ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・王朝の規則性を探る」のコーナーです。

今月はゲーム中継ばかりだったので、こうして三国志の記事を純粋に書けるのは久しぶりです。

 

今回は王朝の規則性を探ります。

日本の政権では「源平交代説」が有名ですね。

眉唾ものの話ではあるものの、

平清盛から徳川家康まで源氏と平氏が交互に政権をとっているというものです。

 

平清盛→平氏、源頼朝→源氏、北条氏→平氏、足利氏→源氏、

織田氏→平氏、明智氏→源氏、羽柴氏→平氏

(かなり無理やり、藤原姓をもらって関白にもなっています)、徳川氏→源氏といった感じですね。

実はこういった規則性は中国の王朝にも当てはまるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




五行説

 

ファンタジー小説やRPGのゲームなどではお馴染みとなっている「五行思想」。

こちらは天地万物はすべて「木・火・土・金・水」

の五つの基本要素から構成されているというものです。

すごいカテゴリー分けですが、

すべての物質と概念はこの五行によって分類されるというのですから驚きです。

火とか水はイメージしやすいですが、金というのはどんなものなのでしょうか。

金属ということなのでしょうか。

 

具体的な例をあげてみましょう。

 

○方角 北・水 西・金 南・火 東・木 中央・土

○季節 春・木 夏・火 秋・金 冬・水 土用・土

○色彩 赤・火 白・金 黒・水 青・木 黄・土

 

このような分類に分かれているのです・火は南で夏で赤ですからイメージどおりですが、

金はやはりよくわかりません。

なぜ金が秋で白なのでしょうか・・・。




相生説

 

前漢の時代から中国の主流になったのが、「相生説」です。

これは五行による生成の原理は循環にあるというものです。

これによると「木から火が生まれる」「火から土が生まれる」

「土から金が生まれる」「金から水が生まれる」「水から木が生まれる」という循環になります。

 

中国の王朝は五行のうちのどれか一つを自らの徳としており、

それが相生説によって順番に交替していくと信じられていました。

正統な王朝であれば、この天の摂理を満たすはずなのです。

しかしこの自らの徳は自分で決められるわけですから、

前王朝に併せて自称することは可能です。

ただし、一度自称すると、いずれ次の徳の王朝に取って代わられる運命をたどることになります。

つまり滅びない王朝は存在しないことになるのです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

五行継承

 

漢王朝は「火」すなわち「赤」です。

黄巾はこれに取って代わるべく「土」すなわち「黄」をイメージカラーとしました

(蒼天すでに死すのフレーズから漢が青だと

勘違いしているケースもよく見られますが、漢は赤になります)。

漢から禅譲を受けた魏王朝も「土」「黄」です。

ですから年号は「黄初」が用いられました。

蜀漢は漢王朝を継続しているので「火」と「赤」となります。

 

魏王朝の禅譲を受けた晋は「金」であり「白」です。

という順に進んでいき、隋王朝は「火」「赤」と漢王朝に戻ります。

そして唐王朝が「土」「黄」となるのです。

これは異民族として史上初めて中国を統一したモンゴル民族の元王朝まで続くことになるのです。

ちなみに三国志の呉もこの五行継承を意識したのか、最初の年号を「黄武」としていますね。

 

 

まとめ・三国志

 

ということは、三国志の時代を色彩別で表すと、魏「黄」呉「黄」蜀「赤」ということになりますね。

魏「土」呉「土」蜀「火」ということにもなるわけです。

なかなか複雑な仕組みになっていますが、これが中国の世界観なのですね。

こういったこだわりからも天下万民に

自分たちの王朝の正統性を浸透させたいという強い願いを感じますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操の弱点(蟻) 曹操には弱点はないの?
  2. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?
  3. 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  5. 孫晧(孫皓) 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  6. 絶世美女 貂蝉 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  7. 司馬懿と曹操 もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  8. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  3. 曹操を暗殺しようとする董承
  4. 顔良と文醜
  5. 曹操と黄巾賊
  6. 茶を飲む張角(太平道)
  7. 孫権と劉備と曹丕
  8. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?
  2. 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ? 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い ドケチな孔明
  4. 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説 苛ついている曹操
  5. 坂本龍馬の海援隊とはどんな組織? バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  6. キングダム最新613話ネタバレ予想「龐煖死ぬ理由生きる理由」 キングダム55巻

三國志雑学

  1. 曹操に降伏する教祖・張魯
  2. 楽進
  3. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫堅の妻
  2. 鍾会
  3. 張飛が使う蛇矛
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  5. 平清盛 鎌倉幕府
  6. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始! 法正が亡くなり悲しむ劉備 法正の功績ってどれくらい?性格に非常に難あり、法正の功績を考えてみる 司馬徽 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人 ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは? 鍾会を説得する姜維 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  黄蓋が三国志時代を作り出すきっかけを作った!? カバ&関羽 そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP