広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物

この記事の所要時間: 253




 

曹操(そうそう)李傕(りかく)らの董卓残党軍から逃れ、

洛陽に駐屯していた後漢王朝の皇帝である劉協(りゅうきょう)を迎えたことがきっかけで、

自らの勢力に重みを付けることができます。

しかし曹操は偶然皇帝を迎えることができたわけではなく、

ある人のおかげで皇帝との接点ができ、

洛陽で困窮していた皇帝を向かいれることができたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由




河内の張楊仕える

 

河内の張楊(ちょうよう)の元に一人の人物がやってきます。

その人物の名は董昭(とうしょう)と言いました。

彼は後漢王朝の皇帝である劉協の元へ向かっている途中でしたが、

河内の張楊に引き止められたことがきっかけで彼に仕えることになります。




曹操からの使者がやってくる

 

張楊が割拠している河内の地は劉協がいる長安の都の近くの土地でした。

曹操は張楊のいる河内を通って皇帝に使者を送りたいと考え、

張楊へ「私の使者が君の土地を通行させて頂くことになりますがよろしいでしょうか。」と

お願いします。

しかし張楊は曹操に領内を通行させたくないと考えていたので、

曹操からのお願いを断ろうと考えておりました。

しかしと董昭の進言によって考えを変えて曹操の使者に領内の通行をOKすることにします。

彼は張楊に何を進言したのでしょうか。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

董昭の進言とは

 

董昭は張楊の元へ

「曹操は現状袁紹よりも弱っちいとは言え、彼の才能は袁紹よりもずっと優れており、

必ず天下の争乱を鎮める英雄となるでしょう。

殿におかれましては彼の使者が領内を通行する事を認め、

曹操を皇帝陛下へ推挙することでかれとの絆を深めることが出来るのは、

殿にとって必ず大きな利益となるでしょう。」と進言。

この進言を聞いて張楊は曹操の使者が領内を通行する事を認めると共に、

皇帝へ使者を送って曹操を推挙。

董昭は曹操の使者が長安を牛耳っている李傕(りかく)や郭汜(かくし)らの権力者達に

妨害されないように使者を送って「曹操の使者をよろしく頼みます」とお願いします。

この結果、曹操の使者は長安へ使者を送ることが可能となり、

皇帝と親密な関係を築いていくことになります。

 

皇帝保護軍はバラバラ

 

劉協は李傕と郭汜の争いに乗じて長安を脱出。

彼は楊奉(ようほう)、董承(とうしょう)、張楊らの軍勢に守られて、

なんとか洛陽にたどり着くことができました。

しかし彼らは李傕らの追撃軍との戦闘では協力して戦うことができましたが、

彼らが居なくなると協力することができずに対立してしまいます。

董昭は楊奉へあることを手紙で伝えると彼は中心となって動き出します。

 

曹操のフリをして手紙を送る

 

董昭は曹操のフリをして手紙を楊奉へ送ります。

手紙の内容は「今あなた様は皇帝陛下を助けた勲功は計り知れないでしょう。

しかしあなた様の軍勢は兵は強くても兵糧がないと聞き及んでおります。

そこで私が兵糧をあなた様に供給し、

あなた様が兵を率いて皇帝陛下をお守りすれば、

賊徒から陛下をお守りすることができるのではないのでしょうか。」との内容でした。

この手紙を見た楊奉は大いに喜び曹操が忠誠心ある人物であることを劉協へ上奏。

劉協は楊奉の上奏を受け入れて曹操に鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の位と

侯の位をさずけることにします。

 

曹操へ進言をしたことで・・・・。

 

曹操は洛陽で劉協と謁見した後、董昭と今後のことについて話し合います。

董昭は曹操へ「楊奉は勇猛果敢で兵力も精強です。

しかし曹操様が楊奉へ贈り物を送って優遇してから彼に

「洛陽には兵糧もなく復興もできていない。

そこで違う都市へ一時的に移っていただきたいとおもうのだがどうであろうか。」

と相談すれば、彼は承諾してくれるでしょう」と

アドバイスを与えます。

曹操は董昭のアドバイスを受けて楊奉を手厚く優遇してから董昭の通り楊奉へ提案。

楊奉は曹操をすっかり信頼していたので、彼の提案に反対することなく承諾します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

こうして曹操は楊奉らから劉協を奪い取ることに成功し許へ連れて帰ることになり、

他の群雄よりも一歩抜きん出た存在へ成長することになります。

もし董昭がうまく楊奉を扱っていなければ曹操と楊奉達との間で戦が起こってしまい、

劉協はその間にどこかへ逃亡し、曹操以外の群雄に取られていたかもしれません。

そうすると董昭の功績は計り知れないほど大きなものであると思いませんか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切り…
  3. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  4. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  5. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  6. 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの…
  7. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  8. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  2. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  3. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  4. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち
  5. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  6. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴 あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙

おすすめ記事

  1. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  2. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  3. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  4. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  5. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  6. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  7. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  8. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP