ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?




怒る 献帝

 

後漢の皇帝と言えば、献帝(けんてい)とか霊帝(れいてい)

とかいう名前がお馴染みでしょう。

 

また、魏に入っては武帝とか文帝という名前も出てくるようになります。

しかし、これらの名前は、彼等が生存していた時代に使われたものではありません。

彼等が在位している時には、単に帝(みかど)と呼ばれ、霊とか献というのは

彼等が死んでから贈られた諡号(しごう)だったのです。



諡号は、いつから生まれたのか?

殷の大様002

 

諡号は、その原型を商(殷)王朝に求める事が出来ます。

殷では十干(じっかん)と言い甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

という十の文字を歴代の殷王に当てはめていました。

例えば、殷の湯王は天乙(てんいつ)次の王は外丙(がいへい)、

次の王は中壬(ちゅうじん)と言います。

因みに最後の紂王(ちゅうおう)は、帝辛(ていしん)と言います。

 

商王朝では、こうして王に使う文字を定める事で王権は連綿と繋がっている

という事を強調する意図があったようです。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説



周の時代になると、諡号は王様以外にも付けられるようになる

 

時代が下り、周の時代になった紀元前9世紀、諡号は王ばかりではなく諸候や、

賢臣、後には高僧にまでつけられるようになります。

元々、つけられる文字には、毀誉褒貶(きよほうへん)の意味は無かったのですが、

次第に、立派な人物にはいい諡号を、残念な人には悪い諡号を贈るようになります。

 

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

 

逸周書に記された、良い諡号、悪い諡号

 

戦国時代に著された逸周書には、この諡号の良い諡号と悪い諡号が記されています。

それによりますと諡号には、「美諡」「平諡」「悪諡」という3ランク、松竹梅があり

その中の松クラスの美諡には以下のものがあります。

 

「神」「聖」「賢」「文」「武」「成」「康」「献」「懿」「元」

逆に、これをつけられるとオシマイという暴君用の梅クラス、悪諡は以下です。

 

「野」「戻」「厲」「昏」「煬」「幽」「夷」

 

悪諡には、煬帝、幽王、厲王、幽王など、以後の時代に出現した

暴君暗君の諡が既に出てきていますね。

 

決して暴君、暗君では無かった後漢の献帝

 

後漢の最期の皇帝は献帝ですが、意外にも悪い意味ではなく美諡に入っています。

これは、次の王朝である魏の文帝、曹丕(そうひ)献帝から禅譲を受けたという事で、

諡にも気を使った為かも知れません。

献は献上の献であり、目上の人に差しあげるという意味で、

曹丕という次の皇帝に皇位を献上するという意図があったのでしょう。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物




ページ:

1

2

関連記事

  1. kawauso編集長 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  2. 藏覇(臧覇)と曹丕 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  3. 曹洪と曹操 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだっ…
  4. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  5. 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  6. 苛ついている曹操 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  7. 悩む司馬炎 司馬炎は武帝・曹操に匹敵するほどの功績を残せなかった?
  8. 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. レッドクリフ
  2. 玉乗りをしている阿部正弘
  3. kawauso
  4. 北条早雲
  5. 法正

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」 kawauso
  2. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  3. 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻 「燕」の旗を持った兵士
  4. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 諸葛誕
  5. もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる? 楊儀と魏延
  6. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)

三國志雑学

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  2. 龐統
  3. 黄蓋
  4. 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 種子島を目指す衛温
  2. 西郷隆盛像
  3. 耶律阿保機
  4. 龐統
  5. 織田信長
  6. 曹操は関羽をGET
  7. 黒田官兵衛

おすすめ記事

孔明 諸葛亮と徐庶と崔州平はどうして仲が良かったの? 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志4月号」3月25日(月)に出版決定 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 董卓の略奪方法が意外と高効率?董卓の墓荒らしを考察 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった キレる劉備になだめる黄権 劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP