キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌


 

二週間のお待ちかね、やっとヤングジャンプにキングダムが戻ってきました。

さて、秦のギョウ攻めに端を発する趙との最終決戦場、朱海平原での戦い

左翼に続き右翼でも玉鳳隊王賁(おうほん)が趙将馬南慈(ばなんじ)と激突します。

対匈奴戦争で無敵の力を誇る馬南慈と槍の腕前では、中華随一の王賁、

至強の二人の対決はどうなるのでしょうか?

 

前回記事:キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?


キングダムネタバレ予想 527話 王賁の武

 

乗っけから王賁が押し気味に戦いが推移します。

合従軍編で紫伯(しはく)を破ってより、王賁の槍は中華五指に入ったという

評判は嘘ではないようです。

馬南慈「噂以上、まるで矛を繰り出す隙がないわい」

孤立を心配する部下に本音を伝える馬南慈ですが、まだ強気です。

馬南慈「しかし、こっちも槍は食らっておらんわい」

 

馬南慈は、大きく振りかぶり王賁の頭を掴みにかかりますが、

危険を察知した王賁にかわされます。

 

馬南慈「かわすか、、この手で人間離れした匈奴の腕利きの頭を

幾つも握りつぶしたもんじゃがのう」

 

さすがは馬南慈師匠、敵の倒しかたもワイルドです。


キングダムネタバレ予想 527話 ただの脳筋ではない馬南慈

 

ここで亜光(あこう)も王賁と馬南慈の戦いに割り込みます。

「どうやら、お主の方が相性がいいらしいのウ」

憎まれ口を叩く馬南慈ですが、頭に血がのぼってはいないようです。

亜光「そう簡単に逃げられると思うか?」

 

「貴様こそ、初日から、この馬南慈の首が取れるとでも?」

 

馬南慈が不敵に笑うと、当初亜光軍を分断していた馬南慈の兵力が

引き返してきます。

馬南慈「偏り過ぎだ秦軍、趙将はワシ一人ではないぞ」

 

馬南慈は、脳筋ではありませんで、全体を見ているんですね。

 

キングダムネタバレ予想527話 岳嬰軍が復活

 

王賁と亜光が一ヶ所に集中したことで押し込められていた岳嬰(がくえい)が

復活してしまいました。

 

趙峩龍「馬南慈が秦軍左翼に突っ込んだ為にどうやら秦将が集まり

戦力が一方に偏り力に歪みが生じた、これは岳嬰軍が息を吹き返すに充分だ

馬南慈、戦が分かっておるな」

 

ここで部下が趙峩龍(ちょうがりゅう)に出陣を促しますが、

趙峩龍は、さらに秦軍の力が削がれてからだと様子見に徹します。

思わせ振りな趙峩龍、こいつもかなり強い雰囲気です。

 

キングダムネタバレ予想527話 王翦飛信隊に無理ゲー

 

ここで場面は展開し飛信隊の隊長、信が王翦(おうせん)の幕舎に呼ばれます。

やっと出番かと信が構えていると王翦が入ってきて開口一番、

「800騎を選べ!」と告げます。

 

「えっ?800騎で、ど、どこに?」

王翦「左だ、、」

信「そうか、楽華隊がいる戦場だな」

 

王翦「左の戦場に割って入り、紀彗の首を挙げよ」


キングダムネタバレ予想527話 これからどうなる

 

簡単に予想できるのは、選ばれる800名が地獄を味わうという事ですね。

飛信隊といえばマゾかと思うほどの苦難がのしかかりますが、

それも今回は最高潮に達するでしょう。

何気に蒙恬も紀彗の首を狙っているので、紀彗と信と蒙恬と

李牧から派遣されたフテイと争いになったら楽しいです。

お互いに相手の首を狩りあう血みどろファイトが展開されるでしょう。

来週の展開が楽しみ過ぎますね。


  

 

キングダムウォッチャーkawauso の独り言

 

いよいよ主人公信の出番ですが、いきなりの無理ゲーです。

800騎で、まだ25000は残っている紀彗軍に突っ込めというのです。

確かに少数精鋭で敵将の首を取るのが飛信隊の本領とはいえ、

これはなかなかの無理ゲーではないでしょうか?

それに800名という数字は三国志の合肥合戦の張遼(ちょうりょう)を思い出します。

おそらく原先生も三国志をイメージしての事でしょうね。

 

次回記事:キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 


 

関連記事

  1. 楚の旗と兵士
  2. 楊端和
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム55巻

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP