ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・王朝の規則性を探る」のコーナーです。

今月はゲーム中継ばかりだったので、こうして三国志の記事を純粋に書けるのは久しぶりです。

 

今回は王朝の規則性を探ります。

日本の政権では「源平交代説」が有名ですね。

眉唾ものの話ではあるものの、

平清盛から徳川家康まで源氏と平氏が交互に政権をとっているというものです。

 

平清盛→平氏、源頼朝→源氏、北条氏→平氏、足利氏→源氏、

織田氏→平氏、明智氏→源氏、羽柴氏→平氏

(かなり無理やり、藤原姓をもらって関白にもなっています)、徳川氏→源氏といった感じですね。

実はこういった規則性は中国の王朝にも当てはまるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




五行説

 

ファンタジー小説やRPGのゲームなどではお馴染みとなっている「五行思想」。

こちらは天地万物はすべて「木・火・土・金・水」

の五つの基本要素から構成されているというものです。

すごいカテゴリー分けですが、

すべての物質と概念はこの五行によって分類されるというのですから驚きです。

火とか水はイメージしやすいですが、金というのはどんなものなのでしょうか。

金属ということなのでしょうか。

 

具体的な例をあげてみましょう。

 

○方角 北・水 西・金 南・火 東・木 中央・土

○季節 春・木 夏・火 秋・金 冬・水 土用・土

○色彩 赤・火 白・金 黒・水 青・木 黄・土

 

このような分類に分かれているのです・火は南で夏で赤ですからイメージどおりですが、

金はやはりよくわかりません。

なぜ金が秋で白なのでしょうか・・・。




相生説

 

前漢の時代から中国の主流になったのが、「相生説」です。

これは五行による生成の原理は循環にあるというものです。

これによると「木から火が生まれる」「火から土が生まれる」

「土から金が生まれる」「金から水が生まれる」「水から木が生まれる」という循環になります。

 

中国の王朝は五行のうちのどれか一つを自らの徳としており、

それが相生説によって順番に交替していくと信じられていました。

正統な王朝であれば、この天の摂理を満たすはずなのです。

しかしこの自らの徳は自分で決められるわけですから、

前王朝に併せて自称することは可能です。

ただし、一度自称すると、いずれ次の徳の王朝に取って代わられる運命をたどることになります。

つまり滅びない王朝は存在しないことになるのです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

五行継承

 

漢王朝は「火」すなわち「赤」です。

黄巾はこれに取って代わるべく「土」すなわち「黄」をイメージカラーとしました

(蒼天すでに死すのフレーズから漢が青だと

勘違いしているケースもよく見られますが、漢は赤になります)。

漢から禅譲を受けた魏王朝も「土」「黄」です。

ですから年号は「黄初」が用いられました。

蜀漢は漢王朝を継続しているので「火」と「赤」となります。

 

魏王朝の禅譲を受けた晋は「金」であり「白」です。

という順に進んでいき、隋王朝は「火」「赤」と漢王朝に戻ります。

そして唐王朝が「土」「黄」となるのです。

これは異民族として史上初めて中国を統一したモンゴル民族の元王朝まで続くことになるのです。

ちなみに三国志の呉もこの五行継承を意識したのか、最初の年号を「黄武」としていますね。

 

 

まとめ・三国志

 

ということは、三国志の時代を色彩別で表すと、魏「黄」呉「黄」蜀「赤」ということになりますね。

魏「土」呉「土」蜀「火」ということにもなるわけです。

なかなか複雑な仕組みになっていますが、これが中国の世界観なのですね。

こういったこだわりからも天下万民に

自分たちの王朝の正統性を浸透させたいという強い願いを感じますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 荀彧 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  2. 唐周(とうしゅう) 黄巾の乱のIF三国志『もしも馬元義が生き残れていたら?』
  3. 董卓の相談に乗る袁紹 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  4. キングダム 始皇帝 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  5. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  6. パワハラをする張飛 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 黄巾の乱で活躍した?していなかった?教祖張角の無念
  8. 野球をする呂布、孔明、劉備 呂布が徐州戦で実力を発揮したら三国時代の到来は無かったのではない…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰
  2. 曹操から逃げ回る劉備
  3. 五代友厚 幕末
  4. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  5. 曹操から逃げ回る劉備
  6. 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  7. 亡くなる卑弥呼
  8. 蒯越(カイ越)
  9. 趙の旗
  10. 真田丸

おすすめ記事

  1. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  2. 魏・呉・蜀で分割された荊州!最後に制圧したのはどこの国? 劉備と孫権
  3. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 三国志の計略と孔明
  4. 周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみた 陸遜
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  6. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月19日実施) 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250

三國志雑学

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 解煩督 呉
  3. 呂布に暗殺される董卓
  4. 呂布のラストウォー 呂布


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜 死
  2. kataru
  3. 七星剣
  4. 桃園3兄弟
  5. 馬謖の陣形に笑う張コウ

おすすめ記事

袁術 伝説 ゆるキャラ 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 蜀の劉琦 劉琦の性格とは一体どんなだったの!? 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 馬超の兜にフォーカス 馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに検証させてください! 袁術祭り 袁術祭り開催日程のお知らせ 馬で高速移動する王翦 キングダム595話ネタバレ雑学王翦はどこから鄴を攻めた? キングダム 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの? 陸遜 陸遜の優れた計略とは?劉備は陸遜に殺されたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP