく向かうと

その場に井伊家の家老・小野政次(おのまさつぐ)が先にいました。

政次は直虎がやってくると「そろそろ井伊も戦支度をしたほうがいいかもしれません。」と

直虎へ進言します。

井伊直虎は政次へ「どうしてじゃ。今川と武田の関係は改善したのではないのか。」と

当然の疑問をぶつけます。

すると政次は「表面上は今川と武田の関係は改善されましたが、

寿桂尼様が亡くなれば今川と武田は全面戦争となりましょう。

そうなれば今川から戦の参加要請が井伊にやってくるでしょう。」と

直虎へ状況を説明します。

直虎は政次の意見を聞いて「そうか。こちらもそろそろ今川に見切りを付ける時が、

やってきたのじゃな」と述べます。

そして井伊直虎と小野政次は龍潭寺(りゅうたんじ)の南渓和尚(なんけいおしょう)の元で、

今後の井伊家の方策を練るのでした。

さて井伊家の今後の方針は今川を裏切って武田につくのか。

それとも徳川について今川と敵対するのか。

いったいどのようになっていくのでしょうか。

 

「死の帳面」の見どころ紹介その4:寿桂尼がつけていたデスノートとは

 

井伊直虎と小野政次が井伊家の今後を話し合っている頃。

寿桂尼は自らの死期を悟ると今川家の家臣や各地の豪族達の名前をノートに書いていき、

バツやマルをつけておりました。

寿桂尼がノートにつけたマルはバツにはどのような意味があるのか。

寿桂尼は豪族の名前の上にバツがついているのは、

今川へ謀反を企む可能性を含んでいることから粛清したほうがいい人物。

そしてマルがついているのは今川へ忠誠を尽くしてくれる人物であるそうです。

寿桂尼が作成していたのは戦国時代版のデスノートと言っていいでしょう。

今川氏真は寿桂尼からノートを見せられて説明を受けると早速粛清を開始。

こうして幾人もの家臣や豪族達が処刑されていきます。

今川氏真の粛清が行われている中、

寿桂尼は井伊直虎へ「駿府館で最後になるかもしれないからお話したいんだ。」と

手紙を送ります。

井伊直虎は寿桂尼から届いた手紙を読んで駿府館へ向かうことに。

寿桂尼と直虎の会見が井伊家に最大の危機をもたらすことになろうとは、

井伊直虎や小野政次、南渓和尚も全く気づきませんでした。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さてさておんな城主・井伊直虎もやっと戦国時代らしくなってきました。

今川家が治めていた東海地方は今川氏真のパパ・今川義元が統治していたため、

大きな事件も起きずに平穏な時代を過ごしておりました。

だが今川義元が織田信長に桶狭間で討ち取られてから、

今川の領内や臣従してきた豪族達に不安が生じることになります。

一番早く行動を起こしたのは徳川家で、

義元が亡くなった後今川から速攻で独立しております。

しかし井伊家や他の弱小豪族達は徳川のように反旗を翻すことなく、

なあなあで今川に服従しておりました。

なあなあでも今川に豪族達が服従していたのは寿桂尼の政治力のおかげでしたが、

今回のおんな城主・井伊直虎で寿桂尼が心臓病を再発してしまい、

亡くなる可能性が極限に高まってきております。

もし寿桂尼が亡くなれば東海地方で今川に臣従していた豪族達の運命も

激変することになるのは必然と言えるでしょう。

この今川に臣従していた豪族達の中にはもちろん井伊家も含まれ、

井伊直虎の方針一つで今後の井伊家の危機的度合いが変化することになり、

今回の大河ドラマ・おんな城主井伊直虎は、

非常に重要な回と言えるのではないのでしょうか

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められる…
  2. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  3. 苛ついている曹操 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  4. 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  5. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出…
  6. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  7. 孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  8. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 殺害される姜維と鍾会
  2. 徳川家康
  3. 「宋」の国旗をバックとした兵士
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  5. 織田信長

おすすめ記事

  1. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  2. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  3. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso
  4. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  5. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!
  6. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった 曹丕

三國志雑学

  1. 賈詡
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 司馬懿

おすすめ記事

【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介 どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者 ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 こいつらが悪役達だ! 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法! おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 馬超と羊 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP